幾重に重なる紙の幾何学模様。彫刻切り絵作家・輿石孝志の伝える世界。

 神奈川県を拠点に、彫刻切り絵作家として活動する輿石孝志(こしいしたかし)さん。

 紙を用いて表現する作品は、神聖幾何学・ゴシック建築・ケルト文化・イスラム文化など世界各地のモチーフを、輿石さんが時々に感じた組み合わせで構成して、独自の「新世界」として伝えています。

 日々の制作風景をTwitterにて発信している中、先日は自ら「新基準」と語る、「NEW WORLD ORDER」を紹介しました。

 「これまでの技法や手法といった、『既成概念』を取っ払ったのが『新世界秩序』です」

 日本語に直訳して作品コンセプトを語る輿石さん。まるでヨーロッパにある修道院の窓のような風貌は、100層からなる図面設計によって生み出されたそうです。

 今回の投稿は、角度や光によって見え方が変わる「NEW WORLD ORDER」を「朝日に半分だけ透かす」というのがコンセプト。右半分に光があてられ、全体を青で色取った背景は、水と紫に変色。光を飾る前よりもさらに幻想さが増したものとなっています。

 「頭の中で構成していたときは知恵熱が出るほどでした」と輿石さんが振り返るほど、圧巻のインパクトを誇る「NEW WORLD ORDER(新世界秩序)」。

 「自分の創作活動の新基準を目的としての制作です」とも語る通り、彫刻切り絵作家としての新境地を開いた本作ですが、従来の作品も、見る人の多くを引き付ける傑作ばかりです。

様々な文化的要素を取り込んだ独自の世界観の作品を生み出し続けます。

 「こちらはどうでしょう?」と輿石さん自ら選定していただいた過去作品は、振り子時計のようなフォルムに、時計の代わりに彫られた花柄が目を引く現代アートとなっています。

 グラフィック社より、「立体の模様を作る彫刻切り絵」というタイトルで書籍を刊行したりと、幅広い活躍をされている輿石さん。今後は東京都にある「NHK文化センター」にて、切り絵教室を8月7日に開催するとのことです。

<記事化協力>
輿石孝志さん(Twitter:@cosmic0605/Instagram:@taka.shi0605)

(向山純平)