コロナ禍で、マスクを長時間着用する生活となり、「鼻がかゆい」「肌荒れを起こしやすくなった」などと、肌のトラブルに悩まされる人が増えているようです。「マスク敏感肌」などと呼ばれ、対策をうたった商品も登場しています。どんな対処が必要か、専門家に聞きました。

マスクは感染予防に欠かせないものですが、化粧品会社「ドクターシーラボ」(東京)が今年4月に20〜49歳の女性約7200人に行った調査では、72%が「マスクが原因の肌悩みがある」と答えました。具体的な悩みとして「マスクで肌が蒸れる」(49%)、「肌が荒れる」(46%)、「肌が擦れる」(38%)などが挙げられました。

皮膚科、内科医で、テレビ番組のコメンテーターとしても活動する友利新さんは、「コロナ禍によるマスク着用によって、今は『1億総敏感肌』になっています。もともと敏感肌症状があった人はもちろん、今まで肌の不調を感じていなかった人でも、マスク着用で何らかの敏感肌状態(マスク敏感肌)となり、トラブルを感じるケースが増えています」と話します。友利さんの勤務するクリニックで診療を受ける人も、コロナ前と比較すると4、5割ほど増えているといいます。

マスクによるトラブルの症状には、乾燥、赤み、かゆみ、ひりつきなどがあります。次のチェックリストに当てはまるものが一つでもあれば、「マスク敏感肌」の可能性があるといいます。

【肌の症状】
□肌が乾燥しやすい
□洗顔後に肌がつっぱる
□化粧水の浸透や化粧水のノリが悪い
□化粧品をつけるとき、つけた後に、かゆみ、ひりつきを感じることがある
□ニキビや吹き出物ができやすい
□肌荒れを起こしやすくなった
□肌に赤みがでやすいと感じる
□肌がくすんだと感じる

【生活習慣】
□マスクを着脱する機会が多い
□マスクの摩擦や刺激を感じることがある
□食生活が不規則になっている
□睡眠不足が続いていると感じる
□リフレッシュする機会が少なくなった(自粛生活でストレスが増えたと感じる)
□在宅勤務等で、運動不足の生活が続いている
□UVケアを怠りがち