この島国「日本」の魅力を世界に届けるアニメ制作に国民的&国際的な作品群を生み出してきた制作陣が集結。“島国の根”と書く神話の地「島根・出雲」を目指して駆ける少女の成長を描く劇場オリジナルアニメ『神在月のこども』(かみありづきのこども)の全国公開が2021年・秋に決定!

日本各地では“神無月(かんなづき)”と呼ぶ10月を、出雲では“神在月(かみありづき)”と呼ぶ由縁。全国の神々が出雲に集い、翌年の縁を結ぶ会議を行うという云われを題材に人々と神々、各地と出雲、そして、この島国の根にある“ご縁”という価値観をアニメーションに描く本作。

東京から出雲を目指す主人公・カンナ役には『朝が来る』で数多くの映画賞を受賞し、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』で主人公の妹・永浦未知役で脚光を浴びるなど、18才にして目覚ましい躍進を遂げる蒔田彩珠。神使の兎・シロ役には『エヴァンゲリヲン 新劇場版』の真希波・マリ・イラストリアス役、『⻤滅の刃』の珠世役ほか数々の名演で不動の支持を得る坂本真綾。⻤の少年・夜叉役には『千と千尋の神隠し』のハク役、『聲の形』石田将也役など時代を超えて愛される名キャラクターを演じる入野自由。カンナが目指す出雲の治める神・大国主(大黒天)を演じる声優の神谷明。カンナの幼少期に新津ちせ、同級生のアキに永瀬莉子。さらには、松江に奉られる神・事代主(恵比寿天)役に『名探偵コナン』の目暮警部や、『サザエさん』の波平役などの国民的キャラクターを演じる茶風林、長野・諏訪の龍神役には『名探偵コナン』小嶋元太/高木刑事役、『GTO』鬼塚英吉役をはじめ近年は俳優としても大河ドラマ・朝ドラなどで活躍する高木渉を迎えるなど、“人々には俳優、神々には声優”の豪華キャストがご縁によって集結した。

この度、解禁するポスターは、神域へと誘われて東京から出雲へと駆け出した主人公・カンナらが長野・諏訪の巨大な龍神と遭遇するスケール感溢れるビジュアルとなっている。上空に差し込む光の中に望む社や、そこに向けダイナミックに飛翔している龍の姿が神々しい!神使の兎・シロや、鬼の少年・夜叉と馳せるカンナの真剣な眼差しには待ち受ける旅の緊迫感を感じられ、映画の公開を期待せずにはいられない!また、ポスターには、「諏訪・龍神Ver.」とあわせ、すでに解禁されている「出雲・稲佐の浜Ver.」も並び、双方ともに本作で描かれる厳かで神秘的なロケーションの魅力を漂わせている。

<ストーリー>
母を亡くし、大好きだった“走ること”と向き合えなくなった少女カンナ。そんな彼女のもとに一羽の兎(シロ)と一人の少年(夜叉)が現れ、出雲への旅にいざなう。廻りはじめる歯車。人々と神々の境界をまたぎ、駆ける少女の旅がはじまる。

映画『神在月のこども』その島国の根に在る場所へ。駆ける少女のものがたり【ポスタービジュアル公開】 映画『神在月のこども』

出演:蒔田彩珠 坂本真綾 入野自由 新津ちせ 永瀬莉子 高木渉 茶風林 神谷明
原作・コミュニケーション監督:四戸俊成/アニメーション監督:白井孝奈
脚本:三宅隆太、瀧田哲郎、四戸俊成
キャラクターデザイン・総作画監督:佐川遥/神様デザイン:小田裕康
色彩設計:垣田由紀子/美術監督:佐藤豪志/撮影監督:髙津純平/音響監督:岩浪美和
クリエーション監督:坂本一也/絵コンテ:白井孝奈、坂本一也、望月智充
統括プロデューサー:オシア ウコ/プロデューサー・ロケーション監督:三島鉄兵/プロデューサー吉田佳弘プロダクションマネージャー:里見哲郎/スーパーバイザー:諏訪道彦

主題歌:『神無-KANNA-』miwa

企画:クリティカ・ユニバーサル/製作:「神在月のこども」製作御縁会
制作:ライデンフィルム/音楽:ソニー・ミュージックレーベルズ
宣伝:パジー・エンタテインメント/配給:イオンエンターテイメント
公式サイト:http://kamiari-kodomo.jp/
2021年 秋 公開

©2021 映画「神在月のこども」製作御縁会/『神在月のこども』