画像提供:ヴィヴィまりさん(@VivienneHusky)

 赤ちゃんの遊び場で、赤ちゃんのように仰向けで寝ているのはシベリアンハスキーのマリアンちゃん。スヤァ……。

 生まれてまだ5か月の女の子で、「私もまだ赤ちゃんよ」と言わんばかりに占領しています。

 まだまだ甘えん坊、そして寂しがり屋な性格というマリアンちゃん。常に飼い主さんや生後9か月の飼い主さんの赤ちゃんのそばにいたがるそうです。赤ちゃんの遊び場でも、赤ちゃんと一緒になってくつろぐことが多いのだとか。もちろん、飼い主さんに常に見守られながら。

 「熟睡していて面白かったので思わず写真を撮ってしまいました」と飼い主さん。それが今回SNSで「赤ちゃんの遊び場を気に入ってしまったシベリアンハスキーの子犬」と紹介した写真です。

ヴィヴィまりさんの投稿

 写真の時、赤ちゃんはママ(飼い主さんの妻)の腕の中で就寝中。いつも赤ちゃんが使用しているスペースがぽっかり空いていることを「チャンス!」と思ったのか、すかさず移動して占領したといいます。

 この場所は、下に敷いてあるクッションがフワフワでもこもこしていることもあり、寝心地は良さそう。写真の右側に写っているバナナのクッションもマリアンちゃんのお気に入りなので、もしかするとスペースが空くのを待っていたのでしょうか。

他の投稿でも赤ちゃんがいないすきに遊び場を占領している写真を見ることができます

 他の投稿でも赤ちゃんがいないすきに遊び場を占領している写真を見ることができます。非常に気持ち良さそうに寝ていて、すでに自分の城にしている様子。赤ちゃんが大きくなって使用しなくなった頃には、マリアンちゃんのベッドになっているかもしれませんね。

 ちなみにマリアンちゃんは、赤ちゃんのことを自分の妹のように可愛がり、面倒を見ているような雰囲気を出すこともあるそう。「気持ちばかりは、お姉さんなのかもしれませんね」と、赤ちゃんとマリアンちゃんの関係性に飼い主さんも目を細めていました。

<記事化協力>
ヴィヴィまりさん(@VivienneHusky)

(佐藤圭亮)