結婚前に「結婚生活を送る上でのルール」などを文書化した「婚前契約書」。欧米の影響を受けて、日本でも契約書を交わすカップルが増え始めています。読売新聞の掲示板サイト「発言小町」には、交際中の男性から契約書を交わそうと提案され、戸惑う女性の投稿が寄せられています。婚前契約書とはどんなもので、契約を結ぶならどんな点に気をつけたらいいのでしょうか。専門家に聞きました。

「婚前契約書を交わそうと言われました」のタイトルで投稿したのは、20代の女性「やぱぱ」さん。帰国子女の彼と結婚を前提に付き合っていますが、ある日、彼から「欧米では普通のことだから、結婚前にこの契約書を交わしたい」と言われ、文書を見せられました。その中身は、「夫婦お互いに助ける義務があるので夫婦共に正社員で共働きを続ける」「家事育児も平等負担」「互いの貯金は互いのもので、家計はお互い同額拠出」「浮気は慰謝料200万円」「実家への帰省は交互にする」などでした。

「男女平等の教育を受けてきたし、なんとなく言っていることはわかりますが、これって普通ですか? ちょっと周りでは聞いたことがないので戸惑っています」とトピ主さん。結婚後も仕事を続けることなどには異論はないものの、何もかも「平等」を強調する内容の契約書を交わすことに違和感を持ったといいます。

このトピに380件を超える反響がありました。

「出産や育児面で、完全平等は難しい」(「ゆきだるま」さん)、「育休中は収入が減りますが、その時も同額払うんですか?」(「うさこ」さん)、「彼の作成した契約書は彼に有利なことしか書いていません」(「にゃんじろう」さん)などと、問題点を指摘する声が相次いでいます。

また、浮気の項目については、「『どこからが浮気か』をしっかり明示したほうがいい」(「ハイボール」さん)、「浮気をすることを前提としているようで受け入れがたい。200万払えば、し放題と読める」(「esezou」さん)といった声もありました。

そもそも、婚前契約書は何のために交わすものなのでしょうか。婚前契約の普及に取り組む一般社団法人プリナップ協会を運営する行政書士の多田ゆり子さんに聞きました。