2年前自作したケーキに衝撃を受けるお菓子作家「疲れてたのかな……」

 「2年前の自分が作ったケーキ(?)こわいんだけど……疲れてたのかな……」

 ツイッターでこうつぶやいたのは、チョコレートアーティストのこしさん。投稿された写真には、丸太に「きのこの山」を大量に刺したケーキが写っています。

 お味の方は間違いなくおいしいのでしょうが、その見た目からはどことなく恐怖を感じるような……。一度見たら忘れられない、強烈なインパクトを発しています。

 お菓子の細工教室「アトリエチョコッシー」での活動に加え、今年から三鷹でチョコレート工場「ショコラート」の運営を始めるなど、精力的に創作活動を行うこしさんの普段の作品は、高い技術から生み出される、非常に繊細な造形が特徴。とてもチョコレートとは思えないほどの出来栄えを誇っています。

こしさんが制作した作品

とてもチョコレートとは思えません

 そんなこしさんが投稿した、今回の丸太ケーキ。昔のレシピを探している時にこの写真が目に入り、「こんなことやってたな……」と当時を懐かしみながら投稿したそうです。

 しかしながら、このケーキを作った経緯についてはどうもはっきりしない模様。「あまり記憶ないのですが……ブッシュ・ド・ノエルがきのこ生えてたら面白いな、と思い立って家で夜な夜な作ってたんですかね……」と、こしさん。その衝撃的な見た目に自身も改めてびっくりしたようです。

 「当時の自分なにしてんだろうなぁ、もっと他にやることあったろ」と、少々自虐的に行ったツイートでしたが、なんと12万件もの「いいね」がつくなど、大きな反響が寄せられました。

ちなみにこしさんはたけのこ派

 ちなみに、こしさん自身は「たけのこ派」。ケーキの手前に2個だけ「たけのこの里」が置かれていますが……それであればなおのこと、なぜきのこの山をモチーフにしたのか。ケーキの謎は深まるばかりです。

<記事化協力>
こし チョコさん(@chocossy_)

(山口弘剛)