ニャンでそこにいる? 愛猫の謎の動きを不思議がる飼い主。

 「チッ…見つかったか…」

 1枚の画像と共に、何やら不穏な投稿をしたのはTurboHinaさん。

 写真は、家の和室の欄間付近を写したもののようですが……ん、ニャンかいるぞ?そこには、愛猫のももちゃんがフリーズしていました。

 「ふと見たら、なぜかこのポーズで固まっていました。時々おかしな行動をする子なんです(笑)」

 ももちゃんは、普段はおっとりマイペースでとても穏やかな性格の茶トラ猫。今から7年前に、大阪府にある保護シェルター「アニマルレフュージ関西」から、三毛猫のひなちゃんとともに迎え入れられました。

7年前に保護シェルターから引き取ったももちゃんとひなちゃん。

 2匹に血のつながりはないものの、シェルターでも同じ部屋で過ごしていたため、本当の姉妹のような関係性。常に上機嫌に遊びまわるお喋り好きな「妹(ひなちゃん)」に対して、時に“教育的指導”も行うなど、しっかり者の「姉」として振る舞っているのがももちゃんです。

 ただ、今回の投稿は「らしくない」1枚でした。「擬態?」「お掃除?」など、リプライ欄でも、多くのTwitterユーザーが不思議がる反応が多数寄せられています。

 ところで、TurboHinaさん宅では、真夜中に「パーティー(大運動会)」が不定期に開催されています。「悪事をするときは団結していますね」という、ももちゃん&ひなちゃんの共催だそうです。

 ちなみにももちゃんは、運動神経抜群な猫さん。ひょっとしたら、秘密のトレーニング中だったのかもしれませんね。

<記事化協力>
TurboHinaさん(Twitter/Instagram:@TurboHina)

(向山純平)