年齢制限が無く、性別、ジャンル、職業も関係なく作品を応募できる短編映画制作プロジェクト「MIRRORLIAR FILMS(ミラーライアーフィルムズ)」のSeason1が遂に完成。当初からのメジャーとインディーズを融合するという言葉通り、武正晴監督や山下敦弘監督の他にも若手監督や応募作品の中から選ばれたクリエイター陣が名を連ねています。その中に、監督初挑戦となる俳優の二人の名前が。ひとりは安藤政信さんであり、もう一人は三吉彩花さんです。近年では『犬鳴村』や『Daughters』などに出演する女優でありモデルの三吉監督が生み出す「変化」をテーマにした短編『inside you』の撮影秘話はもちろん、新たな挑戦を続ける三吉彩花さんが才能をどうやって開花させているのかを探るインタビューです。

女優・モデルの三吉彩花が語る、初監督作品 短編映画『inside you』で目指した作品作りの想い

―― 『Daughters』(公開:2020年)でご一緒したand picturesプロデューサー伊藤主税さんより「【変化】をテーマにした映画を撮って欲しい」とオファーを受けた時、どのように映画を組み立てていこうと思われたのですか。

今回の私の作品『inside you』は最初にキーワードをいくつか文字に起こして、そのキーワードを使った脚本を募集という形で色々な方に書いて頂いたんです。その中から何人かにお会いして、「何故、この脚本を書いたのか」や、その方の人柄などを聞きながらお話をしたんです。その中から今回は相羽咲良さんにお願いしました。まず脚本自体が凄く素敵で、自分の中にスッと入って来たからで“どうしてこの脚本を書いたのか”が凄く気になったんです。実際お会いした相羽さんから出て来る言葉や質問に対する答えが、私が想像していた視点とは全然違う物の捉え方で、それが凄く美しい感性だったんです。その感性を日常的に持っているという部分に惹かれて決めました。

――短編でありつつも、主人公が少女から女性になる過程を感じました。本来の自分の目標を見つける瞬間“女の子はフワッと花が開くような感じになるのかも”と思いました。撮影していく中で“ここはこうしたい”と思ったことはありますか。

どちらかと言うと今回は撮影していくうちに出て来たというよりも、撮るまでに自分の頭の中で映像化されていて、それをしっかりリアルに描きながらちゃんとした作品にしていくことを考えて撮影していました。それに撮影では本当に偶然のような必然のような場面がいくつかあり、天候にも恵まれました。2日間の撮影でしたが凄く特別な2日間でした。

――映画を撮るにあたって意識した点、大事にしたところを教えて下さい。

私は海外の作品を観る時に、登場人物の部屋や、登場人物がその生活にどのくらい馴染んでいるのか、そこでどんな心情になるのかを凄く考えて観てしまうんです。歯ブラシの色、煙草の銘柄、パジャマの形など、どれ一つとっても気になってしまいます。だからこそ、この映画でもアイテムやカメラ一つをとっても、思い描く形に近づけられるように色々と皆で調べてこだわって決めました(笑)。

女優・モデルの三吉彩花が語る、初監督作品 短編映画『inside you』で目指した作品作りの想い

――カメラのシャッターを押すとそれが銃のようになって赤がパーンと広がるシーンがあります。あの演出、発想はどこから思い浮かんだのですか。

感情を表現するのに“あまり台詞は入れたくない”と思っていたんです。自分の中で何かしらの変化があって、それが爆発する時にどういう感じが美しくて、かつ非現実的過ぎなくて、わかりやすく届く表現は?と考えたところ、あのシーンに辿り着きました。もちろん、スタッフの方達とも意見交換して最終的にあの形に落とし込めた感じです。

――画が“ヨーロッパ映画っぽい”という印象を受けました。普段からヨーロッパのアートや映画を見られたりしているのですか。

ドイツ映画が好きなんです。やっぱり色味が全然違います。もちろん、街並みなどそもそも持っている景色が素敵に映るというのもあると思いますが、どちらかと言うと寒色系というか、ちょっとどんより青っぽい感じが凄く好きで、その中でもちゃんと被写体の服の色とか登場する物の色とかが良い具合に背景とマッチしていて凄く素敵に映るんです。そんなところも含め「やっぱり、ドイツ映画って素敵だな」と思っています。フランス映画も好きですが、最近はドイツ映画をよく観ています。

――だから主人公を演じた山口まゆさんが路地を歩く後ろ姿が日本の路地らしくないと思えたほどです。白いワンピースも映えていたところは、全てのバランスを考えてのことですね。

そうですね。ロケーションも私は全然詳しくないので、皆さんに教えて頂いた場所を実際に見に行って決めていきました。

女優・モデルの三吉彩花が語る、初監督作品 短編映画『inside you』で目指した作品作りの想い

――最近見たおすすめのドイツの作品はなんですか。

Netflixオリジナルドラマ『DARK ダーク』というホラー作品がお気に入りです。色味も暗いですし、ホラー作品というのもありますが、音楽が印象的で「変だな、不気味だな」と思いました。観客を休める隙が無い、視覚で驚くシーンが無くても急に聴覚から音楽で意識を集中させる要素が沢山あるんです。

後はこれもNetflixで観たのですが2020年に製作された『イントゥ・ザ・ビート〜心のままに踊れ〜』というバレリーナとヒップホップダンサーを描いた映画も最高でした。私は元々、ダンス映画が好きなので「イェーイ」という感じで観ていました(笑)。2人はプロのダンサーで役者さんというわけではないのですがとても素敵でした。

――だから本作にもバレリーナが出てくるんですね。これまで役者やファッションモデルなど様々な体験をされていますが、自分自身が「変化」したタイミングの作品や出会いなどがあれば教えて下さい。

20歳の時に出した全編インドで撮影したファースト写真集「わたし」です。よく「インドに呼ばれる」と言いますけど、たまたま編集の方に「インドとか合いそうだね」と言われたんです。そこから急にインドに凄く行きたくなって「インドしかない」と思って行きました(笑)20歳ながらに感じる事はいっぱいあって、あの時は自分をさらけ出して浄化されたような気持になりました。一回、マインドがリセットされた感じです。それが一番大きかったと思います。

――世界を見ると感覚が変わりますか。

変わります。国や接する人によってももちろん違いますが、変わりますね。

――インドに行かれてどう変わったのですか。

私はどちらかと言うと何処にでも踏み込んでいくタイプなんです。「怖いな」と思うことがあまりないので、海外でも気にせずグイグイと行っちゃうんです(笑)それでもインドに行く前は“インドには色々な問題もあるし、大丈夫かな?”と心配していました。実際にインドに行って私が接した現地の方々は、もの凄くピュアな方が多かったです。最初は、急にアジア人がやって来たからか、町を歩いていても凄く見られて「怖い」と思い、悪いことしていないのに悪いことをした気分になるというか、そんな感情になったことを覚えています。現地の人も様子を伺っていただけで、こちらが心の扉を開いて話してみたら入って来てくれる、凄く優しい人達ばかりでした。

あと景色ですね、私の目にはインドの景色が凄く素敵に映りました。ガンジス川にも行きましたが不思議な感じでした。これまでも色々な海外に行っては日本とは違う空の印象を感じていましたが、インドは特に空が高い、遠いと感じました。凄く大きな球体に小さな自分がポツンと居るような感覚を実感して、ガンジス川で号泣してしまいました。そこで流した涙と一緒に流されていったものもあるし、その時自分が悩んでいたり、考えていたことがとても小さなもののように感じられました。

不思議ですよね、ガンジス川には毎日多くの人が訪れ、沐浴や洗濯をしたり、子供たちがパシャパシャと泳いだりと一見楽しそうに見えるんです。でもその奥は火葬場になっていて亡くなった方を火葬して、その遺灰をガンジス川に流しているという、ガンジス川には生死の境がないんですよね。本当に見たことがない不思議な光景でした。その光景を20歳の時に見たことは、自分にとってとても意味のあることだったと思っています。

女優・モデルの三吉彩花が語る、初監督作品 短編映画『inside you』で目指した作品作りの想い

――お話を聞いてインドに行きたくなりました。三吉さんが最近演じられている役がとても好きで、『十二単衣を着た悪魔』(公開:2020年)の弘徽殿女御は思ったことを臆せずに口にする女性であり、『Daughters』(公開:2020年)の堤小春は、シングルマザーになる友人を支えようとする女性でした。今までの理想の女性像とは違う、これからの女性達の背中を押すような役を演じられているように思いました。

自分が役を通して説得力のあるメッセージを伝えたいという気持ちは常にあります。特に弘徽殿女御は女性が家の中に入るのではなく、自分が立ちあがって戦っていくという強い女性の役でした。人によって大きかったり小さかったりすると思いますが、弘徽殿女御と同じような感情になったり、そんな経験をしたことがあると思います。どの作品においても、私が演じる役を通して“自分だったら、自分の人生だったらこんな感じかな”とか、自分のターニングポイントに「この映画を観て見よう」と思ってもらえたら嬉しいなと思っています。

――今後「撮ってみたい、出演してみたい」と思う、興味のあるテーマは何ですか。

今回、作品作りという、思いを一つの形に出来たことで自分の中でも見えて来たものがありました。監督初挑戦を経験したことで一つ整理されて、また次に自分が表現する時にどのような形でどういう表現をしていきたいのか、という考えが少し明確になって、幅が広がったように思います。もちろん演技やモデルを通しても、違う表現方法などで何かを伝えられればいいなとも思っています。

――「やりたくても出来ない」と躊躇してしまう、行動を起こせない人達に声をかけるとしたらどう話しますか。

もちろん【勇気を出す】ということは凄く大事なことだと思います。やりたいことがいつ来てもいいように勉強(準備)するのは大事だと思いますが、その人その人のタイミングが絶対にあります。タイミングは必ずしも同じタイミングではないので人と自分を比べて焦りを感じる必要はないと、自分も経験してそう思いました。

確かに同世代の女優さんやモデルさんがどんどん活躍の場を広げているのを見ると「ヤバい、どうしよう。あんな役がやれていいな」というようなジェラシーを感じた時期もありました。でもタイミングは必ずやって来るので、周りを気にし過ぎて自分を見失ってしまうのではなく、自分と向き合い続けてちゃんと自分のタイミングを見つけた方がいいと思います。

女優・モデルの三吉彩花が語る、初監督作品 短編映画『inside you』で目指した作品作りの想い

9人の監督による9通りの「変化」をテーマにした短編の中で、三吉彩花監督が映し出した『inside you』は、オーディションで選ばれた山口まゆさんを主演に迎え、やりたいことを見失った少女が、バレリーナと出会うことで自分の核となる熱い感情を呼び戻される姿をリリカルに描いていました。モデルでもある三吉監督ならではの衣装へのこだわりや美しく印象的な色彩ひとつに、主人公の心が反映されています。まさに視覚で感情を味わう映画体験。是非、暗がりの映画館で感性を研ぎ澄まして堪能して下さい。

文 / 伊藤さとり
写真 / 奥野和彦

ヘアメイク / 牧野裕大
スタイリスト / 岡本純子
撮影協力 / Fogg Inc.

作品情報 女優・モデルの三吉彩花が語る、初監督作品 短編映画『inside you』で目指した作品作りの想い 映画『MIRRORLIAR FILMS Season1』

「だれでも映画を撮れる時代の幕が開く」
《MIRRORLIAR FILMS(ミラーライアーフィルムズ)》はクリエイターの発掘・育成を目的に、映画製作のきっかけや魅力を届けるために生まれた短編映画制作プロジェクト。年齢や性別、職業やジャンルに関係なく、メジャーとインディーズが融合した、自由で新しい映画製作に挑戦。“変化”をテーマとした36名の監督による短編映画を4シーズンに渡りオムニバス形式で公開。初監督多数、俳優、漫画家、ミュージシャンらが参加し、一般公募枠の12作品は、419作品の応募から選抜された。映画祭の開催ほか、多様な作品を多様な形で国内外に届けていく。

監督:安藤政信、枝優花、武正晴、⻄遼太郎、花⽥陵、針⽣悠伺、藤原知之、三吉彩花、⼭下敦弘

出演:安藤政信、飯島望未、宇野祥平、奥村⼼結、春⽇潤也、河井⻘葉、⽊村多江、友近、永井理⼦、仁村紗和、本⽥響⽮、⽔澤紳吾、森川葵、⼭⼝まゆ、⼭⽥孝之、⼭中蓮名、⼭本浩司、⼭本剛史、横⽥真悠、吉⽥美⽉喜、渡辺⼤知、渡辺哲

配給:イオンエンターテイメント

©2021 MIRRORLIAR FILMS PROJECT

2021年9⽉17⽇(金) 全国順次公開

公式サイト films.mirrorliar.com