コロナによって公開が延期されていた新作アニメ映画『魔女見習いをさがして』がついに公開となった。僕自身、発表当時から待ちわび続けた作品だった。

『おジャ魔女どれみ』(以下『どれみ』)は99年から2003年までの4年間にわたって日曜朝のキッズ枠で放送されていた魔法少女アニメ。当時の東映アニメーションにとってはおよそ15年ぶりとなる満を持してのオリジナルのTVアニメシリーズだった。この『魔女見習いをさがして』はそのメインスタッフが再び集結して制作された「『おジャ魔女どれみ』20周年記念作品」と銘打っている。

放送当時、僕は幼児向けの人形劇番組を手がけていたのだが、『おジャ魔女どれみ』にひたすら感心し心奪われた。作品の作り手が子供の視線にまでおりてきて真っ正面から彼らを見ている姿勢と、「子供向けの魔法物アニメであっても、彼らに対して私たちはウソをつかずに語る」という姿勢に敬意すら感じていた。会議の席で何度も「僕たちが目指したい目標」としてこの作品を挙げたことを覚えている。
実際、その真摯さは大人の心にも響き、番組のメインターゲットである女児だけでなく男性や大人にもファンが多かった作品だ。

魔女見習いとして魔法を使う主人公・どれみをはじめとした登場人物らの楽しい日常や友情や大きい可能性の数々や夢を描き、昨今のようなバトル物ではない“魔法もの”の楽しさを描いた。一方で魔法で何でもかんでも都合よく解決をさせず、簡単に答を与えず、子供同士でしか解決できない問題も描き、時には子供にはどうにもならないことはそれとして描いた。女子視聴者をメインターゲットとした中で「女の子の発育での悩み」も取り上げたし、子供社会の中にある問題にも踏み込んだ。
小学3年生から始まり、6年生の卒業式で番組は終わった。その間、番組は彼女たちの小さな成長を丁寧に描き続けた。

『どれみ』のベストエピソードとして有名なのは6年生編(『おジャ魔女どれみドッカ〜ン!』)第40話『どれみと魔女をやめた魔女』だ。後に『サマーウォーズ』や『おおかみこどもの雨と雪』などを生み出す細田守による演出回になる。
魔女であったが今は人間社会の中でガラス作家として生きる1人の女性・未来との出会いが、どれみに“これからの自分”という人生最初の選択に小さな影響を与えることになる。未来の声を演じたのは原田知世で、30分の中で切なくも美しく静かに語られ描かれるドラマはシリーズの中でも今なお高い人気を誇る。この回が契機となってその後に細田守が『時をかける少女』を手がけることとなったとも言われており、『どれみ』内外において伝説的な1エピソードだ。
僕もこのエピソードは大好きであるしベストに入るが、とはいえ同エピソード人気は「細田作品であること」も大きな理由で「『どれみ』だから」というだけではない。では僕が「『どれみ』だから好き」だと思ったエピソードはなんだったろう?と振り返ると、この細田回も含めて、ほとんどに共通しているのが「魔法で問題を解決をしなかった話」であることに気がついた。

忘れられないのは5年生編(『も〜っと! おジャ魔女どれみ』)第20話『はじめて会うクラスメイト』からはじまる不登校のクラスメイト・長門かよこをめぐるエピソードだ。1回で解決させず数回にわたって描かれた同エピソードは学校に行きたいが行けないことに苦しむかよこの問題の本質的な解決に対し番組のキーである魔法を使わなかった。あくまでもどれみやかよこや子供たち自身に悩ませ考えさせ向き合わせて解決へと向かわせた。
また、シリーズをまたぎ数回にわたって描かれたあいこの両親の復縁にまつわるエピソードにも打ちのめされた。離婚した両親の復縁と祖父の介護問題という子供にはどうにもならない、魔法でも解決が出来ない事をもきちんと描き、だからこそそれに心を痛めるあいこにどれみたちは寄り添い続けた。あのとき両親の気持ちを魔法で変えるという禁忌をおかそうとしたあいこを止めに来て、泣きながら彼女を抱きしめたどれみを僕は今でも忘れられない。

とかく大人は「見ることで(視聴者側の)何かが変わる・変えた」作品に価値や意味を見いだしてしまったり高評価をしてしまいそうになる。親であれば優等生的な模範解答を示してくれる子供番組を望んでしまいたくなる。だが『どれみ』は視聴者の子供を変えようとするのでも模範解答を教えるのでもなく、4年間ひたすら彼女たちに「あなたは1人ではないし、あなたたちには未来がある」ということを描き、語り続けたことこそが大きな価値や意味だった。それも大人の視点位置から語りかけるのではなく、子供たちの視線の高さで真っ正面から向き合い、これを語り続けた。

それから約17年をへての、この『魔女見習いをさがして』だ。発表に驚き、タイトルに『おジャ魔女どれみ』を入れていないことに驚き、その後『どれみ』そのものの続編ではなく、「『どれみ』を見ていた、『どれみ』が好きだった3人の女性の物語」である事が発表されてまた驚いた。
公開前日は「明日は17年ぶりにどれみに会えるのか」とか考えたらいい歳にもかかわらずドキドキしてしまった。とても懐かしい友人に会うようなそんな気分。いや、30数年ぶりの小学校の同窓会前でもここまではドキドキしなかったのだからそれ以上だ。
そして初日の劇場。上映中、リアルタイム世代の女性客らはボロ泣きしていて、それが視界に入りつつ、やっぱり僕も泣いてしまった。

『魔女見習いをさがして』

かつて『どれみ』が大好きだったことがきっかけで知り合った3人の女性。仕事でどんなに結果を示しても男の上司に手柄をとられ、しかもそれまでの努力をひっくり返されてしまうミレ。教師志望だが自分が本当にそれに向いているのかがわからないソラ。恋人のダメ男との関係がだらだらと続いてしまい絵画の勉強に進みたいことにも踏み切れずにいるレイカ。年齢も住んでいる場所もそれまでの人生も仕事もまちまちの彼女たちは、『どれみ』ゆかりの地への旅行を通し友情をはぐくんでいき、日々の中で直面している仕事や将来への悩みに向き合っていく。

登場人物が感じる『どれみ』を見ていたあの時に思い描いた大人とは違うところに来てしまったのかもしれないという現実。それをどうすればいいのかわからない悩み。彼女たちはそのまま『どれみ』を見ていた視聴者たちそれぞれの反映であり、彼女たちが立っている場所も悩みも大人になった視聴者たちがいる“今”だ。だからこれは今の若い女性の映画でもある。
本作の発表時に「なぜ『どれみ』たち自身のその後の物語ではなく、『どれみ』を見ていた子たちの物語にしたのか?」と不思議に思った。インタビュー記事などを読むと当初は成長したどれみたちを描く案もあったそうだ。が、かつて作り手が真っ正面から向き合った子供たちのその後を描くことも、作り手にとっては『どれみ』たちのその後と等価なのだろう。そういう映画だった。これはあの時の視聴者だった子供であった人たちに向けた作品だ。

悩み、つまづきそうになる彼女たちの背中を、かつて見た『どれみ』が少しだけ押してくれる。それはまるでシリーズ本編の物語においてどれみが友だちにやっていたことそのままだ。リアルタイム視聴だった人たち、後に再放送や配信で見た人たち。大人も子供も男女も問わず、見ていた人にとって『どれみ』はたんなる「昔に人気だったTVアニメ」ではなく、4年間、同じ学校、同じクラスでいつも誰かを応援し続けてくれたクラスメイトだった。その懐かしい友だちが今また背中を少し押してくれる。
なぜ僕が「魔法で問題を解決をしなかった話」が好きであったのかもようやくわかった。『どれみ』は魔女としての魔法だけではない、本当の魔法を描き続けていたのだ。そこにこそ僕にとっての『おジャ魔女どれみ』が何だったのかがあった。それがこの映画でも描かれ、その魔法の本当の力を教えてくれる。
本作にはいくつもの魔法が登場する。例えばアニメ作品『どれみ』が描いていた魔法と、それを見ていた人たちの中にある魔法だ。僕が好きだったもの、惹かれていたものは現実に繋がっていた。そう考えるとタイトルにも使われている「魔女見習い」も、どれみたちおジャ魔女のことだけではなく、まだまだ人生道半ばである“大人になった視聴者たち”のことをも指しているのかも知れない。
「もし『どれみ』でやっていたことを大人を主人公にして作ったらこうなる」「もし、大人になったどれみたちの物語であってもこうなる」であり、しかも『おジャ魔女どれみ』という作品があったからこういう映画になった。
上映後はとても不思議な気分にとらわれる。どれみたちが主人公ではないのに間違いなくこれは『おジャ魔女どれみ』で、どれみたちに再会した気分になった。見終わった後に「『どれみ』の新作を見た」という印象がちゃんと残る。それも「懐かしかったね」ではなく、大人になった人たちに必要な『どれみ』の新作を見ることが出来たという印象だ。

もちろん『おジャ魔女どれみ』を見たことがない人であってもこれは間違いなくアプローチする作品になっている。変な例えだが『フラッシュゴードン』を見たことがなくても『テッド』を楽しめるのと同じだ。それが今の若い女性の映画でもある部分だ。

放送終了から17年を経て作品と受け手を現実で繋ぎバトンまで渡してきた。その間もおジャ魔女たちは見ていた誰かたちの背中を少しだけ押し続けていた。「あなたは1人ではないし、あなたたちには未来がある」というメッセージは本作にも繋がっている。男女を問わず、とかく生きづらさを感じてしまう現代だからこそ、よけいにこのメッセージが心に響いてくる。作品が心に残るとはこういうことなのだ。この作品が教えてくれた最大の魔法だ。

文 / 岡野勇(オタク放送作家)

作品情報 『魔女見習いをさがして』 おジャ魔女どれみ20周年記念作品 映画『魔女見習いをさがして』

「ねえ、大きくなったら何になりたい?」

教員志望でありながらも、自信をなくして進路に戸惑う大学生・長瀬ソラ――名古屋

望んだ仕事についたものの、職場になじめず葛藤する帰国子女の会社員・吉月ミレ――東京

夢に向けて進学費用を貯めるも、ダメ彼氏に振り回されるフリーター・川谷レイカ――尾道

年齢も性格も住んでいる場所も…なにもかもが違う三人。しかも、それぞれ思い描く未来が見えず、人生に絶賛迷い中!そんな彼女たちを引き合わせたのは“おジャ魔女どれみ”!?

かつて魔女見習いたちが集っていたMAHO堂――鎌倉にある洋館での運命的な出会いをきっかけに、三人は飛騨高山・京都・奈良と「おジャ魔女どれみ」ゆかりの地を巡る旅へ!笑って泣いて支え合って、かけがえのない時間を過ごした三人は改めて気づく、いつもどれみたちがそばにいてくれたことに。そして魔女見習いたちに背中を押され、踏み出した先に、素敵な世界が広がっていた――

声の出演:森川葵 松井玲奈 百田夏菜子(ももいろクローバーZ)千葉千恵巳 秋谷智子 松岡由貴 宍戸留美 宮原永海 石田彰 浜野謙太 三浦翔平

原作:東堂いづみ 監督:佐藤順一 鎌谷悠 脚本:栗山緑 音楽:奥慶一 キャラクターデザイン・総作画監督:馬越嘉彦

アニメーション制作:東映アニメーション

ⓒ東映・東映アニメーション

2020年11月13日 公開

映画公式サイト:https://lookingfor-magical-doremi.com

20周年公式サイト:https://doremi-anniv.com