ドイツで生まれ育った筆者は20年以上、日本に住んでいますが、今でも日本とドイツの違いを発見するのが好きです。いろんな違いがあるのは面白いし、それについていろいろと考える作業もまた面白いと感じます。

先日、あるドイツ人の知人との会話で、彼が東京女子医科大学病院で受診した話をしたのですが、その流れで東京女子医大のことが話題になりました。筆者が、この大学は世界でも珍しい「女子学生だけの医科大学(大学院は男女共学)」だと話したところ、ドイツには女子大がないため、その知人に大変驚かれました。ただ、ドイツには女子大はないものの、日本の小学校高学年から高校生に当たる学生が通う学校に「女子校」があり、近年、その存在が見直されてきているのです。というわけで、今回は「女子校」について考えてみたいと思います。

日本だと「女子大」は当たり前の存在で、驚く人はいませんが、ドイツには「不思議」と感じる人もいます。日本にあまり詳しくない人の中には、「もしかしたら、男性が通う大学への入学が許されていないから、女性だけの大学があるのではないか」と誤解している人もいます。でも、筆者が「日本には共学の大学も多く、女子大に通うか、共学の大学に通うかは自由だし、個々の考え方次第」と説明すると安心されます。実際に日本には、冒頭の東京女子医大のように、伝統があり、教育レベルの高い女子大が少なくありません。

ドイツの女子校の特徴は、カトリック系が多いことです。学校によっては、シスターがいたり、校内に教会があったりします。ただ、昔と比べて女子校の数は減っています。

実は、筆者は10歳の時、女子校のギムナジウム(大学進学を希望する子供たちが通う8年制学校)への進学を希望しました。ドイツの小学校は4年生までで、卒業後にギムナジウムに進学するのか、それとも、将来は大学に行かずに職人などになるための学校(ハウプトシューレ)に進学するのかを決めなければいけません。筆者は、ギムナジウムに行くことは決まっていたのですが、どこのギムナジウムにしようかと考えた時に、「女子校のギムナジウムに行きたい」と思いました。当時、小学生だった筆者は、男の子よりも女の子と遊ぶことのほうが多かったですし、女子校に行くことが決まっている友達もいたりして、女子校は楽しそうなイメージだったからです。

ところが、親に希望を伝えたところ、反対されてしまったのです。両親はこう言いました。「今は10歳だから男の子に興味がなくても、ギムナジウムには9年(現在は8年ですが、筆者の時代は9年でした)と長く通うので、思春期になった時のことを考えると、同級生に男の子がいたほうがよい」。同年代の男の子がクラスにいれば、男の子にもいろんな子がいることが分かる。同い年の男子の現実を知るのは大切だというのです。

さらには、「周りに同年代の男子がいないと、男性を特別なものとして幻想化してしまいやすい」「10代の女の子の学校生活で、周りにいる唯一の異性が『50代のラテン語の先生』だというのは不健全だ。『ラテン語の先生がすてき!』などと恋愛対象になったら困る」とまで言われてしまったのです。当たり前ですが、これはあくまでも筆者の親の考えですので、必ずしも一般に当てはまるものではありません。

結局、筆者は共学のギムナジウムに通うことになりました。振り返ってみると、確かに良くも悪くも同年代の男子の現実を見ることができ、男の子に幻想を抱くようなことはなかったように思います。