チェルノブイリ原子力発電所で起きた爆発事故。全世界を未曾有の危機から救うため命を懸けた消防士の物語、映画『チェルノブイリ1986』が、5月6日(金)全国公開される。この度、本作のプロデューサー、アレクサンドル・ロドニャンスキーからコメント映像が公開された。

実話に基づいて映像化した本作は知られざる真実を描き、当事国だったロシアで初登場1位を記録した。
1986年4月26日、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国プリピャチのチェルノブイリ原子力発電所で起きた爆発事故。この未曾有の大惨事は、のちに超大国のソ連が崩壊した一因になったともいわれ、数多くのドキュメンタリーが作られた。
そしてこの度、他とは全く違った視点で描いた本作。人々の日常生活や生命をどれほど脅かし、彼らの人生に壊滅的な影響を与えたのか。事故発生当時、現地で撮影した経験を持つプロデューサーが、爆発直後に現場に急行した消防士たちの苦闘や避難民たちの混乱ぶりなど、一般市民の視点からリアルに映し出した、映画だからこそ描けたヒューマン・スペクタクル巨編だ。

公開された映像に登場するのは、先般ロシア当局からウクナイナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領と共に“ペルソナ・ノン・グラータ”(好ましからざる人物)に認定された本作のプロデューサー、アレクサンドル・ロドニャンスキー。

彼は、「私はウクライナのキーウ出身です。ウクライナ侵攻が始まった日から戦争に抗議を続けています。」と、冒頭から戦争反対を訴える。「私の家族はウクライナ出身ですが、私は過去20年間モスクワに住んでいます。私が国を追われた理由はウクライナ人だからという理由ではなく、戦争反対を声高に訴えただけでもありません。ロシア兵による残虐行為について公言しました」と話し、「この戦争の責任を負うロシアの防衛大臣は、私の文化的遺産をロシアの現代文化から排除するという書簡を送ってきました。本作品もその文化的遺産なのです」と、現在の心境を吐露している。

またあわせて、国際政治学者の三浦瑠麗、コラムニストでタレントの小原ブラス、社会学者の古市憲寿から本作への絶賛のコメントが寄せられている。

■著名人コメント全文

人間は愚かな生き物で、戦争を繰り返し、不祥事を隠蔽する。ところが、そんな危機の時にこそ、普通の人間がヒーローになることもある。どうしようもない状況の中で、その身を捧げた人々がいた。あらゆるプロパガンダから離れて、「人間」であることの意味をかみしめたい。
ーー三浦瑠麗(国際政治学者)

リアルは想像を超えるものだが、リアルを追求した結果がこれだ。観ている側まで、火傷をしたような痛みを感じ、胸が苦しくなった。
ーー小原ブラス(コラムニスト/タレント)

20世紀の悪夢を描いたはずの物語が、否応なしに「現在」の映画になってしまった。脆くも崩れる日常の描写が、柔らかく美しい。
ーー古市憲寿(社会学者)

作品情報 三浦瑠麗、小原ブラス、古市憲寿も絶賛 映画『チェルノブイリ1986』ウクライナ人プロデューサーからコメント映像公開 映画『チェルノブイリ1986』

若き消防士アレクセイは、元恋人オリガと10年ぶりに再会を果たし、彼女とともに新たな人生を歩みたいと願っていた。ところが地元のチェルノブイリ原発で爆発事故が起こり、それまでの穏やかな日常が一変。事故対策本部の会議に出席したアレクセイは、深刻な水蒸気爆発の危機が迫っていることを知らされる。もしも溶け出した核燃料が真下の貯水タンクに達すれば、ヨーロッパ全土が汚染されるほどの大量の放射性物質がまきちらされてしまう。愛する人のためタンクの排水弁を手動でこじ開ける決死隊に志願したアレクセイだったが行く手には、想像を絶する苦難が待ち受けていた。

製作・監督・主演:ダニーラ・コズロフスキー

出演:オクサナ・アキンシナ、フィリップ・アヴデエフ

配給:豊岡劇場

©≪Non-stop Production≫ LLC, (C)≪Central Partnership≫ LLC, (C)≪GPM KIT≫ LLC, 2020. All Rights Reserved.

2022年5月6日 全国公開

公式サイト chernobyl1986-movie.com