カロリーメイトの箱が大変身 ひらめきと工夫の詰まったパワーショベル

 立体クラフターのBBコリーさん(@BitBlt_Korry)が、カロリーメイトの外箱を用いた新作紙細工をツイッターに投稿しました。

 カロリーメイトと言えば、黄色地にアルファベットがみっちり書かれているパッケージが印象的ですが、BBコリーさんの手によって、ショベルカーに大幅アレンジ。言われてみれば、工事現場で見かける重機の配色にそっくり……!

 特に重機に対しては、並々ならぬ情熱を持つBBコリーさんは、過去にもペーパークラフトによる重機を多数制作しており、その作品はいずれも本物と見間違ってしまうほどの出来栄え。

リアルなペーパークラフト作品

 そんなBBコリーさんが、カロリーメイトの箱を見た際、重機に見えてしまうのはもはや必然とも言えるのかもしれません。「これを材料にすればかっこよさそう!」と思い、すぐに作品の制作に取り掛かりました。

 今回の作品に関しては、何と図面を起こさず、全てBBコリーさんの感覚により作られています。しかも、使用したカロリーメイトの箱の数はたったのひとつ。日常的に見かけるカロリーメイトの箱が1箱でこんな重機に生まれ変わるとは、何とも驚きです。

操縦席内部まで作り込まれています

クローラまで再現

 にもかかわらず、操縦席は内部まで、足下はクローラまでしっかりと作り込まれた丁寧な工作。BBコリーさんのモノ作りに対するこだわりがうかがえます。

シリンダーの金属部分は内袋を使用しています

 特に悩んだのはシリンダーの金属部分の表現とのことですが、ここはカロリーメイトの内袋(個包装)を活用する、という機転により解決。さまざまなひらめきと工夫が詰まった作品となりました。

 その出来栄えに対しては「カッコ良くもあり、小柄でかわいくもありと、フィーリングで作った割には、ちょうど1箱でまとまり良く完成して、ホッとしております」とコメント。1箱以内で作るという目標は、十分なクオリティを持たせつつ、見事達成となったようです。

<記事化協力>
BBコリーは29,30日ニコ超出展さん(@BitBlt_Korry)

(山口弘剛)