フライドチキンの日カード

 全国のケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)にて、“思わず誰かに話したくなるトリビア”をテーマに制作された「フライドチキンの日カード」が数量限定で配布されます。配布期間は11月19日〜11月23日までで、なくなり次第終了予定です。

 1970年の1号店「名西店」のオープン以来、50年以上にわたって創業者カーネル・サンダース自慢の「オリジナルチキン」を提供してきたKFC。2015年に1号店のオープン日である11月21日を「フライドチキンの日」として記念日登録してからは、記念日を盛り上げる様々な企画が実施されてきました。

 2021年の「フライドチキンの日」を盛り上げるのは、ケンタッキーに関するトリビアが記載された「フライドチキンの日カード」。期間中にKFCを利用した方に4種類の中からランダムで1枚配布されます。

 カードには「オリジナルチキンのレシピは…アメリカ本部の金庫で保管されている」「オリジナルチキンの正式名称は、オリジナルレサピーチキン」など、会話のネタにすれば家族や友達を「へ、へぇ〜……」と驚かすことができそうな情報が、印象的なビジュアルとともに記載されています。

ケンタッキーに関するトリビアを記載

 またKFCではオリジナルチキンをおトクに堪能できる「1000円パック」を11月23日まで販売中。「フライドチキンの日カード」でケンタッキーのこだわりなどを知れば、より一層おいしく食べることができるかもしれません。

情報提供:日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社