画像提供:もずく&こんぶ(保護猫・姉弟)さん(@mozukon_xiaomao)

 野良猫の親に育児放棄されてしまった元保護猫のこんぶちゃん。まだ生まれて3か月の女の子。見た目は可愛い子猫ですが、実はちょっと不思議な寝方をする猫ちゃんなんです。

 「えっと……このしっぽは針金細工なのか!?」と少し困惑気味に、飼い主さんが自身のTwitterに投稿した動画には、あおむけで尻尾ごと丸まりスヤスヤ眠るこんぶちゃんの姿が映っていました。

 ここで注目なのは尻尾。ピーン!と伸びた尻尾を前後左右に動かしてみると、ツイートの通り「中に針金でも入っているのか?」と勘違いしてしまうくらいしっかりしていています。まるで車のパーキングブレーキみたい。

まるで車のパーキングブレーキみたい

 飼い主さんの話しでは、体が丸まった苦しそうな姿勢で寝ていたので、「しんどくないかな?少し楽にさせてやろう」と尻尾を動かしたことがきっかけでこの状態が判明しました。中に針金が入っているみたいで面白かったのだとか。

生まれて3か月の女の子

 それにしても、これだけ尻尾を動かされてもピクリともしません。相当、深い眠りについているようです。飼い主さんは、そんな愛猫に自然と笑みがこぼれ、優しく見守っていたとのことです。

尻尾を動かされてもピクリともしません

 この投稿には「卵みたいに丸まってる」「針金しっぽ可愛い」「凄い爆睡」などのコメントが寄せられ、不思議な姿で眠り、尻尾が針金状態になっている、こんぶちゃんを楽しんで見ているようです。

<記事化協力>
もずく&こんぶ(保護猫・姉弟)さん(@mozukon_xiaomao)

(佐藤圭亮)