ホットケーキまんにファミチキを挟んでみて、割った様子

 コンビニやファーストフード店には季節限定の人気商品が数多ありますが、ファミリーマートの「ホットケーキまん」もその一つ。今年は例年より少し早めの11月28日より登場しています。

 この商品、2年前から毎年販売されているのですが、過去にネットで話題となった食べ方があります。それが「ホットケーキまん」に、「ファミチキ」を挟むという奇想天外な方法。

 ただし……「ウマイ派」と「別々が良い派」で賛否分かれていました。ということで実際どうなのか?自分の舌で確かめてみました。

■ ホットケーキまんとは

 「ホットケーキまん」158円(税込170円)は、2021年からファミマで毎年販売されている、あったかスイーツ。森永製菓とのコラボ商品となっており、今年の正式名称は「森永製菓監修 バター香るホットケーキまん」となっています。

 「肉まん」などと一緒にスチーマーに入っており、注文するとホッカホカがすぐ食べられるのがなんといっても魅力的。

ホットケーキまんの近影

 シロップのかかったホットケーキを、中華まんで表現したもの。そのため、公式でも「まるでホットケーキのような中華まん」と紹介しています。

ホットケーキまんの中身の様子

 当然「甘いスイーツ」といった位置づけではありますが、今回試してみるのは「ホットケーキまん」に、同じくファミマで売られているホットスナック「ファミチキ」204円(税込220円)を挟んで食べる食べ方。

ファミチキの近影

 「ホットケーキまん」に「ファミチキ」!?

 いやいや、それはないでしょう……初めて聞いたときにはそうとしか思えませんでした。「ホットケーキまん」は、スイーツ、対して「ファミチキ」は惣菜です。そんな組み合わせ聞いたこと無いし、ケーキにフライドチキン入れるようなものですよ。

 とはいえ、「ポテトにチョコレート」が意外にうまかったり、マクドナルドの「マックグリドル」は、同じようにホットケーキと甘いシロップでソーセージパティをはさみ、意外にうまい。

 しかもファミマ自ら2023年の新商品発表の報道資料(プレスリリース)の中で、「アレンジ例」として推しています。

 公式が推すということは、ひょっとすると、ひょっとするのか!?実際に食べてみました。

ホットケーキまんとファミチキ

■ 合体!

 甘みが強めの「ホットケーキまん」に、ジャンクフードの「ファミチキ」、合体!

 これどうなっちゃうんだ!

ホットケーキまんにファミチキを挟んでみた

 上から見てみます。「ファミチキ」がバンズからはみ出ているのがわかります。とにかく「ファミチキ」の大きさに改めて驚愕させられる。あえて言っておきますが、「ファミチキ」のサイズは通常サイズです。

ホットケーキまんにファミチキを挟んでみて、上から見た様子

 ただし、見た目はそれほど悪くない。バーガーといえばバーガーだが、何故か「既視感」がある。そう、どうしても「ファミチキ」を挟むと「ファミチキバンズ」に見えてしまう。そのため、意外なほどシンプルに普通の「惣菜パン」に見えるのは気のせいだろうか。

 しかし、バンズの隅から滴る「茶色のシロップ」が、これはただの「惣菜パン」ではないことを物語っている。

ホットケーキまんにファミチキを挟んでみて、割った様子

■ 味は!?

 問題は味です。ネットでは賛否分かれていますが、結果やいかに?

 ではいただきます……。

 うん、まずは「ホットケーキまん」のシロップが、口の中に広がる。甘いのは甘いが、ファミチキの塩味が、相殺するのではなく、それをより強調させている。

 そしてその後に、「ファミチキ」の味が襲ってくるのですが、「マックグリドル」よりも、より「シロップ」の汁感は多い。うーん。

ホットケーキまんにファミチキを挟んでみた

 これは、ウワサどおり賛否分かれる味わい。通好み過ぎるかもしれません。

 ネットの意見も紹介すると「次は、別々に食べたい」「これはやらなくていいと思った」という意見と、「いい感じにチキンとシロップがマッチしてる」「美味でした!」などという意見で割れていました。本当に好みが分かれる食べ方です。

 個人的には、シロップの味わいをもう少し抑え気味にすれば「アリ」だと思います。ただ現状のままだと、筆者は「別々がいいかなぁ」という感想。

 ただし好きな人は好む味わいであることはまちがいありません。人を選ぶという食べ方なだけです。ということで、みなさまもぜひ自分で試して確かめてみて……としか、今回は言えません。ぜひ。

ホットケーキまんにファミチキを挟んでみて、断面

<参考>
ファミリーマート11月27日発表プレスリリース

(たまちゃん)

賛否ある食べ方を自分の舌で確認 ファミマ「ホットケーキまん」×「ファミチキ」は本当にあうのか!? | Publisher By おたくま経済新聞 | Edited By たまちゃん