画像提供:ぽてこゆこめ。さん(@potechi_nikki)

 元気にたくましく大きくなってほしいと愛猫の成長を願っていたものの、「まさかこんなに大きくなるとは……」と驚いているのは、ぽてちくんの飼い主さん。

 子猫と成猫の時の姿をSNSに投稿すると、「見事な巨大化」「可愛さも倍増」など多くのコメントが寄せられ、写真を見た人たちもあまりの大きさの違いに驚いています。

 ぽてちくんは、ノルウェージャンフォレストキャットとスコティッシュフォールドのミックスの男の子。子猫の頃は4kg前後になると言われていたそう。しかし、現在は約7kg。子猫の時と比べると体重は約10倍。

 「700gの子猫が10倍のでか猫になると誰が想像したか」と写真を投稿した飼い主さん。

 1枚目の写真には生まれて約2か月の頃のぽてちくんが写っています。小さくてふわふわした毛玉のようでとっても可愛いです。

生まれて約2か月の頃のぽてちくん

 一方2枚目の写真に写っているのは3歳のぽてちくん。

 抱っこしている飼い主さんの上半身が隠れるほど大きく成長しています。これはでかい……。

3歳のぽてちくん

 ぽてちくんの父親は体重が5kgのノルウェージャンフォレストキャットだったので、「それくらいの大きさになるかな」と思っていたという飼い主さん。しかし、現在のぽてちくんは父親の大きさをかなり上回っています。

 飼い主さんも「抱っこがとにかく重くて大変」と愛猫の成長を実感。嬉しい悲鳴とは、こういうことを言うのかもしれません。

 ちなみに、ぽてちくんの方は大きくなった実感はない模様。まだまだ心は子猫のまま。明らかに入れないであろう小さい段ボール箱に無理やり入って、破壊してしまったこともあったそうです。

 子猫と現在のぽてちくんの写真を見比べた時は、「本当に大きくなったなぁ……」としみじみ感じたという飼い主さん。愛猫の急激な成長に喜ぶ反面、「もっとゆっくり歳をとってほしい」とも語っていました。

<記事化協力>
ぽてこゆこめ。さん(@potechi_nikki)

(佐藤圭亮)

Publisher By おたくま経済新聞 | Edited By 佐藤圭亮 | 配信元URL:https://otakei.otakuma.net/archives/2024021501.html