なか卯が「漬け烏賊ユッケ丼」発売 イカの旨味を堪能してきた

 なか卯が11月17日に「漬け烏賊(いか)ユッケ丼」(並盛/税込690円)を発売。「烏賊ユッケ?」、いまいち想像ができなかったので、さっそく食べに行ってきました!

 発売日の当日、仕事が終わるとお店へダッシュ。店内に入って食券を購入し、店員さんに渡して「漬け烏賊ユッケ丼」の到着をワクワクしながら待ちました。

仕事が終わるとお店へダッシュ

食券機を購入

 少しして運ばれてきたのは、ご飯の上に刻み海苔とタレに漬けられたイカがドーンと存在感たっぷりに盛られた逸品。ゴマとネギも振りかけられていて彩りも良く、イカも小さくサイコロ状になっているので食べやすそう。生卵とユッケ風旨辛ダレは別皿で添えられています。

「漬け烏賊(いか)ユッケ丼」(並盛/税込690円)

 それでは、いただきます!まずは中央に卵を落とす穴を掘り、黄味を落とします。真ん中に黄味が加わっただけで、なぜかテンションが上がります。

黄味を落とします

真ん中に黄味が加わっただけで、なぜかテンションが上がります

 なか卯のホームページを訪問前に見てみたら「はじめは漬けイカを……」とのことだったので、漬けイカとご飯をパクリ!もちもちのイカの食感と甘みがご飯にあってイカしてる!イカの味わいを存分に楽しめます。

漬けイカとご飯をパクリ!

 その後は、いよいよユッケ風旨辛ダレをかけます。ほのかに香るニンニクの香りが食欲をさらに刺激。さらに黄味をつぶしてテンションはマックス急上昇!あとはすべてを口の中へかき込むのみ。本日2回目のいただきます!

ユッケ風旨辛ダレをかけます

黄味をつぶしてテンションはマックス急上昇!

 黄味とユッケ風旨辛ダレが絡みついた漬けイカとご飯をガブリ……美味い!旨辛ダレがイカの旨味をさらに引き出し、それを黄味がまろやかに包み込んでいて、口の中が幸せでいっぱいです。

黄味とユッケ風旨辛ダレが絡みついた漬けイカとご飯をガブリ

 ちなみに、これは記者のオススメですが、もしもご飯が余ったら生卵の白身と残ったユッケ風旨辛ダレをかけて食べても美味しいです。

 今回もあっという間に完食。ごちそうさまでした!「漬け烏賊ユッケ丼」は並盛の他に、小盛(税込650円)と特盛(税込1180円)も提供されているので、「次は絶対に特盛!」と決意してお店を後にしました。

ごちそうさまでした!

(取材・撮影:佐藤圭亮)