『Love Letter』(95年)、『スワロウテイル』(96年)など数々の傑作を世に送り出してきた岩井俊二監督。最新作『ラストレター』は、ふたつの世代の恋愛と、それぞれの心の成長と再生をつづる物語。過ぎてしまったあのころ、生きていく未来…。ノスタルジックな切なさと美しさが交差する、感動の1作となった。ロマンティックな叙情を持つ作品群から、岩井監督にスマートな印象を持つ人もいるかもしれない。しかしインタビューを試みると「いつも死に物狂い。ハードルを上げて作品づくりに挑んでいる」と、とことんストイックでアグレッシブな岩井監督。ラブストーリーを作るうえで刺激を受けているのは『機動戦士ガンダム』と明かすなど、意外な素顔が明らかとなった。

唯一無二の世界を生み出す秘密

――手紙のやり取りから、登場人物たちの初恋の記憶や、移ろいゆく人生が浮かび上がる物語です。『Love Letter』もそうですが、岩井監督が手紙というモチーフに心を動かされるのはどんな理由からでしょうか。

じつは『Love Letter』よりも前から、手紙についての物語を描きたいと思っていたんです。最近、古いデータを整理していたら、『Love Letter』の前に書いたらしき、手紙にまつわるストーリーのアイデアが出てきて。自分でも「そんなに前からやりたかったんだな」と思いました。思えば、井上靖の『猟銃』や『三島由紀夫レター教室』、太宰治の『パンドラの匣』など、書簡体小説も好きでしたね。

――そうなんですね! 手紙には誰かへの特別な想いや、秘密めいたものが込められているからでしょうか。

やっぱり、“誰かが誰かに宛てて書いている文章”というひとつの縛りがあるなかで、物語がつづられていくとなると、作品にするうえでは描きにくいものですよね。だけど、そういった縛りがあるなかで物語が描かれていくことに、妙味を感じるというか。「手紙に書かれていること以外に、どういうことがあったんだろう?」と想像していかなければいけないおもしろさがある。「きっと手紙に書いたことがすべてではないだろうし、その真相はなんだろう?」と考えていくことが、楽しさにつながっているのかなと思います。

――本作では、姉の未咲を亡くした主人公・裕里(松たか子)と、その初恋の相手・鏡史郎(福山雅治)、未咲の娘・鮎美(広瀬すず)の“三角形の文通”が交わされますが、手紙の真相が明らかになるにつれて、物語が思わぬ方向に展開していきます。

僕はいつも自分に無理難題を課しながら、物語を作っているところがあるんです。「こんな展開になったら、この先には進めないよ」「こんなことは起こり得ない」というギリギリのところを思いついては、それを「どうやって解決していこうか」と考えながら、取り組んでいることが多いです。今回も一旦、初めから最後まで物語を書いてみて、そこからもう一度振り返って、どんどん深掘りをしていった形です。劇中に出てくる小説家の鏡史郎が書く『未咲』という小説も、丸々一冊、自分で書いてみました。そこでやっと全体像を掴めて、着地できたと思いました。

――自分に無理難題を課すなど、“攻め”の姿勢でものづくりに励んでいらっしゃるのですね。

そうですね。やっぱり、楽はできないと思っています。お客さんは想像を超えるような物語を求めているわけだから、そこで楽をしてしまったら、きっとお客さんが僕を許さないですよね(笑)。「こうなるだろう」という通りに出来上がった物語では、お客さんが楽しめるとは思えない。自分に相当な負荷をかけないと、お客さんの好奇心を満たす作品はできないと感じています。ハードルは、つねに上げていたいですね。

飲み会に潜んでいた、意外な着想のヒント

――その原動力となるのは、いったいどういったものですか?

結局、大変だけれど、謎を解いていくように物語を作っていくのが、自分でも楽しいんです。永遠に解けない謎もないだろうと思うし、いずれ答えが出るだろうと思う。何年かかっても、取り組み続ければきっとおもしろくなるはずだと信じている。小噺でいいとしたら、毎日のようにおもしろいものを書ける自信はあるんです。でも2時間ほどの映画を作るとなると、一気にハードルが上がる。もうそこは、「なんとかなるだろう」と信じるしかないですね。とはいえ、解けないまま、仮設のまま残っている原案はじつはいくつもあります。

――故郷である宮城県仙台市で初めて撮影を敢行したことからも、岩井監督にとって自伝的要素の盛り込まれた作品なのではと感じます。ものづくりの葛藤を抱えた小説家の鏡史郎に投影した想いはありますか?

自分自身でもあるし、学生時代から同じように夢を追いかけている人、挫折した人など、鏡史郎のサンプルになった人はたくさんいます。中学・高校のころの同級生は、僕の作品を観てくれている人が多いんですが、ある時、大学の友人が意外と観てくれていないということに気がついて…(苦笑)。飲んでいる席で聞いたんですが、「観るのがツライ」と。彼は別に映画監督になりたかったわけではないんだけれど、叶えたい夢があって、そんな彼にとっては、僕が夢を叶えているように見えたらしいんです。こちらとしては夢が叶っているのか、叶っていないのかわからないし、死に物狂いでやっているだけなんですけどね。

――なるほど…。嫉妬のようなものでしょうか。

嫉妬といっていいのか、無念のようなものというか。彼の話を聞いた時に、僕も少なからずそういった思いに駆られたことがあるなと思ったし、これは些細な話じゃないなと。夢や目標を追いかけている、ありとあらゆる人の想いを感じた。同級生は僕の映画を喜んで観てくれているのかと無邪気に思っていたけれど、まったくそういうことではなかった。“人の心の複雑さ”を目の当たりにして、これは大きな素材になるなと思った。飲み会の席で大きな課題を手に入れてしまったわけです(笑)。その時すでに「これで何か1本作ろう」と思っているわけですから、なんでも映画のモチーフとして考えてしまうんです。

福山雅治と神木隆之介は似ている!?

――高校時代の鏡史郎役を神木隆之介さんが演じています。二人一役を演じるうえで、神木さんは福山さんについてかなり研究されたそうです。

二人は、似ていなくはないなと思っていました。絶対に噛み合わせはいいだろうと思っていたので、何も心配はしていませんでした。二人の芝居も、本当にすばらしかった。演出家というと、“役者さんにいろいろと演技をつけている”というイメージがあると思うんですが、うちの現場は、“僕が考えた物語を役者さんが体現していく”という感じで。基本、すべてお任せしています。その俳優さんには親御さんや先祖がいて、その姿、形、魂、心を持って、生まれてきている。ほかの誰でもないわけです。僕は、俳優さんにその身をもって役を体現し、身をもって体験してほしい。そのことに意味がある。今回はそれをしっかりできる人たちが集まってくれたので、本当にありがたかったです。

――主人公の裕里を演じる松たか子さんとは、『四月物語』(98年)以来、映画では約21年ぶりのタッグとなりました。“時の流れ”もテーマとなる本作ですが、『四月物語』で上京したての女子大生の不安と期待をみずみずしく演じた松さんが、今回は母親役として登場することも“時の流れ”を感じさせます。

そうですね。でも松さんは、見た目があまり変わらないので(笑)。自分のなかでは、『四月物語』の延長線上のようなところもあるんです。裕里は、どこか『四月物語』の女性とも性格的にもよく似ている気がしていて。僕の描く女性像の、典型的なパターンなのかもしれません。ちょっとした嘘をつく女の子だったり、誰にも言えない想いを心に秘めていたり。『花とアリス』(04年)の花も、嘘つきですね。今回の裕里も、子どものころも小さな嘘をつく女の子で、大人になっても同窓会に行って嘘をついてしまう(笑)。僕が描いてきたような女性を松さんが演じてくれたので、自然と見守っていられたように思います。

――プロデューサーの川村元気さんは、本作を“岩井俊二監督のベスト盤”と表現されています。観た人のなかには“原点にして集大成”と言う人もいますが、ご自身の手応えはいかがでしょうか。

僕はあくまでも監督なので、自分の集大成を作ろうというよりも、きちんと物語として成立する映画を作らなければいけないと、その想いだけでした。手を離してもきちんと立っていられるような作品になるだろうか。ドミノ倒しで言えば、きちんと最後までたどり着くだろうか…と。これはつねにそうなんですが、いつも心配との闘いです。そうやって前に進んでいくしかないんだと思っています。

『ガンダム』から学んだ“宇宙的恋愛”

――“岩井美学”とも言われる唯一無二の世界観で、ファンを魅了しています。そんな岩井監督にとって、影響を受けたと感じるエンタメ作品を教えてください。

影響を受けたと感じる作品はたくさんあります。意外だと思われるかなというものだと、『機動戦士ガンダム』です。『機動戦士ガンダム』はロボットアニメとしてではなく、ラブストーリーとして観た時に、ものすごくじれったい物語なんですよね。高校生の時に観て、「こんなラブストーリーがあっていいのか」と衝撃を受けました。

――とても意外です。じれったいと思われたのは、どのような点でしょうか。

まずヒロインだったはずのフラウ・ボゥという女の子が、アムロの友人と付き合うことになってしまったり。「ヒロインだったよな?」と思っているうちに、ヒロインから下落していく。こんなことがあっていいのかと思いました。そしてララァという女の子が、アムロとはお互いにきちんと認識していないぐらいしか会っていないのに、宇宙空間で再会して壮大なラブストーリーになっていったり。最後には、「恋愛感情なんてなかったはずだ」と思っていたセイラさんという女の子がヒロインになっていったり…。子どもながらに持っていた、「ラブストーリーは最初から相手が決まっているものだ」という固定概念が総崩れになりました(笑)。「こんなことがあってもいいんだ、ラブストーリーはどこからでも成立するものなんだ」と衝撃を受けたわけですが、それって自分が物語やラブストーリーを考える時に、やっぱり参考になっているんですよね。

――たしかに『ラストレター』でも、鏡史郎がマスクをして顔も見えない未咲に一目惚れするなど、「こんなこともあるのか!」という“恋の不思議”が描かれています。

そうなんです。「顔も見ていないじゃないか、ありえないだろう」と(笑)。そういうアイデアを思いつくと、すごく楽しいんですよね。また鏡史郎は一途にマスクをしたヒロインを追いかけているかと思うと、その妹とも楽しい時間を過ごしていたりもする。「ここにも恋愛劇が見つけられる」という物語にもなっています。時々、物語を書く時に「こちらがララァで、こっちがフラウ・ボゥか」となぞらえている時もありますよ。宇宙が舞台の物語でしたが、恋愛も宇宙的。ああいった化学反応は、ほかのどの作品においても再会したことがありません。『機動戦士ガンダム』を観ると、創作することは本当に楽しいものだなと感じます。

取材・文/成田おり枝
撮影/名児耶洋

プロフィール 岩井俊二(いわい・しゅんじ)

1963年、仙台市生まれ。
1988年に桑田佳祐『いつか何処かで(I FEEL THE ECHO)』PVをディレクション、プロとしてスタート。『見知らぬ我が子』(91年)でドラマ初演出。93年、『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』がテレビ作品にも関わらず日本映画監督協会新人賞に輝く。中編『undo』(94年)で映画監督デビュー。初長編『Love Letter』(95年)は社会現象と化し、96年に『スワロウテイル』公開。以降、ショートムービー、ドキュメンタリー、アメリカ映画、アニメーションと活躍の場を広げ、“岩井美学”と呼ばれる世界観で観る者を魅了している。

公開情報 『ラストレター』

裕里(松たか子)の姉の未咲が、亡くなった。裕里は葬儀の場で、未咲の面影を残す娘の鮎美(広瀬すず)から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。未咲の死を知らせるために行った同窓会で、学校のヒロインだった姉と勘違いされてしまう裕里。そしてその場で、初恋の相手・鏡史郎(福山雅治)と再会することに。勘違いから始まった、裕里と鏡史郎の不思議な文通。裕里は、未咲のふりをして、手紙を書き続ける。そのうちのひとつの手紙が鮎美に届いてしまったことで、鮎美は鏡史郎(回想・神木隆之介)と未咲(回想・広瀬すず)、そして裕里(回想・森七菜)の学生時代の淡い初恋の思い出をたどりだす。ひょんなことから彼らを繋いだ手紙は、未咲の死の真相、そして過去と現在、心に蓋をしてきたそれぞれの初恋の想いを、時を超えて動かしていく――。
監督・脚本・編集:岩井俊二
原作:岩井俊二『ラストレター』(文春文庫刊)
出演:松たか子 広瀬すず  庵野秀明 森七菜 小室等 水越けいこ  木内みどり 鈴木慶一 / 豊川悦司 中山美穂  神木隆之介 福山雅治
音楽:小林武史
主題歌:森七菜『カエルノウタ』(Sony Music Labels)
配給:東宝
公開中
©2020「ラストレター」製作委員会
公式サイト:https://last-letter-movie.jp/

書籍情報 『ラストレター』岩井俊二/文春文庫