『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』で知られるドキュメンタリー界の生ける伝説、フレデリック・ワイズマン監督。その最新作は、米マサチューセッツ州ボストンの市役所を撮影した映画『ボストン市庁舎』。

ワイズマンが生まれ、現在も暮らす街ボストンは、多様な人種・文化が共存する大都会。映し出されるのは、警察、消防、保険衛生、高齢者支援、出生、結婚、死亡記録など、数百種類ものサービスを提供する市役所の仕事の舞台裏。そして、マーティン・ウォルシュ市長をはじめ、真摯に問題に対峙し奮闘する職員たちの姿だ。「人々が共に幸せに暮らしていくために、なぜ行政が必要なのか」を紐解いていく。

巨匠フレデリック・ワイズマン監督最新作 映画『ボストン市庁舎』

公開された予告映像では、ボストン市民の幸せのため、懸命に多種多様な仕事をする市長や市役所職員たちの姿が映し出されている。フードバンクや同性カップルの結婚式、NAACP(全米国人地位向上協会)との話し合いや看護師の支援、野良犬のクレームに至るまで、次々と寄せられる市民からの電話への対応…そこには、“誰一人取り残さない政治をしたい”という市長らの気概が確かに存在している。

2018年秋から2019年冬にかけてのトランプ大統領在任時期に撮影された本作は、トランプ政権下でいかにアメリカ民主主義を守るかと言うボストン市庁舎の挑戦の記録でもある。しかし、トランプがいなくなっても、コロナ禍で新たな分断が生まれている今日、日本に暮らす私たちにも無縁ではない。

カイエ・デュ・シネマの2020年ベスト1をはじめ、世界も絶賛する仕上がりとなっている映画『ボストン市庁舎』は11月12日(金)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ他全国順次公開。

作品情報 巨匠フレデリック・ワイズマン監督最新作 映画『ボストン市庁舎』 映画『ボストン市庁舎』

『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』で知られるドキュメンタリー界の⽣ける伝説、フレデリック・ワイズマン監督が、⽶マサチューセッツ州ボストンの市役所を撮影した最新作。映し出されるのは、警察、消防、保険衛⽣、⾼齢者⽀援、出⽣、結婚、死亡記録など、数百種類ものサービスを提供する市役所の仕事の舞台裏。そして、マーティン・ウォルシュ市⻑をはじめ、真摯に問題に対峙し奮闘する職員たちの姿だ。「⼈々が共に幸せに暮らしていくために、なぜ⾏政が必要なのか」を”市⺠のために働く市役所”を通して紐解いていく。

監督・製作・編集・録音:フレデリック・ワイズマン

配給:ミモザフィルムズ、ムヴィオラ

© 2020 Puritan Films, LLC – All Rights Reserved

2021年11月12日(金)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ他全国順次公開

公式サイト cityhall-movie.com