漫画界の神、手塚治虫の永遠の名作「火の鳥」。今までアニメ化されたものも多い中、地球の未来と宇宙の運命を描いた「望郷編」が初の映像化としてスクリーンにお目見えする。『火の鳥 エデンの花』は、地球から遠く離れた惑星に降り立った男女の運命と種を残す意味を観客に投げかける壮大なSF映画。STUDIO4℃のスタッフによるドラマティックな世界に声の息吹を吹き込むのは、宮沢りえ、吉田帆乃華、窪塚洋介、イッセー尾形ほか。今回は惑星に降り立つカップルの男性、ジョージを演じた窪塚洋介さんにお話を伺います。

―― 今回、製作された『火の鳥』の映画版とディズニープラス版では少し内容が違います。2つに分けたことも凄く斬新でした。

手塚先生が生み出した「火の鳥」は、とても人気で原作からアニメ、小説(桜庭一樹)まであって「火の鳥」自体に色々なバージョンがあるんですよ。そういう意味でも色々な表現が可能なのではないかと思います。読んだ人の数だけ解釈があるというか‥‥。【マンデラエフェクト】(事実と異なる記憶を不特定多数の人が共有しているインターネットスラング)って知っていますか。過去の記憶と実際の記録がかみ合わない事例のことをいうのですが、「火の鳥」ってマンデラエフェクトぎみになっちゃうんですよね、「え、そんな話だった?こんなラストだった?」みたいな感じに(笑)それが面白いですよね。だからこんな作り方もありなんだと思います。

―― 丁度コロナ禍の頃、アニメ「火の鳥」シリーズを見直したりもしていました。その時に“手塚治虫作品がいつまでも愛され続ける理由はなんだろう?”と思ったんです。窪塚さんはどう思われますか。

それだけ我々や地球の未来を憂いていて、本当に真剣に“どうにかしなきゃ”という念みたいなものが手塚先生の作品にはあって、今もその思いが生きているんじゃないかって思っています。それが観る人に伝わるからかもしれないですよね。 

―― そうかもしれませんね。『火の鳥 エデンの花』はそれが強く出ていますよね。

「火の鳥」シリーズの中に、AIに統治されている世界を舞台にした話があって、その話に登場するロボットは感情を持ち始めていて、そして人間は1回死んでも1回復活できるって設定なんです。やがてロボットは人間に成り代わっていき、ロボットが人間になっていく、ロボット個人として認めていくみたいな話があるんですよ。でもその話に「答え」はないんです。「答え」は読者に委ねる感じです。多分、手塚先生も「答え」を出せなかったのかもしれません。「火の鳥」シリーズには同じように「答え」が示されていない作品も素直に入っています。そこが魅力であり、“イイ”んですよね。

―― 私は今回の『火の鳥 エデンの花』を、特に若い人達に観て欲しいと思いました。

そう思いますね。今、どんどん時代が軽くなっているような印象を持っています。それは悪い面だけではないのですが‥‥、もう少し、自分の命や人生について、この映画にある死生観みたいなエッセンスが入れば、その軽さがより意味を持ってくるのではないかと思うんです。それを知った上で初めて“軽やかに生きて行けるのではないか”という気もしています。

―― 窪塚さんは声優をやるに当たってもう一度「火の鳥」シリーズを買って読んだそうですが、主に惹かれる漫画のジャンルやテーマがあれば教えてください。

原泰久さんの『キングダム』は今も買って読んでいますよ(笑)。とにかく物語が熱いんです。【熱い】は1つのテーマですね。泣いちゃうとかも。そういうカンフル剤というか清涼剤みたいな感じの漫画も大切ですよね。あとは、自分がそもそも好きな古代文明の話とか、遺跡、民俗学をテーマにした作品にも惹かれますね。

他には、たーしさんの『ドンケツ』。福岡のヤクザを描いた漫画なのですが、原作者のたーしさんのお兄さんが和彫りの彫師らしく、その描写が凄くリアルなんです。登場する主人公:沢田政寿(ロケマサ)はぶっ飛んでいて、その描き方はまさに漫画っぽいんだけど、起こる出来事や設定のディテールが本当にリアルで、そういう意味で面白い。そこを破天荒な主人公がどんどん突き進むから、すごく没入できるんです。

―― 『GO』(2001)で行定勲監督、『沈黙 -サイレンス- 』(2017)でマーティン・スコセッシ監督、『全員切腹』(2021)で豊田利晃監督、『スイート・マイホーム』(2023)で齊藤工監督など、他にも様々な監督さんとお仕事をされています。出演を決めるものはなんですか。

本(脚本)です。本を読んで、ワクワク出来るかどうかが基準です。「豊田監督の作品だから絶対に出演する」という訳ではないです(笑)でも、豊田監督とか、よく声をかけてくれる監督の本って、読むとワクワク出来るんです。

最近はありませんが、10年ぐらい前は月9でオファーをもらったり、20年くらい前には大河ドラマ主演のお話を頂いたりもしていました。でもワクワクする感覚が持てない要素とかもあったりして、お話をお断りをさせて頂いていたんです。

あの頃は、「大河の主役を断る奴はいない」とも言われましたね(笑)でも「同じ役を俺は、1年も演じられない。無理です」って言って断っちゃいました(笑)これまでちゃんと“自分を信じる”ということを大事にしてきました。その結果が今であって“これで良かったんだ”と思っています。

―― 窪塚さんは『金田一少年の事件簿』(1995)でデビューされて、芸能活動28年を迎えられましたね。

そうですね。1995年、16歳でデビューしましたから、2025年で芸能活動30周年です。

―― 私も同じ頃から仕事をしていますが、若かりし頃の自分を振り返っていかがですか。

 “バカだったな、調子乗っていたな”と思うこともありますけど、結果、今が凄く幸せで、満たされた状態でクリエーションが出来たり、こうやって色んなことをお話することが出来ているので、“全て必要な道だったんだ”と今は思っています。

―― 俳優という仕事を続けていくことは大変なことだと思います。気持ちが折れそうな時は、どうしていたのですか。

やっぱり、俳優という仕事が好きなんです。それが一番大事。あとは考え方次第ですね。仕事の内容的には、同じような日だと感じることはあるかもしれません。例えば今日は『火の鳥 エデンの花』の取材日、この間は『スイート・マイホーム』の取材日、取材といえども作品自体が違いますよね。

サーファーは「1本も同じ波はない」と言いますが、陸から見ていたら「同じ波じゃん」って正直、思ってしまいます(笑)。でもサーファーたちにとっては毎回違う波なんです。そういう気分で一日一日を生きているから、毎日、彼らは飽きることなく海に行く。僕の仕事もそれと同じことではないかなと思っていますよ。

―― 飽きっぽくはないんですね。

いや、めっちゃ飽きっぽい(笑)サッカーもソフトボールもバレーボールも水泳もなにもかも続かなかったです。続かないことの方が多かったですね。続けられているのは、あ、今やっているゴルフかな(笑)。

―― 卍LINEなどアーティスト活動もされていますよね。

そうですね。でも、音楽活動は5年前から止まっています。それまで10年やったんだけどね。今は役者ばかりやっています。でも、やるとかやらないとか、決めてはいないです。辞めたくなったら辞めればいいと思っています。流れに任せる感じです。でもこれを言うと、昔からよくおふくろに怒られました(笑)。

―― でも大事ですよね。肩に力を入れ過ぎるのも良くないですし。

窪塚:結構、なんでも考えすぎたり思い詰めてしまって、しんどそうな若い子も多いから‥‥。型にはめられて、皆が望む彼、彼女でないといけないみたいな感じで、だけどそうやっていると、結局、自分が壊れてしまう。それでは本末転倒だから。決めすぎちゃいけない。そう思います。

―― 最後に、窪塚洋介さんの憧れている生き方を教えて下さい。

自分らしく生きている人!
職人さんでも、何の仕事の人でも“自分らしく命を楽しんで生きている”と思える人はカッコ良く見えます。そういう生き方をする人への憧れみたいなものはずっと持っていたいと思っていますし、自分もそうありたいです。自分も人からそんな風に見えていたらいいですよね。自分が良いエフェクトを人からもらっているように、自分が周りに良いエフェクトを起こせていたら、良い明日になるかなと思っています。

いつだって等身大で、いつだって対等で、誰に対してもナチュラルな窪塚洋介さん。それは出会った頃から変わらずで、ありのままでいようとする生き方に多くの人が憧れ、尊敬しているのではと、勝手に思っています。今回の声優オファーに対しても、自分が出来る限りの能力を発揮する為に、原作を購入したその姿勢は、誰もが出来ることではないし、制作陣に対する誠意の証でもありました。ちなみにディズニープラスと劇場版のどちらも観た私としては、どちらも「アリ」な『火の鳥』でした!

取材・文 / 伊藤さとり
撮影 / 奥野和彦

作品情報 映画『火の鳥 エデンの花』

荒涼たる辺境惑星エデン17に1台のロケットが降り立った。わけあって地球から逃亡してきたロミと恋人のジョージは、この星を2人の新天地にしようと誓うも、未開の惑星での生活は厳しく、ジョージは井戸掘り中の事故で命を落としてしまい、ロミは一人息子のカインとAIロボットとともに、孤独なサバイバル生活に送ることに。ロミはカインのために自分の命を少しでも引き延ばすこと決意し、コールドスリープに入る。だが、機械の故障で1300年間も眠り続けることに。ようやく目覚めたロミは、新人類が築いた巨大な町・エデン17の女王となる。そんなある日、心優しい少年コムは、宮殿で悲しみに暮れる女王ロミと出会う。ロミの望郷の想いを知ったコムは、一緒に地球に行こうと、無謀な挑戦と知りながら、2人で広大な宇宙に飛び出していく。旅の途上で、地球人の宇宙飛行士・牧村や宇宙のよろず屋・ズダーバン、そして人智を超えた未知の生命体の数々との出会いを重ねながら、故郷の地球を目指す。

監督:西見祥示郎

アニメーション制作:STUDIO4℃ 

原作:手塚治虫「火の鳥」(望郷編)

出演:宮沢りえ、窪塚洋介、イッセー尾形、吉田帆乃華、浅沼晋太郎、木村良平

配給:ハピネットファントム・スタジオ
 
©Beyond C.

2023年11月3日(祝・金) 新宿バルト9他 全国ロードショー

公式サイト hinotori-eden