嵐の二宮和也さんが11月12日、交際していた元フリーアナウンサーの女性との結婚を発表しました。嵐のメンバーで結婚したのは二宮さんが初めて。今もSNSやネットニュースではこの結婚に関する話題が飛び交い、インパクトの大きさがうかがえます。長年、ジャニーズを取材し、嵐の大ファンでもある記者にとっても衝撃でした。

「一人で考えたいので、しばらく返事はできない」。結婚発表直後、二宮さんのファン歴10年以上の友人から、記者にLINEのメッセージが来ました。嵐として走り続けた20年間、ファンに青春をささげてくれたのは十分理解できます。しかし、せめて、嵐が活動休止する来年末までは、ファンのものでいてほしかった。ファンのエゴではありますが、私もそう思います。

数日後、友人は「部屋に飾っていた二宮君のグッズは片付けた」とLINEのメッセージを送ってきました。熱狂的に応援していたからこそ、「ファンとして祝福すべき」という正論と、「納得できない」というファン心の間で揺らいでいたのです。

二宮さんの結婚の受け止め方などについて、日頃ジャニーズを温かく見守る2人に話を聞きました。