画像提供:花房さくらさん(@hanafusa_sakura)

 足でフミフミ、手でコネコネ……。忙しそうにパン生地をこねているのは、2匹の木彫りの猫。まるで絵本の世界から飛び出してきたようです。

 この不思議な空間を作ってSNSに投稿したのは彫刻家の花房さくらさん。今にも動き出しそうな猫たちに、作品を見た人たちも「可愛すぎる!」「踏まれたい」と興奮をおさえきれない様子です。

 作品のタイトルは、パン生地を足でこねている猫が「パンの匠(ふみふみ)」、手でこねている猫が「パンの匠(こねこね)」。

 猫が毛布やクッションなどを手でコネコネしている姿を見て、「パンをこねているようだなぁ」と発想したことが、作品が生まれるきっかけだったそうです。阪神百貨店梅田本店で2月に開催する個展のテーマを「ネコノパン工房」に決め、その中心となる「パンの匠」の2匹が作られました。

 作る際はパン生地をとにかく柔らかく見えるように作るのが大変だったとのこと。たしかに材料はあくまでも堅い「木」。柔らかく見せるのは相当難しかったのではないでしょうか。しかしながら、完成した「パン生地」は木という素材を生かしつつも、こねられているときの柔らかさが見事表現されています。

パン生地を足でこねている猫が「パンの匠(ふみふみ)」、手でこねている猫が「パンの匠(こねこね)」

 ほかにも、実際に猫にパンをこねてもらうことはできないので、すべて想像で作らなければいけなかったところも苦労した点だったそうです。

 こうした過程を経て「パンの匠(ふみふみ)」と「パンの匠(こねこね)」は、約1か月で完成。2匹が働くパン工房のストーリーを想像して、1人でワクワクしていたとのこと。花房さんは「誰かが笑ってくれたら嬉しいです」と語っています。

 なお、花房さくら木彫展「ネコノパン工房」は、2月21日から27日の期間、阪神百貨店梅田本店にて開催されます。

<記事化協力>
花房さくらさん(@hanafusa_sakura)

(佐藤圭亮)

Publisher By おたくま経済新聞 | Edited By 佐藤圭亮 | 配信元URL:https://otakei.otakuma.net/archives/2024012402.html