上目遣いのうるるん顔を見せるラグドールのちまきちゃん(ちまき△ラグドールさん提供)

 猫さんは一般に「おねだり上手」と言われるほど、自分の魅力を使ったアピールが得意。頭や体をすりつけるスキンシップ以外にも、さまざまな小悪魔テクニックを使ってきます。

 ラグドールの女の子、ちまきちゃんは飼い主さんに向かって二本脚で立ち、うるるん顔の上目遣いでアピール。この魅力で、何をおねだりしているんでしょう?

 2020年9月27日生まれのちまきちゃんは、もうすぐ2歳になる女の子。小さい頃から遊ぶのが大好きなおてんばさんですが、人の気をひくためのスキルはどんどんアップデートされている、と飼い主さんは語ります。

 Twitterに「可愛さで契約取り付けてくるタイプの猫」という言葉とともに投稿されたのは、二本脚で立ち上がって、上目遣いにこちらを見つめるちまきちゃんの姿。潤んだ瞳が小悪魔っぽく、アピール度満点です。

 飼い主さんに話をうかがうと、これはおもちゃを使ってちまきちゃんと遊んでる時に撮影されたもの。少し運動してもらおうと、ちょうどジャンプして手が届くくらいの高さでおもちゃを振って誘っている場面なんだそうです。

 ちまきちゃんはジャンプしてまで遊びたくはないようで、その表情からは「あともう少し低ければ、手が届いて遊べるのににゃ」という声が聞こえてきそう。そのままじっと待っているので、飼い主さんは耐えきれず、手の届く高さまでおもちゃを降ろすと、両手でしっかりおもちゃを捕まえて遊んだそうです。

ちまきちゃんのツイート(スクリーンショット)

 ジャンプを繰り返し、運動不足を解消してもらおうという目論見は外れてしまいましたが、ちまきちゃんの魅力には抗えませんね。このほかにもテクニックを駆使して、飼い主さんを誘ってくるのだとか。

 「最近は近くに寄ってきて甘えた声で鳴き続けます。それでも構ってあげないとちょっと離れた所で横になってお腹を見せてアピールしてきます。そうされたら撫でに行くしかありません。ちょっと離れた所でお腹を見せて寝転ぶのは人を立ち上がらせるための罠ですね。なかなかの策士です」

 寝転ぶのは「撫でて」だけでなく、遊んでほしいために呼び寄せる場合もあるんだそう。自分の魅力を熟知し、飼い主さんを誘惑するちまきちゃん。こんな小悪魔なら、だまされてみてもいいのかも?

<記事化協力>
ちまき△ラグドールさん(@Chimaki_0927)

(咲村珠樹)