今泉力哉監督が窪美澄の短編集から自ら映画化を希望した映画『かそけきサンカヨウ』。家庭環境のせいで早く大人にならざるを得なかった高校生・陽の葛藤と成長が、同級生・陸との“恋まではたどり着かないような淡い恋愛感情”を交えて描かれている。

今泉監督は『愛がなんだ』のヒット以降、『アイネクライネナハトムジーク』、『mellow』、『his』と作品に流れる空気感やリアリティが高い評価を受けており、今年は『あの頃。』『街の上で』と既に2本も作品が公開されている。

日曜劇場「ドラゴン桜」で文系トップの秀才女子高生役を演じ話題となった志田彩良が主人公・国木田陽を演じ、陽をやさしく見守る父親・直を井浦新、陸を「ドラゴン桜」でも志田と共演した鈴鹿央士が演じている。

公開された予告映像では、主人公の陽が「自分史上一番古い記憶って何か覚えてる?」という同級生の陸との会話をきっかけに、母親と過ごした幼い頃の記憶を思い出すシーンから始まる。父親や新しい母親、友人たち、それぞれが胸の内に悩みや想いを抱えながら、周囲との関係性を築き上げ「淡く強く大人になる」陽の様子が、崎山蒼志が書き下ろした主題歌「幽けき」(読み方:かそけき)にのせて、切り取られている。

映画『かそけきサンカヨウ』 崎山蒼志が書き下ろした主題歌にのせた予告映像が公開

映画『かそけきサンカヨウ』は10月15日(金)よりテアトル新宿ほか全国公開。

作品情報 映画『かそけきサンカヨウ』 崎山蒼志が書き下ろした主題歌にのせた予告映像が公開 映画『かそけきサンカヨウ』

高校生の陽(志田彩良)は、幼い頃に母・佐千代(石田ひかり)が家を出て、父・直(井浦新)とふたり暮らしをしていたが、ふたり暮らしは終わりを告げ、父の再婚相手である美子(菊池亜希子)とその連れ子の4歳のひなたと4人家族の新たな暮らしが始まった。そんな新しい暮らしへの戸惑いを、陽と同じ美術部に所属する陸(鈴鹿央士)に打ち明ける。実の母・佐千代への想いを募らせていた陽は、絵描きである佐千代の個展に陸と一緒に行く約束をする。

監督:今泉力哉

原作:窪美澄『水やりはいつも深夜だけど』(角川文庫刊)所収「かそけきサンカヨウ」

出演:志田彩良 / 井浦 新、鈴鹿央士 ほか

配給:イオンエンターテイメント

©2020 映画「かそけきサンカヨウ」製作委員会

10月15日(金) テアトル新宿ほか全国公開

公式サイト kasokeki-movie.com