『TRICK』『SPEC』に続くシリーズ物の誕生を予感させる堤幸彦監督最新作、Huluオリジナル『死神さん』。田中圭が演じる再捜査専門の刑事・儀藤堅忍が、連絡係(パシリ?)の警察官・メイ(前田敦子)の協力を得ながら、埋もれた冤罪事件の真相を追いかけていく。1話ごとに新たな相棒とコンビを組む設定も奇妙なら、全キャラクターのクセの強さも、過去作以上。14年ぶりの田中圭との仕事から、前田敦子の魅力、さらに地上波ドラマと配信ドラマの違い、その可能性を堤幸彦監督が語った。

誰も見たことがない田中圭を作りたい

――堤監督と田中圭さんが組まれるのは久々ですね。

堤 14年前に『包帯クラブ』という映画を一緒にやらせてもらったんですが、それ以降はほとんど接点がなかった。今の彼は本当にいろいろなタイプの作品に出ていますが、14年前に見た田中圭の純粋さと、ある意味機械のように正確な演技は今も変わっていないなと思いました。

――14年前の田中さんの印象はどのようなものでしたか?

堤 『包帯クラブ』では、女優さんを何人か決めるオーディションがあったんですが、圭くんに相手役をやってくれと言ったことがありました。最初は普通の役回りをやってもらったんだけど、オーディションは1日中やっているので、僕がだんだん飽きてきて(笑)。圭くんに次はちょっと渡部篤郎さんでやってみてとか、むちゃぶりを毎回その場でしたんです。彼は「へっ!?」って言いながらも瞬間的に、渡部さんのモノマネをやってくれた。それが本当に器用で面白くて。その印象がむちゃくちゃ強かったので、今回の『死神さん』でも、しゃべり方であるとか、瞬きもほとんどしないとか、他人の顔を見ないとか、そういうちょっと定石をはずした変人キャラみたいなものをリクエストしたんですが、それは僕の中では14年前のオーディションの続きなんですよね。とにかく誰も見たことのない田中圭を作りたいなというのは、原作や脚本を読みながら思っていたことですね。

ドラマ『死神さん』の田中圭は14年前のオーディションの続き !? 堤幸彦監督が語る前田敦子ら俳優たちに寄せる信頼と配信ドラマの可能性

――最近の田中さんしか知らない人だと、堤監督はなんてことをしてくれたんだと驚くような強烈なキャタクターですね。

堤 そうかもしれない(笑)。でも、僕の中では10数年かけて彼に抱いてきたイメージを、ごく自然に投影したら、ああなったんですよ。

――田中さんが演じた儀藤堅忍のようなクセの強いキャラクターは、どの段階で作り込まれるんですか?

堤 メインになるのは衣装合わせですね。帽子をかぶらせたいと思ったんだけど、帽子だけだと寂しい。帽子から毛がいっぱい出てる方が良い。じゃあズラだっていうことで、圭くんにカツラをかぶってもらって。それから顔の真ん中にでっかいホクロが欲しいねとか、入れ歯を入れようかとか、いろんなことを衣装合わせでやるんです。やり過ぎにならないようにしつつ、刑事コロンボみたいな同じコートを毎回着て、猫背にしようというのはその時にできましたね。あと「逃げ得は許しません」という決めポーズも、そのときに。いや、決めポーズはそのちょっと前かな。

ドラマ『死神さん』の田中圭は14年前のオーディションの続き !? 堤幸彦監督が語る前田敦子ら俳優たちに寄せる信頼と配信ドラマの可能性

――ということは、堤作品では衣装合わせによって作品の大きな方向性が決まるということですか?

堤 衣装合わせはすごく大きいです。それはもう過去の『TRICK』から『SPEC』から、全部衣装合わせで出来ていますね。『死神さん』で圭くんが帽子を脱がないのも衣装合わせで決めました。あれは脱いじゃだめなんです。そこに最大の秘密がある(笑)。

――田中さんのセリフはかなり多いですが、現場でアドリブを加えることはあるんですか?

堤 彼の場合はセリフを正確無比に憶えてきます。だからというわけではありませんが、アドリブは今回はそんなになかったですね。というのは、撮影している段階と配信時期にだいぶ間が空くので。これがウィークリーのテレビドラマだったら、例えば裏番組で来週何をやっているかも分かる。「何度目だナウシカ」ってアドリブを入れることも出来る(笑)。配信や映画もそうですが、撮ってから1年ぐらい寝かすものに関しては、ヴィヴィッドな小ネタはあまり使わないですね。

打てば響く最終兵器・前田敦子

――儀藤に協力する連絡係・南川メイを演じるのが前田敦子さん。堤作品に登場する前田さんは、『イニシエーション・ラブ』をはじめ、他にはない可愛さと弾けた演技で楽しませてくれますね。

堤 『フライングゲット』というAKB48のPVの時に、ちょっとしたお芝居をやってもらったのですが、意志が強い女を演じると凄いというのはその時から見えていました。特に『イニシエーション・ラブ』は、男が一番ビビる部分を演ってもらいましたが、これは最大の最終兵器だなと彼女を見るたびにいつも思っていて。特に今回は・・・これは言っちゃだめなのか。とにかく面白い存在なんですよ(笑)。

――急にドスの効いた声を出したり、前田さんは次の瞬間にどんな顔と声を見せてくれるか予想がつかないところが良いですね。

堤 いやあ、もう助かっていますよ。彼女も、演出家がむちゃぶりしてくる意味みたいなものをきちんと汲み取ってくれますからね。当意即妙、打てば響く。コントをたくさんやってきたことがあるような、あるいは小劇場でずっと実験的なものを作り出していたんじゃないかと思えるぐらいですね。

ドラマ『死神さん』の田中圭は14年前のオーディションの続き !? 堤幸彦監督が語る前田敦子ら俳優たちに寄せる信頼と配信ドラマの可能性

――では、田中さんと前田さんのシーンは全幅の信頼をおいて演出できたのでは?

堤 その場で「これはこうしましょう」と言うと、2人とも、あーはいはいと直ぐ分かってくれる。それは支えてくれる周りの皆さん、小手伸也さんにしろ蓮佛美沙子さんにしろ、もう本当に勘のいい皆さんなのでめちゃくちゃ面白かったです。

――小手さんとは初めてですね。とても、そうは思えないほど堤ワールドになじんでおられましたが。

堤 初めてお会いしたんですが、演っていただいてよかったと思いました。思っていたとおりの慌てっぷりを演じてくれましたね。あれは日本の刑事ドラマでは絶対に必要な芝居ですから(笑)。

――蓮佛さんも堤作品は『エイトレンジャー』以来、久しぶりの参加ですね。

堤 怒鳴りっぷりが気持ちいいんですよね。ちょっと下町感のあるドスがとても良い。それが本当に怖いわけではなくて、非常に良い人なんだけど強いっていうね。

――監督の作品に出る女優さんは、優しい声もドスが効いた声も全部出来ないとこなせませんね。

堤 怒ってなんぼですから(笑)。

ドラマ『死神さん』の田中圭は14年前のオーディションの続き !? 堤幸彦監督が語る前田敦子ら俳優たちに寄せる信頼と配信ドラマの可能性

コロナと共に生きていく術

――昨年はコロナの影響で、堤監督も撮影中の作品が長期にわたって中断する事態にも見舞われましたが、その中でも精力的に舞台、映画、配信ドラマを手がけられていました。かなりお忙しかったのでは?

堤 いや、そうでもないですね。去年5月に大怪我して入院しまして。その時はZoomで演劇を作るっていうのが結構流行っていて、何作か関わらせていただいた。それ以降は『ファーストラヴ』とか『望み』の編集、ダビング作業をしていましたが、往時の忙しさから比べれば・・・。この先どうなっちゃうのかという不安感みたいなものは、ずっとありますね。

――そうした時期だからでしょうか、自主制作で映画も撮られましたね。

堤 役者の仲間が資金を集めて作った『truth〜姦しき弔いの果て〜』(2022年公開)という私の50本目の映画です。仲間数人でたった2日で撮ったものですが、ローマの映画賞(ローマ インターナショナルムービーアワード)で最優秀作品賞をもらったりして、怪我の功名ではありませんが、この時代だからこそ出来ることがまだまだいっぱいあるんだなと思いました。厳しい時代ではありますけれど、しかし、だからこそ頑張るぞというのはありますね。対策をしっかりして面白いものを作っていくと。

――その意味では、コロナ禍での撮影ノウハウも蓄積されたのでは?

堤 そうですね。どうすれば撮れるかというツボは得てきたつもりです。こないだ伊豆大島で生島翔くんという、生島ヒロシさんの次男とダンスムービー(『Trinity』)を撮ったんですが、それはまさにツボを得た中でのアグレッシブっていうか、めちゃくちゃ過激なものが撮れたと思っていて。まあ通常、撮影って密なので、どうすればそれを避けられるかというと、広い所に行けばいい(笑)。そういう意味では、時代とともに生きていく術みたいなものはだいぶ学んでいきました。

ドラマ『死神さん』の田中圭は14年前のオーディションの続き !? 堤幸彦監督が語る前田敦子ら俳優たちに寄せる信頼と配信ドラマの可能性

配信ドラマの可能性

――『死神さん』はHuluから全6話で配信されますが、地上波では1クール全10~11回という作りが多い中で、6話という回数は作り方に変化がありますか?

堤 やっぱり何らかの結末を6話で出していくためには、急に「あれ、もう終わり?」っていう感じにならないように、少しずつ前振りが必要だと思いましたし、それは演技の中にも表れてくる部分もあるしあえて見せない部分もある。6本並べてみると、キャストの皆さんや私以外の監督の頑張りもあって、通常の連ドラ6話分をはるかに上回る相当面白い作品群になっているんじゃないかと思います。

ドラマ『死神さん』の田中圭は14年前のオーディションの続き !? 堤幸彦監督が語る前田敦子ら俳優たちに寄せる信頼と配信ドラマの可能性

――今回、堤監督は壱・弐話と最終話を担当されていますが、他のエピソードの監督に撮り方を指示されることはあるんですか?

堤 一切ございません。必要なら見に来てくださいと言うぐらいで、僕のタッチみたいなものは、みんな分かっていますし、逆にそのタッチを出さないというやり方もある。昔、僕が日テレで大きな連ドラを初めて手がけさせてもらったときは、5話からやったんですが、本当に生意気だったので、4話までの現場には1回も行ってない(笑)。いきなり5話の現場で「すいませーん、今日から入ります」って好き勝手にやったら、チーフ監督にものすごく怒られたことがあるんです。リズムもタッチも全然違うと。でも、僕はそれでいいんじゃないかなって思うので。もちろん、連続性が必要な作品もあるから、そういう作品では御法度だけれど、『死神さん』みたいな各話ごとに完結している場合は、指名された監督は自分の持てる技を出し切ればいいわけであって、他人に遠慮する必要はないので。僕は各話とも面白く見させてもらいましたね。

――お話を聞いていると、配信ドラマというフォーマットは堤監督にフィットするメディアなのでは?

堤 大変ですけどね。スマホ、大きいモニター、小さいモニター、あるいはパソコン画面、下手すれば劇場クラスの再生環境でも見られるわけですから、そういったもの全てにちゃんと対応できる作品作りというのはなかなか難しいです。テレビドラマならテレビという形で限定して作っているわけですし、映画ならスクリーンサイズを意識して作るわけですが。配信は、どんな環境で見るかを、こちらが限定できない物作りなので。それは撮影の時の微妙な人物の配置や、このセリフではこういう映像を撮るんだよというカットワークにも関わってくるし、音の作り方にも関わってくる。かつてテレビドラマから映画に移行していったときは、僕はそんなことをほとんど考えなかったし、気にしなかった。ドラマも映画も同じだよと。だからドラマシリーズを映画にできるんだよって、ずっと思っていました。それはある種、傲慢な考え方だったわけですけど、配信は配信なりの気の使い方っていうのがあって、それはすごく意識していますね。

――6話で終わってしまうのが惜しくなってしまうので、ぜひ続きを見たいですね。

堤 皆さんのご支持をいただければいつでもやらせていただきたいと思っていますし、この先も出来るならもっと広げて面白く出来るなと思います。続きがあるなら、圭くんの帽子が風で脱げてしまって、カメラは足元だけを映してるというのをやりたいですね。そこには妙な影だけが映っている(笑)。

ドラマ『死神さん』の田中圭は14年前のオーディションの続き !? 堤幸彦監督が語る前田敦子ら俳優たちに寄せる信頼と配信ドラマの可能性

取材・構成 / 吉田伊知郎
撮影 / 江藤海彦

プロフィール堤幸彦(つつみ・ゆきひこ)

映画監督 / 演出家

1955年11月3日生まれ。愛知県出身。
1988年にオムニバス映画『バカヤロー! 私、怒ってます』の一編で映画監督デビュー。演出家、映画監督として「金田一少年の事件簿」「ケイゾク」「TRICK」「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」シリーズなど大ヒットドラマや映画を多数輩出。主な映画監督作に『20世紀少年』3部作、『悼む人』、近年には『イニシエーション・ラブ』(2015)、『人魚の眠る家』(2018)、『十二人の死にたい子どもたち』(2019)、『ファーストラヴ』(2021)など。ドラマ「SICK’S」3部作の新シリーズ「覇乃抄」が2019年春にParaviで配信予定。

作品情報 ドラマ『死神さん』の田中圭は14年前のオーディションの続き !? 堤幸彦監督が語る前田敦子ら俳優たちに寄せる信頼と配信ドラマの可能性 Huluオリジナル『死神さん』

被疑者の無罪が確定した冤罪事件の再捜査を専門にする警視庁の警部補・儀藤堅忍。彼の仕事は、逃げた真犯人と事件の真相をあぶり出すと同時に、警察組織の失態も暴き出すことにほかならない。ゆえに、彼の相棒となる者は組織から疎まれ、出世の道も閉ざされる。そんな儀藤に付けられたあだ名は…「死神」!この破天荒な一匹狼のダークヒーロー=儀藤が、連絡係として様々な手配を請け負う警察官・南川メイの協力のもと、毎回異なる“気の合わない相棒”を連れ回しながら、さまざまな冤罪事件の真犯人と真相を解明。証言と証拠を一から、執拗なまでに洗い直し、“事件の見え方”と“相棒たちの心”を180度ひっくり返していく。そんな儀藤にやがて、警察を挑発し続ける謎の架空テロ犯・エンジェル伊藤の魔の手が忍び寄り…!?

演出:堤幸彦(第壱話・第弐話・最終話)、藤原知之(第参話・第肆話)、稲留武(第伍話)

原作:大倉崇裕『死神さん』(幻冬舎文庫)

出演:田中圭、前田敦子/ゲスト:小手伸也、蓮佛美沙子、りんたろー。、長谷川京子、竹中直人 ほか

©HJホールディングス

Huluで毎週金曜1エピソードずつ配信中(全6話)各話約50分

公式サイト  hulu.jp/static/shinigamisan