全世界に衝撃と感動を巻き起こした『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)を始め、破格のメガヒットを続出しエンターテイメント史を塗り替えてきたマーベル・スタジオが2021年MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)を本格的に再始動。『ブラック・ウィドウ』、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』と全世界で大ヒットを記録した話題作を続々と公開した。そしてついに「アベンジャーズ」をも超える新たな伝説となる超大作映画『エターナルズ』が11月5日(金)に劇場公開される。

様々な脅威に対抗してきたアイアンマンやキャプテン・アメリカら最強のヒーローチーム〈アベンジャーズ〉に次ぐ、新たなヒーローチーム〈エターナルズ〉は地球上に存在するすべてを超越した存在。7000年もの間、人類を静かに見守り、文明の進化を陰で支えてきた10人の守護者。今はそれぞれが世界各地で現代社会の中で静かに暮らしてるが『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後、〈アベンジャーズ〉がいなくなった地球に、あの最凶最悪の敵・サノスをも超える宇宙的規模の脅威が人類に迫る。

この壮大スケールで描かれる物語のキャストには、10年ぶりのアクション映画に出演するアンジェリーナ・ジョリーに加え、『クレイジー・リッチ!』(18)のジェンマ・チャン、「ゲーム・オブ・スローンズ」のリチャード・マッデンとキット・ハリントン。『新感染 ファイナル・エクスプレス』(16)などのマ・ドンソクら豪華キャストが集結。

この度、謎に包まれた最強チーム〈エターナルズ〉の詳細が明らかになった。併せて、主要キャラクターの日本版吹替えに超豪華声優陣が参加することが決定した。

クロエ・ジャオ監督によるMCU最新作 映画『エターナルズ』主要キャラクター詳細&日本版声優陣が公開

セルシ(ジェンマ・チャン)
: 恒松あゆみ(「機動戦士ガンダム00」のマリナ・イスマイール役など)
チームをまとめる中心メンバー。現在は博物館で働きながら、人間の男性デインと交際中。しかし、かつての恋人イカリスの事を何世紀も愛し続けている。感情を持たない物質を別のもの変換する能力を持つ。

イカリス(リチャード・マッデン)
: 川田紳司(「ゲーム・オブ・スローンズ」のロブ・スターク役など)
高潔でカリスマ性をもち、任務に対する責任感も強い最強の戦士。その責任感ゆえにチームと衝突する事も。かつてセルシとは恋人同士だった。地球に迫った脅威を止めるため〈エターナルズ〉を結束させようとするが…

セナ(アンジェリーナ・ジョリー)
: 深見梨加(『マレフィセント』のマレフィセント役など)
チームで最も危険な女戦士。テレパシー能力や、自分の頭に浮かんだどんな武器であっても、生み出すことのできる能力を持つ。誰よりも戦う事を愛する彼女は、不愛想で他者に心を開かない。

エイジャック(サルマ・ハエック)
: 戸田恵子(「それいけ!アンパンマン」のアンパンマン役など)
太古の時代から現代まで常に地球と人類を見守り、彼らが無事に暮らせるように活動してきた。〈エターナルズ〉導いてきた精神的なリーダーでセルシ、イカリス、スプライトにチームの再集結を命じる。癒しの能力を持つ。

キンゴ(クメイル・ナンジアニ)
: 杉田智和(「銀魂」の坂田銀時役など)
最も陽気な性格を持つメンバー。地球で人間たちに紛れ人知れず暮らすことを求められているが、何世紀にも渡って目立ちたい、有名になりたいという願いを抱き、現在はインドで“ボリウッド”で大スターとして活躍中。

スプライト(リア・マクヒュー)
: 金子睦(『ストレンジャー・シングス未知の世界』のマックス・メイフィールド役など)
見た目は12 歳の少女。本物のような幻影を生み出す能力をもつ。当然その容姿よりも強くて賢いが、数千年にもわたって人類から子ども扱いされることが不満。

ファストス(ブライアン・タイリー・ヘンリー)
: 後藤光祐(「ゲーム・オブ・スローンズ」のトアマンド役など)
チームの頭脳を担うメンバーで平穏な暮らしを望む。発明の才能に恵まれ、素材さえあれば、想像するものは何でも作り出すことができる。数千年にもわたって人類のテクノロジーや技術の進化をそっと後押ししてきた。

マッカリ(ローレン・リドロフ)
: 日本版声優無し
宇宙最速のスピードを誇る。何世紀にもわたって地球の隅々まで探査しつくしている。地球の知識はチーム随一。地球にとどまりながらも、他の惑星をさらに探査したいという夢を抱き続けている。

ドルイグ(バリー・コーガン)
: 内山昂輝(「機動戦士ガンダムUC」のバナージ・リンクス役など)
人の心をコントロールすることができる能力をもつ。人里離れたアマゾンで暮らし、数千年に渡りほかのメンバーとの交流も避けている一匹狼。〈エターナルズ〉と人類の交わり方についても大きな疑問を抱いている。

ギルガメッシュ(マ・ドンソク)
: 稲田徹(「僕のヒーローアカデミア」のエンデヴァー役など)
チームでもっとも力が強く、強力な戦士として活躍したかつて様々な戦いでの圧倒的な強さは、今も伝説として語られる。チームでもっとも心優しい彼は〈エターナルズ〉の良心的な存在で、セナの唯一の友人でもある。

デイン(キット・ハリントン)
: 花輪英司(「ゲーム・オブ・スローンズ」のジョン・スノウ役など)
ロンドンの自然博物館で働く人間の男性。セルシと恋人だが、彼女が〈エターナルズ〉であることも、彼女に数世紀に渡って愛し続ける元恋人がいること、そしてこの地球が残り7日間で滅亡することも知らない。

恒松はセルシについて「思っていたヒーロー像と全然違う!物理的な強さではなく、内に秘めた強さを持つ彼女の考え方には共感できる部分が多い」とコメント。イカリスを演じるリチャード・マッデンが出演した大ヒット海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」や『ロケットマン』などでも彼の吹替えを担当している川田は「興奮と共に強い責任を感じています。」と役柄とリンクするような責任感を感じているという。

キンゴを担当する杉田は「生きる事に必要な寛大さとユーモア、何より信頼を裏切らない事を作品から学びました。」とコメントし、セナを担当する深見は「いつもの強い女性とはひと味違う一面も演じられて新鮮でした。」、エイジャックを担当する戸田は「驚いたのは監督がクロエ・ジャオ監督、女性監督であること。」、ドルイグを担当する内山は「自分のベストが表現できた」など、それぞれMCU新作への参加に喜びをみせた。

メガホンを取るのは、『ノマドランド』(21)でアジア系女性として米アカデミー賞®にて初の監督賞を受賞した、今世界で最も注目されている監督のクロエ・ジャオ。日本のマンガをきっかけにかつては漫画家を志しており、日本文化をこよなく愛すことでも知られている。監督本人も本作に関し「監督として映画を作っているわけではない。ファンとして作っているの。」とコメントするほどマーベル愛に溢れている。

監督とスタッフ、豪華キャスト、そして豪華日本版声優陣による最強のヒーローチームを描いた映画『エターナルズ』は、11月5日(金)より全国公開。

作品情報 クロエ・ジャオ監督によるMCU最新作 映画『エターナルズ』主要キャラクター詳細&日本版声優陣が公開 映画『エターナルズ』

様々な脅威に対抗してきたアイアンマンやキャプテン・アメリカら最強のヒーローチーム〈アベンジャーズ〉に次ぐ、新たなヒーローチーム〈エターナルズ〉は地球上に存在するすべてを超越した存在。7000年もの間、人類を静かに見守り、文明の進化を陰で支えてきた10人の守護者。今はそれぞれが世界各地で現代社会の中で静かに暮らしてるが『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後、〈アベンジャーズ〉がいなくなった地球に、あの最凶最悪の敵・サノスをも超える宇宙的規模の脅威が人類に迫る。

監督:クロエ・ジャオ

出演:ジェンマ・チャン、リチャード・マッデン、アンジェリーナ・ジョリー、サルマ・ハエック、クメイル・ナンジアニ、リア・マクヒュー、ブライアン・タイリー・ヘンリー、ローレン・リドロフ、バリー・コーガン、マ・ドンソク、キット・ハリントン

声優:恒松あゆみ、川田紳司、深見梨加、戸田恵子、杉田智和、金子睦、後藤光祐、内山昂輝、稲田徹、花輪英司

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©Marvel Studios 2021

2021年11月5日(金) 全国公開

公式サイト marvel.disney.co.jp/movie/eternals.html