ウィル・スミス主演のハリウッド大作実写映画『ブライト』のスピンオフアニメ、Netflix映画『ブライト:サムライソウル』が、Netflixにて全世界独占配信を開始した。

幕末の日本を舞台に、浪人のイゾウ、オークのライデン、エルフの少女ソーニャの3人が運命的に出会い、最凶の敵と対峙し試練を乗り越えていく物語。キャストには、狂言師として活躍し声優に初挑戦する野村裕基、平川大輔、若山詩音をはじめ、野村と同じく声優初挑戦の世界的アーティストMIYAVI、実力派声優の坂本真綾、津田健次郎、茶風林、宮野真守、鈴村健一ら、豪華なメンバーが集結。イシグロキョウヘイ監督がこだわった、新版画からインスピレーションを得た映像表現と3DCGの技術と重なり合った新感覚のアニメーションとしても話題になっている。

野村裕基、MIYAVIが声の出演 ウィル・スミス主演映画『ブライト』のスピンオフアニメ作品 Netflix映画『ブライト:サムライソウル』メイキング映像が公開

公開されたスペシャルメイキング映像映像では、”新感覚アニメーション”と言われている本作の制作過程を公開。物語冒頭の舞台となっている京都については、イシグロ監督も驚愕の”京都の町まるごと再現”が製作会社アレクトによって行われていた。

そして、本作で声優初挑戦となったイゾウ役の野村裕基、コウケツ役のMIYAVIのコメントも公開された。野村は「人類以外の生物たちと人間が共存していく中で、明治維新の中での剣士というものがどうあるべきか、考えさせるような作品」、MIYAVIは「(演じたコウケツは)争いの元になる人物。僕の解釈では、金や権力に魅せられて心奪われた存在。エンターテイメント作品でもあるし、素晴らしいアート作品でもあるので、是非楽しんでほしい」と作品や自分が演じるキャラクターに対するメッセージを寄せている。

野村裕基、MIYAVIが声の出演 ウィル・スミス主演映画『ブライト』のスピンオフアニメ作品 Netflix映画『ブライト:サムライソウル』メイキング映像が公開

激動の時代に巻き込まれ、一緒に旅をすることになったイゾウ、ライデン、そしてソーニャ達の行く手には、いったいどんな試練と運命が待っているのか。Netflix映画『ブライト:サムライソウル』は、Netflixにて全世界独占配信中。

作品情報 野村裕基、MIYAVIが声の出演 ウィル・スミス主演映画『ブライト』のスピンオフアニメ作品 Netflix映画『ブライト:サムライソウル』メイキング映像が公開 Netflix映画『ブライト:サムライソウル』

幕末から明治の狭間。長き江戸の時代は血が流れる代わりに光(ワンドが放つ力)をもって終わりを迎え、新しい時代に向けて変わり始めていた。そんな世界の中で、生きる目的を失った隻眼の浪人「イゾウ」と、人殺しに嫌気が差し、盗賊から足を洗おうとしているオーク「ライデン」の二人は、時を同じくして出会ったエルフの少女「ソーニャ」と彼女が持つ「ワンド」を、北にあるエルフの国に無事送るため、東海道を旅することになる。三人の行く手を阻むのは、森羅万象すべてを従える「ダークロード」の復活を目指して「ワンド」を手にしようとする謎の組織(インファーニ)。彼らは新政府も巻き込んでイゾウたちから「ワンド」を奪おうとする。京都から横浜までの東海道を舞台に、イゾウとライデンの「ワンド」を守る旅が始まる。

監督:イシグロキョウヘイ

キャラクターデザイン:山形厚史

アニメーション制作:アレクト

出演:野村裕基、MIYAVI、平川大輔、若山詩音、坂本真綾、津田健次郎、茶風林、宮野真守、鈴村健一

2021年10月12日(火) Netflixにて全世界独占配信

公式サイト netflix.com/brightsamuraisoul