「進撃のニャ人」?美しい二足立ちで壁の向こうをのぞく猫ちゃん

 室外機の上できれいな二足立ちを披露したのは2歳になる猫のらんちゃん。

 壁の向こうをのぞく「超大型ニャ人」の姿に、「進撃の巨人」物語冒頭の「その日、人類は思い出した……」のナレーションが脳内再生されてしまいます。

 らんちゃんは毎朝、妹猫のれんちゃんと共にベランダに出ることを日課としています。特に室外機の上がお気に入りの場所で、よく2匹で一緒に乗って、外気浴を楽しんでいるのだとか。

 そんなときに、ベランダの向こうを鳥が横切ったり、物音がしたりすると、気になってしまうのは猫の習性でしょう。その場でスッと立ち上がって、外をのぞくようなポーズをするのだそうです。

 しかしながら、ここまで背筋をピンとして、まっすぐ立ち上がった状態は飼い主さんにとっても珍しい光景。思わずカメラを構えるとともに、その立ち姿から「進撃の巨人」を連想。

「ついにニャ人に支配される日が来たか」と、漫画の登場人物さながらの心境を抱いたそうです。

 この様子を「進撃のニャ人」と表現し、ツイッターに投稿すると、なんと12万件もの「いいね」が寄せられ、返信欄には「狙われているのはウォール・ニャリアですか?」「推定0.4m級ですね」「これは心臓を捧げたい」と、原作ファンらからのコメントが相次いでいます。

れんちゃんも二足立ちを披露

 飼い主さんのその後の投稿では、れんちゃんの二足立ちポーズもお披露目されています。こんなにかわいい姉妹ニャ人になら、たとえ支配されても恐怖感どころか幸福感しかないでしょう。

<記事化協力>
れんとらんさん(@ren_to_ran)

(山口弘剛)