ヨーロピアン航空の最新型機がアルプスで墜落。乗客・乗務員316人全員の死亡かが確認される。司法警察の立会いの下、航空事故調査局の音声分析官が、ボイスレコーダー、通称“ブラックボックス”を開く−−。2021年9月に本国フランスで公開された本作品『ブラックボックス:音声分析捜査』は、観客動員数120万人を突破する大ヒット作となった。〈音〉だけで事件の謎を解く驚愕のサスペンススリラーが、ついに日本公開。

予告編制作会社バカ・ザ・バッカ代表の池ノ辺直子が映画大好きな業界の人たちと語り合う『映画は愛よ!』。今回は[特別編]として、ヤン・ゴズラン監督に、撮影時の苦労、本作品への想いなどをうかがいました。

[ 映画は愛よ ! 特別編 ] ヤン・ゴズラン監督が語る 映像に生命を吹き込む音の力と『ブラックボックス:音声分析捜査』のリアル [ 映画は愛よ ! 特別編 ] ヤン・ゴズラン監督が語る 映像に生命を吹き込む音の力と『ブラックボックス:音声分析捜査』のリアル

仏国家機関BEAの協力を得て描かれたブラックボックスのリアル

池ノ辺 監督、はじめまして。日本は寒いですが、フランスはいかがですか。

ゴズラン はじめまして。今週の初めはとても寒かったのですが、今はそうでもないですね。

池ノ辺 さて、映画『ブラックボックス:音声分析捜査』の予告編は弊社で作らせて頂いたんですが、監督から一箇所だけシーンを追加してほしいというリクエストがありました。飛行場の引きのシーンだったんですが、それは監督にどんなこだわりがあったんでしょうか。

ゴズラン 最初の予告編では、クローズアップが多かったので、そこにロングショットを入れてほしいと思ったんです。格納庫とか飛行機が並んでいる姿を見せることで、航空業界というものの世界観を表したかったのと、僕らが業界で言うところのプロダクション・バリュー、それを上げるという意味もありました。

池ノ辺 確かに、そのシーンを入れたことで広がりも出て良くなったと私も思いました。大事なカットだったんですね。本編ですが、最後までいろいろと展開があって、ハラハラドキドキでとても面白かったです。

ゴズラン ありがとうございます。緊迫感のある映画を作るというのが、今回の一番の目的でしたから嬉しいです。

池ノ辺 この映画の発想は、どこから生まれたんですか。

ゴズラン 実は、僕自身は飛行機に乗るのが怖いんです(笑)。と同時に、この世界に魅了されてもいます。非常に映画的な世界で、パッションを持つことができる世界であると思っていたところからですね。

[ 映画は愛よ ! 特別編 ] ヤン・ゴズラン監督が語る 映像に生命を吹き込む音の力と『ブラックボックス:音声分析捜査』のリアル

池ノ辺 その飛行機の世界でも特に、ブラックボックスに注目したのはユニークだと思いました。

ゴズラン ブラックボックスについては、話には聞いていても実際によく知らないという人が多いんじゃないでしょうか。私も例えばブラックボックスをどうやって開けるのか、他の映画では見たことがないと思って、そういうシーンを見せたいというのがまずありました。それと、テクノロジーの問題。今の社会はさまざまな場面でAIなどが活用されていますが、そうしたテクノロジーと人間とのせめぎ合い、テクノロジーによる支配、そうしたことも、自分の中では重要で、描きたいこととしてありました。

池ノ辺 確かにブラックボックスを開けるシーンなど、これまで見たことがなかったですね。制作にあたっては、随分リサーチに時間を掛けたんじゃないですか。

ゴズラン ブラックボックスを開けるシーンは、BEA(フランス民間航空事故調査局)の協力を得て、ビデオなどの資料を見せてもらうことができたんです。2009年に、ブラジルのリオデジャネイロ発パリ行きの旅客機が、大西洋上で墜落するという非常に大きな事故がありました。その時に、3〜4時間かけてブラックボックスを開くという作業を収めたビデオがあって、それも見せてもらいました。そこから多くのインスピレーションを得て、この映画が始まったんです。この作業は、パリ郊外のル・ブルジェ空港にある建物の中で行われていて、映画でもその場所を借りて撮影しています。本編ではもちろん編集されて短くはなっていますけど、全てのプロセスがわかるようにきちんと見せるようにはしています。

池ノ辺 とてもリアルなシーンでしたよね。驚きました。

ゴズラン 特に、ブラックボックスの中のメモリーカードを防護しているさまざまなものの質感をしっかり表したいと思ったのと、ガラス越しに見ている人々、航空機のメーカー、航空会社、パイロット、調査官など、さまざまな関係者が見ているのですが、その人たちが非常に緊迫感を持ってそこに臨んでいる儀式的な雰囲気を表現したいと思いました。実際、それぞれがものすごいストレス、緊張感を抱えてそこにいるわけです。メモリーカードは無事なのか、分析可能なのか。さらには、その分析によって事の真相が明白になれば、まず、遺族への人間的な影響があります。経済界に与える影響も、非常に大きいものです。ブラックボックスには、それらの責任というものが詰まっているのです。

[ 映画は愛よ ! 特別編 ] ヤン・ゴズラン監督が語る 映像に生命を吹き込む音の力と『ブラックボックス:音声分析捜査』のリアル

池ノ辺 撮影も大変だったんじゃないですか?

ゴズラン おそらく全ての映画の撮影は、大変だろうと思います。時間が足りないとか、いろんな問題がありますからね。この作品に限っていえば、特に大変だったのは、飛行機の中のシーンです。

実際に、本物の飛行機を撮影に使ったんですが、閉ざされた狭い空間で、その中にスタッフとエキストラも入って2日半くらいかけての撮影でした。冒頭のシーンを見てもらえばわかるように、複雑な動きをするカメラワークでショット数も多かった。飛行機の中が非常に暑くてすごく大変だったのを覚えています。それから後半の池のシーン。これは夜に撮影をしたんですが、この日はとても寒くて、とても暑いところから寒いところへと極端だったんです。さらに水のシーンというのは、思うように撮れるまで随分時間がかかってしまいました。

映像に生命を吹き込む音の力

池ノ辺 今回の映画では、“音”がポイントになっていますが、監督ご自身は絶対音感があるとか音楽をやっているとかあるんですか。

ゴズラン 残念ながら、私は楽器ができないんです。これは僕の人生の中でも不幸なことの一つと思っていて、今の自分の年齢からでも何か始められないだろうかと思っているくらいです(笑)。自分に絶対音感があるのかといえば、それはわかりませんが、音感がいい、ある、というのはすごい才能であると同時に、アキレス腱のように急所にもなってしまうものだと思います。というのも、外の世界の音を全て感知してしまうというのは、非常にストレスを感じる、怖いことでもあるじゃないかと。

映画の“音”に関しては、自分が監督としても観客としても非常に興味があります。つまり、音というのは、例えば観客にとって、無意識に、自分の親密な部分に触れるものになるわけです。これはある種の秘密武器のようなものです。映画にとって、「物語を語る」ということはもちろん大切なのですが、自分にとっては、「感覚的な経験を与える」ということにもとても興味があって、その点で音は重要なファクターです。ですから、自分の映画を作っているとき、音声の編集とミキシング、この段階が、一番好きなんです。というのは、映画自体をカメレオンのように変身させることができる段階だと思っているからです。

映像がまずあって、それだけでは平面的だったものが、音を加えることでレリーフ、深みが出る。この言葉が的確かどうかはわかりませんが、音を得ることで、3D的になるとでも言いましょうか、2次元から3次元になるというような感じ、作品が新たな生命をもらって生まれ変わるわけです。

[ 映画は愛よ ! 特別編 ] ヤン・ゴズラン監督が語る 映像に生命を吹き込む音の力と『ブラックボックス:音声分析捜査』のリアル

主演を務めたピエール・ニネの魅力

池ノ辺 今回、主役の音声分析官マチューを演じたピエール・ニネさんは、監督にとって2度目の起用になりますが、ピエールさんの魅力はどういったところですか。

ゴズラン ピエールとは、前に『パーフェクトマン 完全犯罪』(2015) という作品で一緒だったので、また仕事をしたいと思っていました。今回は、彼を念頭に置いて脚本を執筆したので、彼がこの役を引き受けてくれて、とても嬉しかったです。彼がすばらしい俳優であるのはもちろんですが、観客をサスペンスの方に導くことができる才能があると、僕は思っています。つまり、観客は、マチューという役柄に共感する一方で、彼は間違った道へ行っているのではないかという疑問を持つ。この2つのことを同時にきちんと表現できる俳優だと思うのです。実際、このマチューというのは、非社会的で自分の殻に閉じこもっているちょっと難しい役なのですが、そういう性格の役柄であるにもかかわらず、観客に共感を持たせる、というのは、彼の演技の才能によって可能になっていることだと思います。

それから、お気づきでしょうか。非常に熱意を持って仕事をしているシーンで、彼は額に血管を浮き出たせるという特技があるんです。その場面を撮影するときにそれを見て非常に驚いたんですが、そうした内面的な感情をうまく表現できるということでも、非常にすばらしい俳優だと思います。

池ノ辺 劇場公開が楽しみです。

[ 映画は愛よ ! 特別編 ] ヤン・ゴズラン監督が語る 映像に生命を吹き込む音の力と『ブラックボックス:音声分析捜査』のリアル

インタビュー / 池ノ辺直子
文・構成 / 佐々木尚絵

プロフィールヤン・ゴズラン(Yann Gozlan)

監督・脚本

1977年3月28日生まれ、フランス・オーベルヴィリエ出身。99年パリ第8大学に入学し、映画を学ぶ。03年、初の短編映画『Pellis』でヴィルールバンヌ短編映画祭にて審査員賞を受賞し、映画監督としてのキャリアをスタートさせる。07年には『Écho』でジェラルメ国際ファンタスティカ映画祭短編映画賞を受賞。10年には初の長編映画『CAGED監禁 』がスクリームフェストホラー映画祭で作品賞、監督賞等5つの賞を受賞する。その他、主な監督作品にピエール・ニネ主演作『パーフェクトマン 完全犯罪 』(15)、『バーン・アウト』(17)がある。

作品情報 [ 映画は愛よ ! 特別編 ] ヤン・ゴズラン監督が語る 映像に生命を吹き込む音の力と『ブラックボックス:音声分析捜査』のリアル 映画『ブラックボックス:音声分析捜査』

ヨーロピアン航空の最新型機がアルプスで墜落。乗客・乗務員316人全員の死亡が確認される。司法警察の立会いの下、航空事故調査局の音声分析官が、ボイスレコーダー、通称“ブラックボックス”を開く。いつもなら責任者のポロックに同行するのは、最も優秀なマチューだったが、天才的なあまり孤立していた彼は外されてしまう。だが、まもなくポロックが謎の失踪を遂げ、引き継いだマチューは「コックピットに男が侵入した」と記者会見で発表する。マチューの分析は高く評価され、責任者として調査をまとめるよう任命される。ところが、被害者の一人が夫に残した事故直前の留守電をきっかけに、さらなる陰謀を疑ったマチューはキャリアと命さえもかけて、危険な探求を始める。

監督・脚本:ヤン・ゴズラン

出演:ピエール・ニネ、ルー・ドゥ・ラージュ、アンドレ・デュソリエ

配給:キノフィルムズ

© 2020 / WY Productions – 24 25 FILMS – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA – PANACHE Productions

公開中

公式サイト bb-movie.jp