シャワーが苦手な子どもも平気 練習用のお手製「模擬シャワー」が話題

 頭からシャワーをかけることを苦手とするお子さんは多いですよね。お湯が顔にかかることを嫌がったり、目や耳に入ることを怖がったり……なかなかうまく行かない、という悩みを持つパパやママに朗報です。

 漫画家の石黒正数さん(@masakazuishi)が考案、制作したダンボール製の「模擬シャワー」が3歳になるお子さんのシャワー嫌いを克服したとして、大きな注目を集めています。

 普段は明るくお調子者というお子さんですが、頭からお湯をかけられることに抵抗があり、シャワーとなると元気がなくなるそうです。頭を洗う時はいつも風呂用の椅子に座らせて、あお向けで流す「美容院スタイル」。

 この状況を見かねた石黒さん。頭からシャワーを浴びることができないと、今後旅行のときなど不便だろうと考えました。そこで濡れずに練習できる方法として思いついたのが今回の「模擬シャワー」でした。

石黒さん制作の模擬シャワー

 材料はダンボールとビニール紐が中心。ダンボールをシャワーヘッドの形に切り取り、穴をあけてビニール紐を通せば完成です。石黒さんは仕上げに絵の具で塗ったそうですが、それでも大きな手間や費用をかけずに作れますね。

 加えて服を着たまま、場所を風呂場に限定せず練習できるのもこの「模擬シャワー」の良いところ。

 ビニール紐がシャラシャラ頭に当たるのがお湯がかかる感覚に似ており、お子さんは自然にシャワーを浴びるポーズを取るようになったとのこと。その後たった2日の練習で頭を洗えるようになったそうです。

 投稿の返信欄には「ぜひ真似したい!」という声のほか、「早速作ってみました!」と写真付きで投稿を行っている方も。シャワーが苦手なお子さんをお持ちのパパママは今回の石黒さんのこのアイデア、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

<記事化協力>
石黒正数さん(@masakazuishi)

(山口弘剛)