画像提供:山田めしが【絵師×調理師】さん(@meshieshi)

 写実絵師と調理師という二足のわらじで活動しているX(Twitter)ユーザーの山田めしがさん。いつも美味しそうな料理をまるで写真のように描き、多くの人を楽しませています。

 今回、山田さんが描いた料理はなんとチキンラーメン!完成までの動画をSNSに投稿すると、細かすぎる描写に感嘆の声があがっています。

 今回の作品について、「気が狂うくらい細いもんを描きたい!という欲求を満たす為だけに描いた作品です」と紹介した山田さん。

 発言の通り、麺がまるで迷路のように細かく、さらに1本1本が丁寧に描かれています。砕けた麺やたまごポケットのくぼみも見事に表現。見ているだけで気が遠くなりそう……。

チキンラーメンの絵が完成までの動画

麺1本1本まで細かく表現

 動画の後半ではチキンラーメンの袋が描かれており、これもリアル。へこみ具合や光の反射なども再現しています。最後まで動画を見終えたら、なんだかお腹がすいてきてチキンラーメンが食べたくなってしまいました。

動画の後半ではチキンラーメンの袋が描かれている

へこみ具合や光の反射なども再現

■ 完成までに1週間!

 本物のチキンラーメンはお湯を注げば3分で完成しますが、このチキンラーメンはいったいどれだけの時間をかけて完成させたのでしょうか。聞きたいことが大盛りだったので詳細をうかがいました。

―― 「細いもんを描きたい!」ということでしたが、チキンラーメンを題材にした理由を教えてください。

 とにかく細かいものを描きたくて好きな即席ラーメンを描こうと思ったのがきっかけです。チキンラーメンは即席ラーメンの中で赤みがかった美味しそうな色合いだったので、題材にしました。ちなみになんですが、このチキンラーメンを描いたの3年前で過去作品です。

―― 3年前の作品だったんですね。当時、完成までに何日くらいかかったのでしょうか?

 1週間かかりました。制作時間は20時間超えだったと思います。

―― チキンラーメンを描く上で大変だったことなどを教えてください。

 麺1本1本の動きを表現するのがとても苦労しました。使った紙がB5サイズだったので、とにかく細かくて……。

―― 今回の作品の中でこだわった部分を教えてください。

 こだわったのは乾燥した麺やツルツルの袋の質感です。袋から出した時に出る細かいポロポロはアドリブで描きました。色鮮やかに仕上がってよかったです。チキンラーメンを食べたくなりました。

* * * * *

 描いている本人もやはり食べたくなってしまったようですね。それほど本物そっくりに描写された今回のチキンラーメン。次回はどんな美味しそうな料理が完成するのか非常に楽しみです。ゴクリ……。

<記事化協力>
山田めしが【絵師×調理師】さん(@meshieshi)

(佐藤圭亮)

Publisher By おたくま経済新聞 | Edited By 佐藤圭亮 | 配信元URL:https://otakei.otakuma.net/archives/2024033002.html