「素敵な石から生まれた素敵なネコ」描かれた毛並みや瞳から感じる生命の鼓動

 手のひらにちょこんと乗って、おすまし顔のかわいい猫ちゃん。一見するとぬいぐるみのように見えますが、よ〜く見てみると実はこの作品、石に絵を描いたものなんです。

 筆による繊細なタッチで描かれた毛並みは、石であるはずなのにとても柔らかそうにみえます。今にも吸い込まれてしまいそうな、まんまるで澄んだ瞳も印象的です。

 作者はストーンアーティストとして活動するAkie Nakataさん(以下、Akieさん)。

 これまでにも多くのストーンアートを手掛けており、自身初となる作品集「世界にたったひとつの生き物ストーンアート―僕たちは石から生まれた―」が、10月17日に小学館より刊行予定です。

同じく猫をモチーフにした作品

上を見上げる猫ちゃん

 Akieさんの創作は石が生き物として目に映る感覚から始まり、石それぞれに宿っている生命を息吹かせるかのごとく、絵筆を用いて表現してきました。

 つまり「これを描きたいから石を探す」でなく「出会った石が何を描くか決めている」ということ。今作も、やわらかな石のたたずまいから、そっと座るネコのイメージを感じ取り、一つの作品に仕上げました。

 まるで今にも動き出しそうな、写実的でかわいらしい作品となっていますが、制作時は「描き込みすぎないように気を付けている」というこだわりが。生き物であることと石であること、その両方を大切にしているからだそうです。

 また、瞳に筆を入れる際、キラッと光ってAkieさんのほうを見返してくれたように感じる時が、一番うれしいそうです。まさに、石に込められた命が動き出す瞬間と言えるのかもしれません。

 「一石一石が世界にたったひとつだけなので、筆を入れるのはいつも緊張します。なので、完成した時は本当にほっとします」

 作品を作り終えた感想をこのように語ったAkieさん。石に絵を描くことは命を扱うこと。と考えれば、どれだけの数を描いたとしても、毎回緊張するのもわかる気がします。そして、完成した際の感動もまた、ひとしおなことでしょう。

<記事化協力>
Akie Nakataさん(@akie2525)

(山口弘剛)