ほぼ全編が犬目線で撮影された驚きのドキュメンタリー映画『ストレイ 犬が見た世界』。

殺処分ゼロの国トルコ・イスタンブールの街で暮らす野良犬たち。ここではまるで風景に溶け込むように、自然に人間と犬が共存生活を送っている。自立心が強くいつも単独行動の犬ゼイティン。フレンドリーで人懐っこく、街ゆく人たちに挨拶を欠かさない犬ナザール。そしてシリア難民の心の拠り所になっている愛らしい表情の子犬カルタル。彼らの視点で街を見渡せば、人間社会が持つ様々な問題と愛に満ちた世界が同時に見えてくる。 

舞台となるトルコは、世界でも珍しいほど犬との歴史と関係を持つ国。過去への反省から、殺処分や野良犬の捕獲が違法とされている国のひとつであり、動物愛護に関する国民の意識も非常に高い。2017年に、そんなトルコを旅した自身も愛犬家のエリザベス・ロー監督は、主人公となる犬ゼイティンと偶然に出逢い、「何か目的を持っているところに惹かれ追いかけた」と言う。犬たちが自由に街を歩き、人間との共存社会を築いていることに導かれ、彼らに密着し犬目線のカメラで追い続けたその世界は、信頼と愛に満ちていた。 

この度、自身も保護犬を家族として迎え入れるなど保護活動を行っている女優の二階堂ふみがナレーションを担当した予告映像が公開された。

レストランや公園、ボスポラス海峡の砂浜。路面電車や渋滞する車道もものともせず、殺処分ゼロの国トルコ・イスタンブールで10万匹以上の野良犬たちがごく自然に人間との共存生活を送っている様子が、優しいナレーションで紹介されていく。

さらに、本編をいち早く鑑賞した二階堂は、『犬の目線に近いローアングルでの撮影をされているので、たくさんの新しい発見があったり、犬に対するナチュラルな愛情にあふれています。トルコでは、犬が自由に街にいるのが当たり前の生活。「人間以外の動物もここで生活しているんだ」ということが前提のコミュニティが作られているのが、とても素敵だと思いました。』 と絶賛。また、本作で描かれる犬と人間との関係や、自身が考える犬と人間の理想の関係について、『外にいる犬たちは、過酷な環境の中でも、彼らの意思でそこにいる。その姿はかっこいいし、逞しい。人間のエゴや価値観だけで動物への接し方を決めず、国がちゃんと犬の尊厳も大事にしているのは、素晴らしいことだと思います。私たちも、こんな風に人間以外の動物の命に対してもっとリスペクトを持ち、それを前提にした社会基盤を作っていけたらと思います。「どうすればもっと寛容な社会になるのか?」この映画を観れば、その問いへのヒントをもらえるかもしれないですね』と語った。

ほぼ全編犬目線による驚きの映画『ストレイ 犬が見た世界』二階堂ふみナレーションの予告映像が公開 ほぼ全編犬目線による驚きの映画『ストレイ 犬が見た世界』二階堂ふみナレーションの予告映像が公開 ほぼ全編犬目線による驚きの映画『ストレイ 犬が見た世界』二階堂ふみナレーションの予告映像が公開

 北米を代表するドキュメンタリー映画祭のひとつ、Hot Docs カナダ国際ドキュメンタリー映画祭で最優秀国際ドキュメンタリー賞を受賞、またアメリカの辛口批評サイト・ロッテントマトでも 96%フレッシュ(2022.1.11 現在)という数字をたたき出した。

ほぼ全編犬目線による驚きの映画『ストレイ 犬が見た世界』二階堂ふみナレーションの予告映像が公開

映画『ストレイ 犬が見た世界』は3月18日(金) よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開。

作品情報 ほぼ全編犬目線による驚きの映画『ストレイ 犬が見た世界』二階堂ふみナレーションの予告映像が公開 映画『ストレイ 犬が見た世界』

殺処分ゼロの国トルコ・イスタンブールの街で暮らす野良犬たち。ここではまるで風景に溶け込むように、自然に人間と犬が共存生活を送っている。自立心が強くいつも単独行動の犬ゼイティン。フレンドリーで人懐っこく、街ゆく人たちに挨拶を欠かさない犬ナザール。そしてシリア難民の心の拠り所になっている愛らしい表情の子犬カルタル。彼らの視点で街を見渡せば、人間社会が持つ様々な問題と愛に満ちた世界が同時に見えてくる。

監督:エリザベス・ロー

出演:ゼイティン、ナザール、カルタル(犬たち)ほか 

配給:トランスフォーマー

©︎2020 THIS WAS ARGOS,LLC 

2022年3月18日(金)  ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開

公式サイト transformer.co.jp/m/stray/