鳥羽シェフおすすめ!「究極のズボラ飯 TKP(たまごかけパスタ)」作ってみた

 何もしたくない日でも、やっぱりお腹は空いてしまうもの。食事は簡単に済ませたいけど、もはや買いに行く元気もない……そんな時にオススメな「究極のズボラ飯」を、料理人の鳥羽周作さんがXで紹介しています。その名もTKG……ならぬ「TKP(たまごかけパスタ)」!

 見るからに食欲をそそるのに、作るのはめちゃくちゃ簡単そう……ということで、今回はこの「TKP」を作って、手軽さ、おいしさを検証してみたいと思います。

■ 材料をサッと和えるだけ たしかにズボラ飯の名にふさわしいお手軽さ

 用意する材料は以下の通り。

【材料】一人分
パスタ麺(1.7mm)……100g
3倍濃縮のめんつゆ……8g
無塩バター……5g
卵……1個
塩(パスタをゆでる用)……10g
お好みのふりかけ……適量

 ふりかけに関しては、鳥羽シェフも調理例で使用している「瀬戸風味」、もしくは「のりたま」がおすすめとのことなので、今回はスーパーなどで簡単に入手可能な「のりたま」を使います。

TKPに必要な材料

1:パスタをゆでる

 まずはパスタをゆでる準備をします。使用するパスタ麺が100gなので、お湯の量は1リットルとし、塩の量はその1%で10gとしました。

茹でている間に別の作業を進めます

 ゆで時間の目安は、パッケージに書かれている推奨時間通りに。沸騰したお湯にパスタと塩を入れたら、待っている間に別の工程を進めましょう。

2:パスタソースをつくる

 耐熱容器に卵を溶いて、そこへめんつゆとバターをイン。

卵、めんつゆ、バターを混ぜておきます

3:レンジで加熱

 麺がゆで上がったら2のソースをよ〜く絡めて、電子レンジ(500W)で「28秒」加熱します。

パスタ麺と混ぜ合わせたらレンジで28秒チン

 秒数が細かいですが、しっかりと見ていきましょう。秒数設定ができないレンジの場合は、スマホなどのストップウォッチ機能を使うと便利です。

4:ふりかけをかければ完成

 温め終わったらレンジから取り出し、仕上げにふりかけをかければ完成。特別難しい手順もなければ、包丁の使用もなし。

仕上げにのりたまを振りかければ完成

 材料をサッと和えるだけという工程は、たしかに「ズボラ飯」の名にふさわしいお手軽さでした。耐熱容器をそのまま器に使える点も、洗い物が減って◎です。

■ 混ぜれば混ぜるほどおいしい まさにTKP

 さて、肝心のお味の方はいかがでしょうか。フォークに絡めてひと口食べてみると……お、おいしい!めんつゆとバターが卵と絡み、やさしい和風味に仕上がっています。

優しい和風味にふりかけがアクセントに

 ポイントはやはり、ふりかけでしょうか。なしでもおいしいのでしょうが、それだけだと味がぼやけてしまいそうなところを、ふりかけの海苔とたまごの香りとコクが絶妙にマッチし、良いアクセントになってくれています。

 全体を混ぜれば混ぜるだけおいしくなる点は、TKGと共通していると言えそう。カンタン調理ながら、満足感も高いので、やる気が起きないけどお腹が空いた時にはまさにぴったり。

あっという間に完食しました

 別のふりかけを試してみるなど、アレンジの余地がある点も、このレシピの優れているところと言えるかも。次回は鮭ふりかけやおかか、しそ味などを使って作ってみたいと思います。

<記事化協力>
鳥羽 周作さん(@pirlo05050505)

(山口弘剛)

Publisher By おたくま経済新聞 | Edited By 山口 弘剛‌ | 配信元URL:https://otakei.otakuma.net/archives/2024021603.html