素敵な「おうち時間」を過ごしながら、そろそろ外での楽しみも増やしていきたい‥‥そんな気持ちにこたえる、映画館のスクリーンで楽しめる、冬休み&2022年の注目大作映画をまとめてご紹介。 今回は《洋画》編。 伝説作品初の映像化や、豪華キャスト陣が集結した天才監督の記念すべき10作目、人気シリーズの最新作など、超待望の豪華ラインナップが目白押しとなっています。

作品ラインナップ
日本語劇場版『サンダーバード55GOGO』 / 『ハウス・オブ・グッチ』 / 『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』 / 『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』 / 『シラノ』 / 『ナイトメア・アリー』 / 『マリー・ミー』 / 『トップガン マーヴェリック』 / 『ザ・ロストシティ』 / 『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』 / 『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』

日本語劇場版『サンダーバード55GOGO』

1月7日(金) 劇場上映 / 1月8日(土) オンライン上映

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】

1965年にイギリスで、翌1966年には日本でも放送が開始され、英国テレビ界の名匠ジェリー・アンダーソンの代表作にして、スーパーマリオネーションと呼ばれる独自の撮影手法を駆使した特撮人形劇の最高傑作として名高いマリオネット・エンターテインメント「サンダーバード」。なかでも日本での人気は絶大で、「ウルトラセブン」をはじめとした黎明期から、今日では『シン・ウルトラマン』監督の樋口真嗣や『シン・仮面ライダー』監督の庵野秀明がファンであることを公言するなど、数々の日本特撮、ロボット・SF アニメ作品にも多大なる影響を与え、世界でも、『2001年宇宙の旅』『スター・ウォーズ』『007』など錚々たる作品に影響を与えた伝説的作品として知られている。その伝説が、当時の技術を再現した奇跡の完全新作として帰ってくる。

本国イギリスの熱狂的なサンダーバードファンのクラウドファンディングによって制作された3話のエピソードを日本公開用に独自に一本化した日本語劇場版である本作。3話のエピソードはオリジナルシリーズ放送当時音声ドラマとして書かれた脚本をもとに、はじめて映像化されたもの。オリジナルへのオマージュとしてスーパーマリオネーションの伝統的な技術を駆使して撮影された。オリジナルの撮影手法を完全再現した新作3話を、日本の特撮を牽引する樋口真嗣が日本公開用に構成。大のサンダーバードファンである樋口真嗣が、イントロダクション・各話間・カーテンコールを新たに制作。

今作の中心人物の国際救助隊員、ペネロープは、モデルもこなす貴族の娘で元スパイ。その日本語キャストに満島ひかりが決定。初代ペネロープの声は黒柳徹子が務めていたが、「トットてれび」で黒柳役を演じた満島ひかりが黒柳徹子からバトンタッチ。ほか井上和彦、大塚芳忠、森川智之、日野聡、櫻井孝宏、江口拓也、堀内賢雄、立木文彦ら大ベテランから大人気声優まで豪華日本語キャスト陣が集結。1965年の劇場版でスコット・トレーシーを演じた大塚芳忠が、半世紀の時を経てパパ、ジェフ・トレーシーを演じるのもファン感涙もの。

『ハウス・オブ・グッチ』

1月14日(金) 全国公開

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】

ブランドの元祖と呼ばれ、世界屈指のファッション・ハイブランド“GUCCI”。グッチ家の光と影を描いたサラ・ゲイ・フォーデン『ハウス・オブ・グッチ 上・下』を原作に、グッチ一族の確執とその中で起きたマウリツィオ・グッチ殺害事件が描かれる。グッチ家崩壊を招くパトリツィア・レッジャーニにレディー・ガガ、夫のマウリツィオ・グッチにアダム・ドライバーが扮するほか、アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズ、ジャレッド・レトなどハリウッドを代表する豪華キャストが勢ぞろい。アカデミー賞作品賞を受賞した『グラディエーター』など幅広い作品を世に送り続けるハリウッドの巨匠リドリー・スコット監督が、華麗なるグッチ一族崩壊の闇に包まれた衝撃の実話を暴き出す。

本作はアカデミー賞の前哨戦ともいえる第79回ゴールデングローブ賞にて、レディー・ガガが主演女優賞(映画・ドラマ部門)で見事ノミネート、更にレディー・ガガがニューヨーク映画批評家協会賞を受賞。サテライト賞では<ドラマ部門>の主演女優賞、ならびにジャレッド・レトが助演男優賞にノミネートされているほか、全米各地の映画批評家協会賞で本作が続々と受賞およびノミネートされている。

『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』

1月21日(金) 全国公開

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】

出会った時は、赤くてちっちゃい可愛い子犬ちゃん。一夜明けたら、子犬のままでっかくなっちゃった‥‥アメリカの児童文学作家ノーマン・ブリッドウェルが1963年から発表し始めた児童文学作品を原作に、映画史上最もでっかくて?赤い子犬が現代のニューヨーク・マンハッタンを舞台に、日本の大スクリーンで大騒ぎ。

チャーミングで憎めないクリフォードに大きな愛情を注ぐ、大切な相棒となる主人公の女の子・エミリー役の吹替えには、「鬼滅の刃」や、『劇場版 呪術廻戦 0』など超話題作へ次々に出演、目覚ましい活躍を続けすっかりお茶の間でもお馴染みの花澤香菜。エミリーに好意を寄せ、困ったときには手を差し伸べてくれる同級生オーウェン役には、2020 年「ヒーリングっど♥プリキュア」キュアアースが小学生女子を虜にさせた三森すずこ、さらに金丸淳一、諏訪部順一といった、たしかな人気・実力と、犬への大いなる愛を兼ね備えた、ワンダフルな豪華声優陣が集結した。

全米ではオープニング5日間で 2,200万ドルを記録し、コロナ以降の“ファミリー映画”で最高のスタート。またアメリカの大手リサーチサイト Rotten Tomatoes ではオーディエンススコア94%。さらに一般の観客対象のアンケートによるCinemaScoreで堂々「A」ランクを獲得するなど、笑って泣いて、家族におすすめの明るく愉しい作品。

『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』

1月28日(金) 全国公開

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】

『ダージリン急行』(07)、『ファンタスティック Mr.FOX』(10)、『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)、『犬ヶ島』(18)といった名作の数々を生み出したウェス・アンダーソン監督の記念すべき長編第10作目を飾る最新作の舞台は、20世紀フランスの架空の街にある「フレンチ・ディスパッチ」誌の編集部。一癖も二癖もある才能豊かな記者たちが活躍し、国際問題からアート、ファッションから美食に至るまで深く斬り込んだ唯一無二の記事で人気を獲得。ところが、編集長が仕事中に急死、遺言によって廃刊が決まってしまう。果たして、何が飛び出すか分からない追悼号にして最終号の、思いがけないほどおかしく、泣ける、その全貌とは?第74回カンヌ国際映画祭に正式出品され、約9分間もの熱いスタンディングオベーションで称えられた、天才監督ウェス・アンダーソン最新作にして最高傑作。

ビル・マーレイ演じるアーサー・ハウイッツァー・Jrが編集長を務めるフレンチ・ディスパッチ誌は、オーウェン・ウィルソン演じる向こうみずな自転車レポーターのサゼラック、ティルダ・スウィントン演じる批評家であり編年史家のベレンセン、フランシス・マクドーマンド演じる孤高のエッセイストのクレメンツ、ジェフリー・ライト演じる博識家のローバック・ライトといった、アーサーが誇る当代一の海外ジャーナリストたちが勢揃い。そんな彼らがアーサーの不幸をきっかけに、「自転車レポーター」、「確固たる名作」、「宣言書の改定」、「警察所長の食事室」と名付けられた思い出のスクープの数々を振り返っていく。各ストーリーではベニチオ・デル・トロ、レア・セドゥ、ティモシー・シャラメ、シアーシャ・ローナンといった豪華キャスト陣がユーモアに溢れた個性的なキャラクターに扮している。

『シラノ』

2月25日(金) 全国公開

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】

1897年の初演以降、日本をはじめ世界各地で幾度となく上演され、映画化・ミュージカル化されている稀代の名作「シラノ・ド・ベルジュラック」。いつの時代も人々が共感し、感動の涙を誘い、愛され続けている不朽の物語を『プライドと偏見』(05)、『つぐない』(07)、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(17)のジョー・ライト監督が壮大なスケールで再構築し、豪華スタッフ&キャストと共に完成させた最高にロマンティックなミュージカル映画。

物語の舞台は17世紀フランス。 剣の腕前だけでなく、優れた詩を書く才能をもつフランス軍きっての騎士シラノは、仲間たちからも絶大なる信頼を置かれていたが、自身の外見に自信が持てず、想いを寄せるロクサーヌに、心に秘めた気持ちをずっと告げることができない。そんな胸の内を知らないロクサーヌはシラノと同じ隊に配属された青年クリスチャンに惹かれ、こともあろうにシラノに恋の仲立ちをお願いする。果たして、三人が求める純真な愛の行方は‥‥。

主人公の剣豪にして詩人のシラノを演じるのは、HBO制作のテレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」でエミー賞やゴールデングローブ賞などに輝いた実力派俳優ピーター・ディンクレイジ。さらに、シラノの親友であり思い人であるヒロイン、ロクサーヌを『マグニフィセント・セブン』(16)などで知られる注目の若手女優ヘイリー・ベネットが、ロクサーヌが片思いをする口下手なクリスチャンをケルヴィン・ハリソン・Jr.が務める。

『ナイトメア・アリー』

3月25日(金) 全国公開

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】

デル・トロ監督が映画化に挑むのは、1946年に出版された伝説的傑作といわれるノアール小説「ナイトメア・アリー 悪夢小路」。1947年にはエドマンド・グールディング監督によって『悪魔の往く町』というタイトルで映画化されるなど、今も名作として語り継がれる題材を、前作『シェイプ・オブ・ウォーター』で極めた、誰も真似のできないデル・トロ監督独自の世界観と豪華極まりない映像で観るものを誘う、全世界待望のサスペンス・スリラー大作。

物語の舞台は、人間とも獣ともつかない生き物を出し物にする、華やかさと怪しさに満ちたカーニバルの世界。主人公の野心溢れるスタンを演じるのは俳優として4度のアカデミー賞ノミネートを誇る、ブラッドリー・クーパー。スタンの前に現れる謎めいた女性精神科医を演じる、2度のオスカーに輝くケイト・ブランシェットをはじめ、トニ・コレット、ウィレム・デフォー、ルーニー・マーラ、デヴィッド・ストラザーンといったオスカー常連の名優に加え、デル・トロ作品に欠かせないリチャード・ジェンキンス、ロン・パールマンといった超豪華な顔ぶれが一同に会する。

『マリー・ミー』

4月22日(金) 全国公開

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】

主演を務めるジェニファー・ロペスは、『ハスラーズ』での熱演も記憶に新しく、今回はまるで本人役のような世界的ポップスターのカットを演じ、抜群の歌唱力を披露するとともに、恋に悩むキュートな姿も見どころ。『ワンダー 君は太陽』(17)等のオーウェン・ウィルソンは、カットの新たな恋のお相手となる平凡な数学教師チャーリー役に。そして、カットの婚約中のスター、バスティアン役にはコロンビア出身のレゲトン歌手のマルーマ。デビューアルバム『マジア』がコロンビアでゴールドディスク認定されるなどラテンミュージック界で、最も人気のあるシンガーが、本作で映画デビューをしたことも話題となっている。監督は『ウソはホントの恋のはじまり』のカット・コイロが務める。

本作は「いいね!」や「フォロワー数」が価値を決める世界で“本当のモノ”を探し求めるふたりの恋の行方を描いた現代的なロマンティック・ラブストーリー。カットとチャーリーの恋物語はもちろんのこと、ジェニファー・ロペスとマルーマのオリジナル新曲「Marry Me」をフィーチャーし、またジェニファー・ロペスの圧巻のパフォーマンスが全編に渡って贅沢にも披露されていく様も必見。

『トップガン マーヴェリック』

5月27日(金) 全国公開

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】

「戦闘機パイロットたちの挫折と栄光の日々を、数々のヒットチューンに乗せて迫力のスカイ・アクションと共に描き、世界中で大ヒットした『トップガン』(86)。主人公“マーヴェリック”役のトム・クルーズを一躍スターダムの頂点へと押し上げた映画史に燦然と輝く名作、36年ぶりとなる世界が待ち焦がれている最新作。

『ミッション:インポッシブル』シリーズ同様、常に新たな挑戦を続けるトム・クルーズが『セッション』のマイルズ・テラーや、前作に引き続き出演するヴァル・キルマー、アカデミー賞女優ジェニファー・コネリーら豪華キャストと共に“本物”にとことんこだわり、絶対に映画館でしか体験できないド迫力の映像を作り上げた。

『ザ・ロストシティ』

2022年 全国公開

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】

主演であり、この作品をプロデューサーとしても牽引するサンドラ・ブロックが演じるのは、人生に後ろ向きな恋愛小説家ロレッタ。ロマンティックな冒険モノの新作がようやく完成したが、イヤイヤながら強引に駆り出された新刊の宣伝ツアーで、チャニング・テイタム演じる彼女の作品の主人公「ダッシュ」を演じるセクシーカバーモデル、アランや、ダニエル・ラドクリフ演じる謎の実業家フェアファックスが現れ、大自然の過酷な環境に予測不能のハプニングが連続する。

ブラッド・ピットは自身が主演する伊坂幸太郎原作小説のハリウッド映画『Bullet Train (原題)』にサンドラ・ブロックが出演してくれたことへの恩返しこそが本作参加の決め手であることを明かしており、ハンサムジョークを華麗に織り交ぜるサンドラとの掛け合いも見逃せない。輝かしいトップスターたちのカラダを張ったアクションに、ユーモアが盛りだくさんのゴージャズなハリウッドらしさ全開の贅沢な作品。

『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』

2022年夏 全国公開

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】

巨匠、スティーヴン・スピルバーグが“恐竜”に命をふきこみ、誰も観た事がなかったリアルでスリリングな映像体験に世界中の人々が心を躍らせ、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク』、そして『ジュラシック・ワールド』シリーズ。累計5000億円以上の世界興行収入を記録しているこの『ジュラシック』シリーズに関して、全世界待望のシリーズ最新作。

最新作では、主演のクリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワードをはじめ、ローラ・ダーン、サム・ニール、ジェフ・ゴールドブラムといった『ジュラシック・パーク』シリーズの豪華キャストが遂にカムバック。さらに、マムドゥ・アティ、スコット・ヘイズ、ディーチェン・ラックマン、ダニエラ・ピネダ、キャンベル・スコット、イザベラ・サーモン、ジャスティス・スミス、オマール・シー、デワンダ・ワイズ、B・D・ウォンら、国際色豊かな出演陣が一挙集結。

プロデューサーのフランク・マーシャル、パトリック・クローリーを筆頭に、脚本はデレク・コノリーと共に書いたストーリーを元に『ジュラシック・ワールド』1作目のメガホンを取ったコリン・トレボロウ監督がエミリー・カーマイケルと共に執筆。スティーヴン・スピルバーグ、トレボロウ監督と共にアレクサンドラ・ダービーシャーが製作総指揮を務める。

『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』

2022年夏 全国公開

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】

「ソニック」シリーズは、1991年に株式会社セガ・エンタープライゼス(現・株式会社セガ)から発売された『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』以来、様々なゲーム機向けにシリーズ作品が展開され、目にも止まらぬスピードでゲームステージを駆け抜ける革新的なゲーム性と、音速で走る青いハリネズミ「ソニック」のクールなキャラクターが、日本を始め、世界のゲームファンの心をつかみ、愛され続けている。

2020年にハリウッドで実写映画化された『ソニック・ザ・ムービー』は、スクリーンを所狭しとハイスピードで駆け巡り、愛らしくもありながらクールでエネルギッシュなソニックの魅力が爆発し、映画史にその名を刻む世界的大ヒットを記録。映画のラストではシリーズ屈指の人気を誇るキュートなキャラクターのテイルスがその姿を見せ、次なる物語への大きな期待が寄せられていたなか、今回発表となった最新作のタイトルには、こちらもソニックの永遠のライバルであるナックルズの名が‥‥大勢のファンが待ちわびた彼らの参戦によって、ますますソニックの大冒険に心躍ること間違いなし。

そして、前作で見せた衝撃の熱演も記憶に新しい中川大志が本作でもソニックの日本語吹替を続投。同じく山寺宏一もドクター・ロボトニックの吹替を担当するが、ソニックに敗北し遠いキノコの星へと吹っ飛ばされたはずの彼は、どのようにして再びソニックたちの前に立ちはだかろうというのか。

作品情報 冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】 日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』

1965年にイギリスで、翌1966年には日本でも放送が開始され、英国テレビ界の名匠ジェリー・アンダーソンの代表作にして、スーパーマリオネーションと呼ばれる独自の撮影手法を駆使した特撮人形劇の最高傑作として名高いテレビシリーズ「サンダーバード」。日本上陸から55年。日本特撮界が憧れた伝説のスーパーマリオネーションが完全新作でよみがえる!

監督:スティーブン・ラリビエー、ジャスティン・T・リー、デヴィッド・エリオット

オリジナル製作:ジェリー・アンダーソン、シルヴィア・アンダーソン

配給:東北新社/STAR CHANNEL MOVIES

Thunderbirds ™ and © ITC Entertainment Group Limited 1964, 1999 and 2021. Licensed by ITV Studios Limited. All rights reserved.

2022年1月7日(金)より劇場公開 / 2022年1月8日(土)よりオンライン公開

映画公式サイト tb55movie.com
55周年特設サイト tbjapan.com

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】 映画『ハウス・オブ・グッチ』

1995年3月27日、ミラノで実際に起きた“GUCCI”創業者グッチオ・グッチの孫にあたる3代目社長マウリツィオ・グッチの暗殺事件。その華麗なるグッチ一族崩壊の闇に包まれた衝撃の真実を描く。

監督:リドリー・スコット 

原作:サラ・ゲイ・フォーデン『ハウス・オブ・グッチ 上・下』(実川元子訳、ハヤカワ文庫)

出演:レディー・ガガ、アダム・ドライバー、アル・パチーノ、ジャレッド・レト、ジェレミー・アイアンズ、サルマ・ハエック

配給:東宝東和 

©︎  2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED. 

2022年1月14日(金) 全国公開 

公式サイト house-of-gucci.jp

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】 映画『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』

僕の名前は、クリフォード。実は、大きな問題を抱えてまして‥‥。僕まだ正直右も左もわからない子犬なんですけど、朝起きたら、でっかくなっちゃってたんです!どうやら僕をニューヨーク・マンハッタンの公園で拾ってくれた寂しがり屋のシティガール・エミリーの愛情の分だけでっかくなっちゃったらしいのです。それだけでも僕の人生、大問題なんですが、さらになぜか大企業の社長さんが僕のことをさらおうとするんです‥‥。しかもかなり手荒く。でも、エミリーも、友達のオーウェンも、そしてエミリーのおじさんケイシーも、さらに変わりものの近所の人たちも僕を守るのに大奔走してくれて。果たして、これからどうなっちゃうんでしょうか、僕‥‥。

監督:ウォルト・ベッカー

原作:ノーマン・ブリッドウェル

出演:ダービー・キャンプ、ジャック・ホワイトホール、アイザック・ワン、トニー・ヘイル

声の出演(吹替):花澤香菜、三森すずこ、金丸淳一、諏訪部順一

配給:東和ピクチャーズ

© 2021 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

2022年1月21日(金) TOHOシネマズ日比谷ほか 全国公開

公式サイト Deka-Koinu.jp

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】 映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』

ウェス・アンダーソン活字文化とフレンチ・カルチャーに対するラブレター。20世紀フランスの架空の街にある米国新聞社の支局で活躍する、一癖も二癖もある才能豊かな編集者たちの物語。ストーリーは三部構成で展開し、画面のいたるところにはウェス・アンダーソンらしいユニークな演出が散りばめられている。

監督・脚本:ウェス・アンダーソン

出演:ベニチオ・デル・トロ、エイドリアン・ブロディ、ティルダ・スウィントン、レア・セドゥ、フランシス・マクドーマンド、ティモシー・シャラメ、リナ・クードリ、ジェフリー・ライト、マチュー・アマルリック、スティーヴン・パーク、ビル・マーレイ、オーウェン・ウィルソン、クリストフ・ヴァルツ、エドワード・ノートン、ジェイソン・シュワルツマン、アンジェリカ・ヒューストンほか

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

2022年1月28日(金) 全国公開

公式サイト searchlightpictures.jp

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】 映画『シラノ』

物語の舞台は17世紀フランス。 剣の腕前だけでなく、優れた詩を書く才能をもつフランス軍きっての騎士シラノは、仲間たちからも絶大なる信頼を置かれていたが、自身の外見に自信が持てず、想いを寄せるロクサーヌに、心に秘めた気持ちをずっと告げることができない。そんな胸の内を知らないロクサーヌはシラノと同じ隊に配属された青年クリスチャンに惹かれ、こともあろうにシラノに恋の仲立ちをお願いする。複雑な気持ちを抱えながらも、愛する人の願いを叶えようとするシラノは、溢れる愛情を言葉で表現する才能がないクリスチャンに代わって、自身の想いを文字に込めて、ロクサーヌへのラブレターを書くことに。果たして、三人が求める純真な愛の行方は。

監督:ジョー・ライト

原作:エドモン・ロスタン

出演:ピーター・ディンクレイジ、ヘイリー・ベネット、ケルヴィン・ハリソン・Jr.、ベン・メンデルソーン

配給:東宝東和

© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

2022年2月25日(金) 全国公開

公式サイト cyrano-movie.jp

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】 映画『ナイトメア・アリー』

野心溢れる青年スタンがたどり着いたのは、人間とも獣ともつかない生き物を出し物にする、華やかさと怪しさに満ちたカーニバルの世界。スタンは読心術を身につけ、ショービジネスの世界をその才能と魅力と共に駆け上がっていくが、その先には予想もつかない栄光と闇が待ち受けていた。『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞を席巻したギレルモ・デル・トロ監督が贈る、全世界待望のサスペンス・スリラー大作。

監督:ギレルモ・デル・トロ

出演:ブラッドリー・クーパー、ケイト・ブランシェット、トニ・コレット、ウィレム・デフォー、リチャード・ジェンキンス、ルーニー・マーラ、ロン・パールマン、デヴィッド・ストラザーンほか

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

2022年3月25日(金) 全国公開

公式サイト searchlightpictures.jp/movie/nightmare_alley.

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】 映画『マリー・ミー』

世界的ポップスターのカット(ジェニファー・ロペス)と平凡な数学教師チャーリー(オーウェン・ウィルソン)、「いいね!」や「フォロワー数」が価値を決める世界で“本当のモノ”を探し求める、ふたりの恋の行方を描いた現代的なロマンティック・ラブストーリー。

監督:カット・コイロ

出演:ジェニファー・ロペス、オーウェン・ウィルソン、マル―マ ほか

配給:東宝東和

© 2021 Universal Pictures

2022年4月22日(金) 全国公開

公式サイト universalpictures.jp/micro/marry-me/

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】 映画『トップガン マーヴェリック』

アメリカ海軍のエリート・パイロット養成学校“トップガン”に、天才と呼ばれた男が教官として帰ってきた。父と親友を空で失った過去を持ち、誰よりも空の厳しさと美しさを知るマーヴェリックだ。彼は守ることの難しさ、戦うことの厳しさを若者たちに教えるが、訓練生らは型破りな指導に困惑し反発する。そんな新人たちの中には、かつてマーヴェリックの相棒だったグースの息子ルースターの姿もあった。ルースターは、訓練中に命を落とした父とバディを組んでいたマーヴェリックを恨み、対峙するが‥‥。マーヴェリックはなぜ、もう一度飛ぶことを決めたのか。いま再び、熱いドラマが展開する。

監督:ジョセフ・コシンスキー

出演:トム・クルーズ、マイルズ・テラー、ジェニファー・コネリー、エド・ハリス ほか

東和ピクチャーズ

© 2021 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

2022年5月27日(金) 全国公開

公式サイト topgunmovie.jp

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】 映画『ザ・ロストシティ』

人生に後ろ向きな恋愛小説家ロレッタ。ロマンティックな冒険モノの新作がようやく完成したが、新刊の宣伝ツアーにイヤイヤながら強引に駆り出されてしまう。そこでは、彼女の作品の主人公「ダッシュ」を演じるセクシーカバーモデル、アランの薄っぺらな態度が鼻につき、イライラ絶頂。そんなロレッタの前に謎の実業家フェアファックスが現れ、突然南の島に連れ去られることに。ロレッタ誘拐事件を知り、南の島に真っ先に駆けつけたのは、目の前で助けられなかったことを悔やむあのウザいカバーモデルのアラン。この南の島から脱出するためにしぶしぶ手を組むも、大自然の過酷な環境に予測不能のハプニングが連続。果たして、実業家が狙っているロストシティとは何なのか?彼らはこのロストシティに隠された「謎」を解き明かし、無事に抜け出すことができるのだろうか。

監督:アーロン・ニー&アダム・ニー

プロデューサー:ライザ・チェイシン、サンドラ・ブロック、セス・ゴードン

出演:サンドラ・ブロック、チャニング・テイタム、ダニエル・ラドクリフ、ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ、ブラッド・ピット

配給:東和ピクチャーズ

©2021 Paramount Pictures. All rights reserved.

2022年 全国公開

公式サイト thelostcity.jp

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】 映画『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』

『ジュラシック・パーク』シリーズの第6作目であり、『ジュラシック・ワールド』3部作の最終章にあたる。

監督:コリン・トレボロウ

出演:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、サム・ニール、ローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラム、ママドゥ・アティエ、デワンダ・ワイズ

配給:東宝東和

© 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

2022年夏 全国公開

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】 映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』

2020年にハリウッドで実写映画化された『ソニック・ザ・ムービー』の最新作。

監督:ジェフ・ファウラー

出演:ジェームズ・マースデン、ベン・シュワルツ、ティカ・サンプター、ナターシャ・ロスウェル、アダム・パリー、シェマー・ムーア、コリーン・オショーネシー withイドリス・エルバ and ジム・キャリー

日本語吹替版:中川大志、山寺宏一

配給:東和ピクチャーズ

© PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC.

2022年夏 全国公開

公式サイト sonic-movie.jp