「四日市風トンテキすた丼」

 伝説のすた丼屋、名物すた丼の店より、「ご当地すた丼シリーズ」第6弾として「四日市風トンテキすた丼」が10月1日に発売。価格は温泉玉子・味噌汁付きで税込930円。一部店舗を除く全国各店舗で販売されます。

 2017年の「北海道すた丼〜濃厚バター醤油味〜」から始まった「ご当地すた丼シリーズ」。4年ぶりとなる今回は、三重県の名物である「四日市とんてき」を丼屋流にアレンジした、すた丼屋らしい豪快な肉丼に仕上がっているとのこと。

 「四日市風トンテキすた丼」は、茶碗3杯分のご飯の上に盛り付けられた大判のやわらかい熟成豚ロースが特長。1枚約7〜8㎝と、一口では食べられないサイズの豚肉が、約150g使用されているそうです。

 肉に絡まるタレは、ニンニクの入ったオリジナルとんてきソースと、秘伝のニンニク醤油ダレのオリジナルブレンド。付け合わせの特製ねぎ塩キャベツには、砕きニンニクが入り、スタミナ満点とのこと。他に温泉卵、マヨネーズが添えられています。

「四日市風トンテキすた丼」商品イメージ

 また、さらにボリュームを求めるニーズに応え、並盛の2倍の肉を盛り付けた総量約750g超の「四日市風トンテキすた丼『ガツン盛り』」と、「すたみな唐揚げ」3個を合盛りにした「唐揚げ合盛りトンテキすた丼」が同時発売。

 「四日市風トンテキすた丼『ガツン盛り』」が税込1330円、「唐揚げ合盛りトンテキすた丼」が税込1130円。どちらも温泉玉子・味噌汁付きとなっています。

「四日市風トンテキすた丼『ガツン盛り』」「唐揚げ合盛りトンテキすた丼」

情報提供:株式会社アントワークス