画像提供:なのさん(@Ln9WqnlPryi3ozF)

 スコティッシュフォールドのなのちゃんはホットカーペットが大好き。しかし、大好きすぎて別の生き物に見えてしまう現象が……。おかげで飼い主さんから色んな生き物に例えられてしまい、Twitterで紹介されるやコメント欄は「何に見えるか?」の大喜利大会に発展しています。

 飼い主さんが投稿した写真には、ホットカーペットに体をべた〜っと付けて気持ち良さそうに暖を取っている、なのちゃんの姿が写っていました。「あったか〜」という声が聞こえてきそうです。

 そんな愛猫の姿に、「『ツチノコ』『ネバーエンディングストーリーのファルコンの色違い』他に、何かないかなー」とツイート。さらに「『毛の生えたプラナリア』ってのもアリですかね」などとコメントしています。

 飼い主さんによると、これはホットカーペットの上で体だけでなく、アゴまで温めているところなのだとか。こんな姿勢で温まるのは珍しかったため写真にとったとのこと。

 アゴまで温めている、なのちゃんを見た時は「すごいホットカーペット愛だな」と思ったという飼い主さん。たしかに、ホットカーペットの温かさに夢中になっているようですね。「もう一生、離れたくない!」という思いが伝わってきます。

 この投稿には飼い主さんの「ツチノコ」や「ファルコン」の他、写真を見た人たちから「毛の生えたチョコ多めのシュトーレン」「海面からあがった第一形態のゴジラ」「かりんとう」などの意見も寄せられ盛り上がっています。

<記事化協力>
なのさん(@Ln9WqnlPryi3ozF)

(佐藤圭亮)