なんとなく体がだるい、やる気が起きない、疲れやすい……。桜が開花し、ポカポカと過ごしやすい季節が訪れたのにもかかわらず、このような体の不調を感じたら、もしかして「春バテ」かもしれません。コロナ禍のストレスも加わり、「朝起きるのがつらい」「イライラする」と訴える人もいます。春バテの原因や対策について、専門家に聞きました。

春バテとは、季節が冬から春に移り変わる3月から5月頃にかけて表れる倦怠感や疲労感などの体調不良をいいます。「気分が落ち込む」「集中できない」といったように、精神面の不調をきたすケースもあります。

女性の健康について情報発信を行っている「ウーマンウェルネス研究会」が、首都圏在住の20〜50代の男女835人に行った調査によると、3〜5月の体の不調について、「とても感じる」「やや感じる」と回答した人は64.1%でした。女性だけでみると、不調を感じる割合は68.8%に上り、男性(59.5%)より1割ほど高いという結果でした。

ウーマンウェルネス研究会は、春バテの原因について次の三つを挙げます。

〈1〉激しい寒暖差
一年の中でも寒暖差の大きい春先は、気温の変化に対応しようと体のエネルギーを消耗するため、疲れやだるさを感じやすくなります。

〈2〉めまぐるしく変化する気圧
3〜5月は、次々にやってくる移動性高気圧の影響で、低気圧と高気圧が頻繁に入れ替わります。気圧の変化は、内臓などの働きを調整する自律神経に影響を与え、だるさ、眠気、気分の落ち込みを引き起こします。

〈3〉生活環境の変化
卒業、進学、転勤、異動、復職など、春は生活環境が大きく変化する季節です。コロナ禍で趣味やレジャーを思い切り楽しめない状況も続いています。気づかないうちに抱えたストレスで自律神経が乱れ、春バテしやすくなります。

研究会のメンバーで東京有明医療大学教授の川嶋朗さんは「1957年に行った調査では、日本人の体温の平熱は36度9分でした。今なら、ほとんどの人が高いと感じる体温でしょう。冷暖房の普及などで体温を調節する機能が衰えたのに加えて、きんきんに冷えた飲み物を摂取するといった体を冷やす食習慣などによって、季節の変わり目に体調を崩しやすくなったのです」と指摘します。

春バテが女性に多い傾向については、「女性は男性に比べて筋肉量が少なく、体脂肪が多いため、代謝機能が弱く、体が冷えてバテやすい体質なのです」と川嶋さん。手軽に体温を上げる二つの方法をアドバイスしてくれました。

〈1〉入浴
全身が温められるので冷えに効果的。シュワシュワと炭酸が出るタイプの入浴剤を入れれば、血管を広げ、血流を良くする効果があります。全身浴は水圧がかかり、疲れを感じることも。睡眠前の入浴がおすすめです。

〈2〉よくかんで食べる
最近のデータでは、1回の食事につき600回かんでいると言われています。かつては数千回かんでいたという記録もあり、食習慣の変化に伴って、かむ回数はどんどん減少しています。かむことは、消化を助けるだけでなく、体温を上昇させる効果があります。