予告映像解禁『茜色に焼かれる』もがきながらも懸命に生きてきた女性を尾野真千子が熱演!

尾野真千子が叫ぶ!
信念を貫き、たくましく生きる母親を熱演する予告映像

予告映像は尾野が「田中良子です」と力強く名乗るシーンから始まる。倒産したカフェの営業再開を目指しつつも、新たなパート先でのきつい仕事や義父の介護など、様々な問題が押し寄せてくる。

家計簿をみた同僚のケイには「こんな真っ赤でどうして平気でいられるんですか?」と尋ねられ、ギリギリの生活に追われている良子の姿を映し出す。

永瀬演じる店長から「取り返しつかないほどボロボロなのに、なんで生きようとするのよ?」と問われた良子。

もがきながらも懸命に生きてきた良子は、遂に心にためた本音を吐き出す―「そんなのわかりませんよって話でしょ!」。

息子の純平もケイも、時に泣きながら必死に日々を過ごす中で、良子が遂に爆発する。

果たして、彼女の心に最後まで燃え続けるものとはー。

傷つきながらも、信念を貫き、たくましく生きる良子の姿を通して、今日を生きる私たちに、希望と勇気がもらえる作品であることを予感させる予告映像となった。

映画『茜色に焼かれる』は5月21日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

『茜色に焼かれる』©2021『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ 映画『茜色に焼かれる』

≪あらすじ≫
悪い冗談みたいなことばかり起きるこの世界で母ちゃんも、僕も、生きて、生きる。
1組の母と息子がいる。7年前、理不尽な交通事故で夫を亡くした母子。母の名前は田中良子。彼女は昔演劇に傾倒しており、お芝居が上手だ。中学生の息子・純平をひとりで育て、夫への賠償金は受け取らず、施設に入院している義父の面倒もみている。経営していたカフェはコロナ禍で破綻。花屋のバイトと夜の仕事の掛け持ちでも家計は苦しく、そのせいで息子はいじめにあっている。数年振りに会った同級生にはふられた。社会的弱者―それがなんだというのだ。そう、この全てが良子の人生を熱くしていくのだからー。はたして、彼女たちが最後の最後まで絶対に手放さなかったものとは?

【作品情報】
出演:尾野真千子
和田庵 片山友希 / オダギリジョー 永瀬正敏
大塚ヒロタ 芹澤興人 前田亜季 笠原秀幸 / 鶴見辰吾 嶋田久作
監督・脚本・編集 石井裕也
製作:五老剛 竹内力
ゼネラルプロデューサー:河村光庸
エグゼクティブプロデューサー:飯田雅裕
プロデューサー:永井拓郎 神保友香
共同プロデューサー:中島裕作 徳原重之 長井龍
主題歌「ハートビート」/ GOING UNDER GROUND(ビクターエンタテインメント)
『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ:朝日新聞社 RIKIプロジェクト
製作幹事:朝日新聞社
制作プロダクション:RIKIプロジェクト
配給:フィルムランド 朝日新聞 スターサンズ
©2021『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ
2021年/日本/144分/カラー/シネマスコープ/5.1ch R-15+
公式サイト:akaneiro_movie.com

5月21日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

ケン・ローチ作品のプロデューサーも絶賛!『サンドラの小さな家』著名人からの感動コメント到着!