口を開けた暗黒から猫が召喚されたように見える(めーちっさいさん提供)

 異世界召喚というと、魔法陣から対象が現れるパターンとともに、ぽっかりと口を開けた暗黒の空間から出てくるパターンもよく使われます。なかなかフィギュアで表現しにくかった「暗黒からの召喚」が、あの「世界一黒い塗料」で可能になったとTwitterで報告されました。

 どこでも暗黒からの召喚が可能になったとツイートしたのは、フィギュア作家のめーちっさいさん。エポキシパテを素材に、人間味あふれる猫など様々な作品を作っています。

 今回「例の世界一黒い塗料のおかげでどこでも猫を召喚できるようになりました」という言葉とともにTwitterに投稿されたのは、丸い暗黒の空間から上半身を出現させた猫のフィギュア。暗黒の空間を表現する円盤の部分に、世界一黒い塗料として知られる「真・黒色無双」が塗られています。

「世界一黒い塗料」でどこでも暗黒から猫召喚が可能に(めーちっさいさん提供)

 この「真・黒色無双」という塗料、メーカーの光陽オリエントジャパンによると、エアブラシ塗りの場合に可視光域全反射率が0.6%という黒さを誇ります。一般的な黒色アクリル塗料の反射率が2〜6%となっているそうで、まさに桁違いの黒さ。

「真・黒色無双」を塗った円盤で暗黒を表現(めーちっさいさん提供)

 あまりに黒いため、塗装されたものは奥行きの感覚が分からず、平面なのに際限なく落ち込んでいるように感じてしまうことから、フィギュアと組み合わせることで「暗黒からの召喚」を再現できるようになったのです。フィギュアの下部分には、黒のグラデーション塗装で影を表現。

フィギュアの下部分には黒のグラデーションで影を表現(めーちっさいさん提供)

 しかし「真・黒色無双」は、この黒さを実現するために通常の塗料とは違う面もあるそうで、めーちっさいさんによると「エアブラシのノズルが何度も詰まった」のだそう。

 通常の黒色塗料は、黒い顔料が均一に溶けており、それが平面的に塗り重ねられることで黒い塗装面が出来上がります。しかし「黒色無双」の場合、通常より粗めの顔料が塗膜にデコボコした立体的な構造を作り、その隙間に反射する光を閉じ込めて、より深い黒を実現しているのです。

鉛筆を召喚(めーちっさいさん提供)

 塗装中にたびたび詰まらせてしまったのは、細い0.3mmのノズルを使ったのがミスだった、とめーちっさいさん。「粒子がここまで粗いとは思いませんでした。0.5mm以上が良いかと思われます」と、自身の経験を踏まえて語ってくれました。

 また、これだけ粗い粒子の顔料だと、均一に混ざっている時間が短くなっているようです。このため「油断すると分離して、水だけを吹き付けるように」なってしまったのだとか。粒子が沈澱しやすい分、詰まりやすくもなりそうですね。

 顔料が分離しやすい分、作業後の手入れである「うがい(溶剤のみを塗料カップに入れ、ノズルを指でふさいでエアを通し、経路を洗浄する行為)」も念入りに行ったとのこと。仕上がりは素晴らしいので、まめに攪拌する、太めのノズルを使うなど特性に留意して使えば強力な味方になってくれそうです。

応用法は色々(めーちっさいさん提供)

 暗黒を表現できることから、めーちっさいさんは「真・黒色無双」を前提とした作品のアイデアも浮かんだ様子。今後作ってみたいものをうかがうと、次のように答えてくれました。

 「黒猫が壺などの暗い部分に入ると闇に溶け込んで目だけが浮きあがるという可愛さを、この黒色無双なら再現できるのではないかと思っています。私自身の技術力が追い付けば是非フィギュアで再現したい光景です」

 底知れない闇の中にポツンと光るつぶらな瞳。黒猫ならではという可愛さですね。今から実現されるのが楽しみです。

<記事化協力>
めーちっさいさん(@meetissai)

(咲村珠樹)