目を凝らせば見えてくる……?ハムスターならぬ虚無スター飼育現場に大反響

 ツイッターに投稿された、ハムスター用ケージの写真に14万件もの「いいね」が付く大反響が寄せられています。

 一見すると、何の変哲もない写真に見えますが……あれ?よく見ると、ハムスターが……いない?

 投稿を行ったのはツイッターユーザー・きのきのさん。写真撮影時は、飼っているハムスターを散歩させていた……わけではなく、どうやらハムスターを飼いたい気持ちが先行し過ぎた結果、飼育セットだけが家にある状態になってしまった模様。

 この様子を、きのきのさんは「ずっと虚無飼ってる」と表現。虚無とは「実体がない」や「空虚」を意味しますが……たしかにその通り。住人のいないきれいなケージは、どこか侘しさや切なさを感じます。

虚無スターの飼育現場

目を凝らせば見えてくる……?

 ところが投稿の返信欄には、「良いですよね虚無スター。私も飼っていたことがあります」「うちも虚無スター飼ってます」といったコメントが相次いで寄せられており、意外にも(?)虚無のハムスターは人気の高いペットである模様。

 いないはずなのに、まるでそこにいるかのような安心感や癒やしを得られることが、虚無スターの魅力なのかもしれません。

 また、現在ハムスターを飼っている方から「こういうグッズがあると便利だよ!」というアドバイスも。こうした声を受け、きのきのさんは後日、虚無スターの住居をさらに充実させています。きっと虚無ちゃんもより過ごしやすくなったことでしょう。

虚無スターの飼育環境がさらに充実

 実際にペットをお迎えする、ということには命を預かる責任がついてきます。また、思ったよりなついてくれなかったり、時には指をかまれたりなど、飼育することでつらい思いをすることもあるでしょう。

 ハムスターを飼うか飼わないかは、決して気軽に決断できることではありませんが、それでもいつか、きのきのさん宅に元気でかわいい本物のハムちゃんが来てくれることを願っています。

<記事化協力>
きのきのさん(@KinokinoTwins)

(山口弘剛)