「さっきまではネコチャンだったんです!」段差を這う姿が完全に液体

 「さっきまではネコチャンだったんです!本当なんです!」

 こう、訴えるツイートをしたのは猫又汁さん。投稿に添えられた写真には、キャットタワーの段差を這うように降りる黒い物体が。こ……これはもしや!

 そう、この液状生物は本当にネコチャン。猫又汁さんの愛猫、茶茶くんです。たしかに、「猫は液体」と称されるほどに体が柔らかいことで知られていますが、ここまではっきりと姿を変える様子を捉えた写真はなかなか見られません。

 しかも当時、茶茶くんはこの体勢のまま眠っていたのだそう。「室内が暑くなってきたかな、茶茶は大丈夫かな」と心配した飼い主さんがキャットタワーに目を向けると、そこに液状化した茶茶くんを発見しました。

 まるでスライムのように伸びる姿はたびたび見かけてはいたものの、今回のように段差を這うような姿は飼い主さんにとっても珍しい光景。「すごく長い!体が痛くならないかしら」と心配しつつも、思わず写真に収めずにはいられなかったようです。

 それはやはり、多くの猫飼いさんにとっても目を見張る姿であったようで、投稿には15万件もの「いいね」と共に、「液体予想はしてたのに吹いた」「着ぐるみを脱いで中身が脱走した?」と、驚嘆の声が相次いで寄せられています。

普段はしっかりネコチャンな茶茶くん

 この後も写真を撮ったり、のぞき込んだりしていたら、5分くらいですぐに起きてしまったという茶茶くん。まさか自分の寝姿が、ここまで注目されるとは思ってもいないことでしょう。

<記事化協力>
猫又汁さん(@suiami99m)

(山口弘剛)