自作「モスチキンラーメン」

 飲食業界は日々進化し、特に最近では「映え」や「インパクト」という点を意識することで、より訴求力ある商品をリリースすることができるようになりました。

 そんな「インパクト」に全振りしたような商品が、つい最近登場して話題になっています。それはモスバーガーとチキンラーメンコラボの「モスチキンラーメン」です。

■ モスチキンラーメンとは

 「モスチキンラーメン」は、モスバーガー恵比寿東店にて11月23日と24日の2日間限定で提供されているメニュー。しかも各日200名限定となっているので、食べられる人は2日で400人!かなり限られた人しか食べられない幻の一杯なのです。

 特に筆者のような地方住み(静岡)の人間にとっては、悔しいことこの上なし。食べたいのに食べられないじゃないか!そうだ、ないなら作ってしまおう!(昭和民の発想)

 そもそも「モスチキンラーメン」は、名前通り「モスチキン」+「チキンラーメン」という組み合わせ。モスチキンラーメンをお店で食べることはできなくても、モスチキンとチキンラーメンならば全国どこでも容易に入手可能。

 モスバーガーの公式サイトでもレシピが公開されており、基本は「モスチキン」+「チキンラーメン」だけのレシピでした。ということで、さっそく材料そろえて作ってみることに。

 まずは、モスチキン(320円(税込)/269kcal)をモスバーガーでゲット。

モスバーガーでモスチキンを購入

 つづいておなじみの「チキンラーメン」(筆者購入価格150円(税込)/377kcal)をコンビニでゲットしてきます。

チキンラーメンの袋

 今回は公式サイトなどに掲載されている写真バージョンにあわせるので、あとは「ネギ」を用意して準備万端。

モスチキンラーメンの材料一覧

 シンプルながら、今のところ組み合わせの相性は不明。それぞれの味については想像つきますが、この2個が組み合わさるとどうなるか?楽しみでもあり不安でもあり……。

■ 「モスチキンラーメン」を作っていく

 材料がそろったところで「モスチキンラーメン」を作っていきます。

 用意した材料を改めて紹介すると「モスチキン」「チキンラーメン」と、「ネギ」です。

 作ると言ってもお湯をかけるだけのシンプルなレシピ。たいそうなものではございません。

モスチキンラーメン材料の一覧上から

 「チキンラーメン」にお湯を注ぎ、その上に「モスチキン」をのせます。

モスチキンにチキンラーメンをONしただけ

 そして最後に「ネギ」をまぶして完成。本当に簡単です。

完成した「モスチキンラーメン」

■ 「モスチキンラーメン」味の方は……

 それにしても……やはり見た目の印象が強烈。これまで数え切れないほどチキンラーメンを食べてきましたが、モスチキンをドーンとのせて食べるということはもちろんしたことがない。

 見た目のインパクトは十分すぎるほど十分なので、あとは食べるだけ……。ですが、やや不安も。

 「モスバーガー」と「チキンラーメン」がコラボしてみた……という「エイプリルフール」のような「ノリ」だけに付き合わされるのは正直ゴメンでございます。ちゃんと味も美味しくなければ意味がありません。

 ということで、「モスチキン」を食べていきます。

 いただきます。

 こ・れ・は……!意外にうまい!!

 通常であれば、衣の「カリカリ」食感だけですが、今回はチキンラーメンのスープがあるので、デロデロになった部分も楽しめます。

 そして、肉汁とチキンラーメンのスープが非常によくあう。あうあう。さすがお互い「鶏」である。

モスチキンラーメンのチキンの破片を箸上げ

 そしてチキンラーメンの方はというと、こちらも逆に「モスチキン」の肉汁との相性がよく、スープに旨味が溶け出すことで「相乗効果」が起きている。

 単調になりがちな「チキンラーメン」の味わいが、何層ものレイヤーに別れ、次々と味のグラデーションを生んでおります。これはまるで、チキンラーメンのフォトショップやー!

モスチキンラーメンのチキンラーメン部分

 また、肉を崩して更にスープに溶け込ますことで、肉の旨味が全体に染み渡り、うまさが倍増。「チキンラーメン」を食べているというよりも、何かガッツリ系の高いラーメンを食べているような錯覚を覚えます。

モスチキンラーメンのチキンをもちあげ

 最後は骨を残して完食。ごちそうさま。

モスチキンラーメンを完食。

 なお、公式サイトのレシピでは「モスのチリディップソースをかけるとうまい、すご〜くうまい」という補足が記されています。スパイシー味が好みの方は挑戦してみるといいかもしれません。

 よくよく考えたら「チキンラーメン」に「たまご」をのせるのは定番。その「たまご」の元も「鶏」であり、鶏同士の「モスチキン」と「チキンラーメン」があわないわけがないのです。

 本当に、色眼鏡で見てしまい申し訳ございません、美味しかったです。

<参考>
モスチキンラーメン

(たまちゃん)

話題の「モスチキンラーメン」は本当に旨いのか 食べに行きたいけど行けない地方民が自作してみた | Publisher By おたくま経済新聞 | Edited By たまちゃん