コンビニおにぎりの持ち運びにフロッピーケースがまさかのジャストフィット

 コンビニで売られている定番の食べ物「おにぎり」。気軽に購入できる反面、長時間の持ち運びは不向きで、いざ食べようとした時にバッグの中で潰れてしまっていた……という苦い経験がある方はきっと多いでしょう。

 そんなおにぎり問題を、なんとフロッピーディスクのケースが一発解決してしまう、というまさかの裏技がXで大きな注目を集めています。言われてみれば、サイズ感ぴったりかも……!

 意外過ぎる活用法を投稿したのは、Xユーザー「7段」さん。現状市販されているおにぎりケースはほとんどが三角形で、四角い袋タイプを安全に持ち歩くには……と考えたところ、閃いたアイデアなのだそう。

フロッピーディスクケース

 ちょうど所持していたフロッピーディスクケースにおにぎりをセットしてみたところ、狙い通りのジャストフィット。さらに2個用も試してみたところこちらもピッタリで、実際にリュックで持ち運びしてみても、一切型崩れせず。「安心感がすごかった」とコメントしています。

2個用もジャストフィット

まさかここまでぴったりとは

 シンプルでありながら、誰も思いつかなかった斬新なアイデアに、付いた「いいね」の数は2万件超。「これはいいことを教えてもらいました」「無料でこんな有用な情報が流れてくるなんてありがたや」と、驚きや称賛の声が続々寄せられています。

 そもそもフロッピーディスク自体、使用機会が激減してしまったため、ケースを所持している方は決して多くないかもしれませんが、自宅にあってもう使ってない……という場合は、おにぎりケースとしての再活用を検討してみてはいかがでしょうか。

<記事化協力>
7段さん(@7dan)

(山口弘剛)

Publisher By おたくま経済新聞 | Edited By 山口 弘剛‌ | 配信元URL:https://otakei.otakuma.net/archives/2024012802.html