AI図鑑アプリ「ナニコレンズ」撮影画面

 スマホで撮影するだけで、動植物の名前や特徴がわかるAI図鑑アプリ「ナニコレンズ」を株式会社学研プラスが配信します。使用料は無料です。

 6月23日にAppleStore、GooglePlayストアにて公開され、ダウンロードが開始されます。

 本アプリは、「学研の図鑑LIVE」シリーズが大幅リニューアルするのにあわせて、新しい「図鑑体験」として誕生しました。50年以上続く「学研の図鑑」の歴史の中でも、初の試みとなるそうです。

 生き物を撮影するとAIが瞬時に識別して、名前や特徴を教えてくれるAI図鑑アプリとなっており、「学研の図鑑LIVE」掲載の動植物が、約2400種類収録されています。

AI図鑑アプリ「ナニコレンズ」

 また、撮影した動植物について、さらに詳しく知りたい場合は、「学研の図鑑LIVE」でより深い知識が得られるそうです。

AI図鑑アプリ「ナニコレンズ」 検索結果画面

 撮影した写真は「マイずかん」に保存されるため、たくさん撮影して、自分だけの図鑑が作成可能。

AI図鑑アプリ「ナニコレンズ」 マイずかん

 なお、登録なしで撮影できるのは1日5枚まで。登録無料のGakkenIDに登録すると、無制限で撮影できるとのことです。

情報提供:株式会社 学研ホールディングス