ターゲットロックオン。キムチうどんに熱い眼差しを送る柴犬。

 「いや……狙いすぎやろその目」と、飼い主さんが思わず“萎縮”する眼光を見せたのは柴犬のりんちゃん。

 一体何に睨みを利かせていたのかと投稿写真を見てみると、そこには夕食用の豚キムチうどんがありました。それ食べたいワン!

 「テーブルに並べたときに、『待ってました!』とばかりに横にやってきたんです(笑)」

 そのまま身を乗り出してきたというりんちゃん。あまりお行儀の良い体勢ではありませんが、愛犬の熱い眼差しに愛しさを感じた飼い主さんはカメラを手に取り撮影。

 写真を見直しているうちに、偶然見つけたのが今回の1枚。殺気すら感じるほどの鋭い目つきとなっていました。

 野性味を感じさせる「ガン見」には、多くのTwitterユーザーの衆目を集める結果に。とはいえ、ワンちゃんに刺激的なものを与えるわけにもいかず、飼い主さんは好きなおやつで対応。それでも中々諦めてくれなかったそうです。

 夫婦と母の3人とりんちゃんという家族構成で暮らしている飼い主さん。去年(2021年)3月にお迎えしてからは、我が子同然に接しています。

子供のいない飼い主夫婦にとって、りんちゃんは大切な「愛娘」。

 それもあってか、家の中では外を眺めたり、飼い主さんたちの帰宅を玄関で待っていたり、庭でウロウロしたりと、りんちゃんは毎日気ままに過ごしています。ただ、お散歩中は人に出会うと後ずさりするなど、人見知りさんでもあるそうです。

<記事化協力>
しばいぬ りんさん(@shibawanwan08)

(向山純平)