リーアム・ニーソン主演の最新作『ファイナル・プラン』が7月16日(金)より全国公開を迎える。『シンドラーのリスト』『スター・ウォーズ』シリーズで名優の地位を確立し、『96時間』シリーズでリベンジ・アクションの礎を築いたリーアム・ニーソン。

全米2週連続NO.1ヒットを記録した本作でリーアムが演じるのは、恋に落ちた伝説の爆破強盗。運命の女性・アニーのためにFBIと対峙する。アニーを務めたのは、テレビドラマ「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」、「プライベート・プラクティス 迷えるオトナたち」のアディソン役で一躍スターとなったケイト・ウォルシュ。敵対するFBI捜査官には『ターミネーター:新起動/ジェニシス』『スーサイド・スクワッド』など数々のアクション映画で活躍するジェイ・コートニーと、傑作ミュージカルの映画化『イン・ザ・ハイツ』(7月30日公開)の主演に抜擢されたアップカミングな新星アンソニー・ラモス。さらに、事件の真相を追うベテラン捜査官に『ボーダーライン』シリーズのジェフリー・ドノヴァンと名優たちが集結。愛のため、全てにケリをつけるため、決して敵に回してはいけない男リーアムが最後の復讐計画=“ファイナル・プラン”に挑む!

ファイナル・プラン

この度、本日69歳の誕生日を迎えたリーアム・ニーソンの場面写真を新たに解禁となった。解禁するのは、リーアムが本作でも果敢に挑戦したアクションシーンを切り取ったもの。二回り以上年下のジェイ・コートニーやアンソニー・ラモスらとド派手なアクションシーンを繰り広げる様子は、他を寄せつけないアクション俳優としての圧倒的なオーラを放っている。

ファイナル・プラン

リーアムはこれまでメディアの前で自身の年齢を理由に“アクション映画卒業”を度々口にしてきたが、本作でも激しいアクションシーンに挑戦しており、インタビューでは「68歳なのに、アクション映画の脚本を送ってきてくれるんだ。出演するチャンスをもらえるだけで嬉しいよ。いつも言っているけど、アクション映画の撮影はお菓子屋さんにいる子供のような気分になれるんだ。最高のスタントマンと組めるし、みんな僕をカッコよく見せてくれるしね。オフの時はそれほど多くはないが、格闘シーンのトレーニングをしている。そういったことには几帳面なんだよ。だから撮影では誰もケガをしていないよ」と語っている。

ファイナル・プラン

歳を重ねても衰えを知らない唯一無二のアクションスター、リーアム・ニーソン。70歳を目前に暴れまくる本作のアクションシーンにぜひご期待ください。

映画『ファイナル・プラン』
7月16日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

■ 予告編

■ 作品プロフィール ファイナル・プラン 映画『ファイナル・プラン』

監督:マーク・ウィリアムズ
出演:リーアム・ニーソン ケイト・ウォルシュ ジェフリー・ドノヴァン ジェイ・コートニー アンソニー・ラモス

原題:Honest Thief /2020年/アメリカ映画
配給:ハピネットファントム・スタジオ
©2019 Honest Thief Productions, LLC

7月16日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー