世界に降り注いだ泡<バブル>によって、重力が壊れた東京。廃墟となった街は、若者たちの遊び場となり、パルクールのチームバトルの戦場となっていた。そんな世界で少年ヒビキと少女ウタは出会い恋をする。二人の運命は世界を変える驚愕の真実へとつながる。

ベルリン国際映画祭正式出品作『バブル』の監督を務めるのは『進撃の巨人』の荒木哲郎。脚本は『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵玄、キャラクターデザイン原案は『DEATH NOTE』『バクマン。』の小畑健が担当し、『プロメア』の澤野弘之が音楽面から作品を盛り上げる。そしてアニメファンから絶大な信頼をおかれるWIT STUDIOが制作を担う。プロデューサーの川村元気は、「荒木監督に関わってきた全てのスタークリエイターたちが集結した“フェス”みたいにしたかった」とこの作品の魅力を語る。本作はNetflixにて全世界で先行して配信され、その後に劇場公開という新しい発信方法となっている。

予告編制作会社バカ・ザ・バッカ代表の池ノ辺直子が映画大好きな業界の人たちと語り合う『映画は愛よ!』で、荒木哲郎監督に、本作の制作秘話や想いをうかがいました。

世界に誇る豪華クリエイターが集結した前代未聞の超絶アクション恋愛映画 荒木哲郎監督が『バブル』で開けた新しい引き出し

制作過程で得た新たなメソッド

池ノ辺 映画、素晴らしかったです。豪華なクリエイターの方々が集まった今回の作品ですが、構想にどれくらいかかったんですか?

荒木 結果的に5年かかりました。2017年の『進撃の巨人』のシーズン2をやっている頃に、「より広い層のお客さんに自分たちの作品を届けたい、一緒に映画を作ってくれませんか?」とプロデューサーの川村元気さんに持ちかけたのが始まりです。そこから企画のラリーを半年ぐらい続け、最終的にこれでいこう!となったのが、“近未来廃墟に佇む人魚姫”というモチーフから生まれた企画です。

川村さんに持っていく前から、脚本の虚淵玄さんとは一緒にやりたいと決めていました。それで虚淵さんにその企画を持っていくと、シャボン玉の地球外生命体の謎の少女がパルクールをやっている少年と恋をするという構造、つまりSFにするというアイデアをいただいたのです。そこから、自分とプロデューサー、ライターチームでシナリオに広げていく作業が一番難しくて、そこで一番時間がかかりました。2019年までその作業で、さらにスタジオの多くの人が関わるようになったのはここ1、2年のことです。

池ノ辺 プロデューサーの川村さんは、監督が話を持ちかけたときに、すぐにやろう!って言われたんですか?

荒木 そうですね。どういう思いで引き受けてくれたのかはわからないのですが。ただ、自分から見れば、雲の上の人なので、“一緒に仕事をしてくれるなんて嬉しい!”という気持ちでした。

世界に誇る豪華クリエイターが集結した前代未聞の超絶アクション恋愛映画 荒木哲郎監督が『バブル』で開けた新しい引き出し

池ノ辺 では幸せな作業時間だったんですね。

荒木 実際、川村さんと企画のラリーをやってる半年間は、本当に勉強になりました。その後の仕事でも、あの時の川村さんとのやりとりから得たコツというかメソッドがとても役に立ちましたから。

池ノ辺 川村さんが映画制作のなかで得た経験によるアドバイスということですね。具体的にはどういう? 

荒木 そのときにやってみたのは、作品をポスターから考えてみたらどうなるか?という手法です。つまり「これから作る映画の宣伝ポスターには何が描いてありますか?」というところから考え始めるわけです。そして、オリジナルアニメを作る上では、その組み合わせが未だかつてないものであることが大事なんです。

例えば、ロボットがいて、周りの景色に地球の山や森があれば『マジンガーZ』、それが宇宙でスペースコロニーだったら『機動戦士ガンダム』になる。森の中の女の子のとなりに大きな化け物がいたら『となりのトトロ』だし、それが温泉街でお面のお化けなら『千と千尋の神隠し』になるわけです。確かにその組み合わせが重要で、それがその作品のキャパシティを決めるのだと思いました。

そして、『バブル』では、青空とシャボン玉、女の子と、水没した廃墟の街という組み合わせだったのです。川村さんとのやりとりには、こういう類のどんな作品にも通用するようなちょっとしたコツが満載でしたから、実に有益な時間でした。

池ノ辺 特にポスターなどの宣伝については、川村さんはプロデューサーの立場からのご意見がいろいろありそうですよね。

荒木 そうですね。ただ、プロモーションにしても画作りにしても、どういうものを作るかというシナリオ成立までの最初の段階、一番長い時間をかけて話し合ったものが土台にあって、常にそこを確認しながら進めていくという感じでした。それだけ最初が最も重要だということですね。

世界に誇る豪華クリエイターが集結した前代未聞の超絶アクション恋愛映画 荒木哲郎監督が『バブル』で開けた新しい引き出し

池ノ辺 今回、Netflixで配信された後に劇場でかかるという、かつてない試みですが、どうしてこういう公開の形になったんですか?

荒木 そこに関しては、自分が目論んだということは特にありません。川村さんも言っていますが「終始、映画を作っているだけ」なんです。たまたま今回は最初に家庭でも観られるという形で世界に配信されているけど、アニメーション映画を作っていることに変わりはないんです。入り口の順番が違うだけだと自分も思っています。

池ノ辺 これは画期的だと私はすごく驚きました。新しい映画の作り方、新しい鑑賞方法がスタートしたんだと思いましたから。

荒木 最初に小さい画面で観たとしても、これは大きい画面で観たらもっといい、と思うんじゃないかな。そこからぜひ映画館へ行ってほしいですね。

池ノ辺 大きいスクリーンで、さまざまな画角とその奥行き感やスピード感あふれる映像を体感してほしいですもんね。

荒木 ご家庭で観るのであれば、モニターにできるだけ近づいて、視界をできるだけ埋めるようにして観ることをおすすめします(笑)。

世界に誇る豪華クリエイターが集結した前代未聞の超絶アクション恋愛映画 荒木哲郎監督が『バブル』で開けた新しい引き出し

新必殺技を編み出せた制作現場

池ノ辺 制作するなかで、ここはたいへんだった、苦労したなとか、あるいは楽しかったこと、嬉しかったことなどをお聞かせください。

荒木 大変だったのは、今までより高度なアクションシーンですね。これまで『進撃の巨人』などでは、3Dと2Dのハイブリッドというか、3Dで動いている背景の上を手描きのキャラクターが動くという形式のアクションシーンを結構やってきました。それは自分たちが必殺技として編み出した技法なんです。今回は、それをさらに発展させてより高度なところに挑戦したわけです。それがパルクールのアクションでした。

『進撃の巨人』の立体機動装置の場合、背景は流れていればいいものだったのですが、パルクールの場合はその背景の突起をつかんで乗り越えなきゃいけない。よりタイトに精密に組んでいく必要があったのです。それはこの業界でもできるチームは他にいないだろうし、大変すぎてやろうとする人もいないだろう、そういう中で、立体機動でできちゃったものだから「お気の毒だけど頼むよ」と、いつもの皆さんにお願いしまして(笑)。

世界に誇る豪華クリエイターが集結した前代未聞の超絶アクション恋愛映画 荒木哲郎監督が『バブル』で開けた新しい引き出し

とはいっても、今回は、“こんなに前向きな人たちしかいない現場って初めてだな”と思うくらい、本当に士気の高い現場だったんです。こちらがやろうとすることに対して、嫌がることなく積極的に参加してくれて、しかもより良くなるように自ら考えてくれるし、そうしたことをしっかり相談しあえるコミュニケーションの場もちゃんとありました。

それは、WIT STUDIOの制作スタッフの皆さんがすごいのと、さらにプロデューサーの山中一樹くんをはじめとする制作チームの方たちが素晴らしかったのだと思います。というのも、いくら自分が「こうしてくれ」と言っても、プロデューサーやデスクなどの間に立つ人がそれを確実に理解し、そこに対して前向きでいなければ、スタッフの皆さんにそれがきちんと伝わり前向きな作業につながるということにならないからです。

この業界屈指の士気の高い“前のめり”集団であるWIT STUDIOに絵コンテを渡して映像に仕上げてもらえるというだけでも本当に幸せでした。ですから、物理的にはたいへんだったんですけど、嫌だったとか辛かったということは、ひとつもなかったです。

池ノ辺 それって素晴らしいことですね。

荒木 今までの仕事では、出来が素晴らしければ素晴らしいほど、人から笑顔がなくなっていくというか、いいものを作ること、クオリティを追求することが、人の心を疲れさせ、悲しませるような方法でしか実現できなかったんです。

自分では腰は低いと思っているんですが、なぜか周りの人間を怒らせイライラさせてしまう。もう、こういう形でしかものを作れないのだろうか、一生このままなのかと思っていたのが、初めてそうじゃない現場で、みんなが笑顔で素晴らしい仕事をしてくれる。“そんなことあるんだ!”と嬉しい驚きでした。

自分だからこそできた恋愛映画

池ノ辺 監督は、もともとアニメの監督を目指していたのですか。

荒木 学生時代には色々試してみたんです。自分にできることは何だろうかと思って。演劇もやったし漫画も描いてみました。その中で映像が自分に一番向いていると思ったのは、実際にやってみたときに、周りの人が一番喜んでくれたからです。皆そうだと思うんですが、やってみて周りの反応が良かったものを、これは自分に向いているのかなと思って、じゃあもうちょっとやってみようかとなる。そうやって辿り着いたのが自分ではアニメの演出だったんです。

結果的にそうなったとは言え、考えてみると自分は、例えば『機動戦士ガンダム』シリーズの富野由悠季さんや『エヴァンゲリオン』の庵野秀明さんらに強烈に憧れて、よく知ろうと研究したりしていたんです。ですから、やはりそっちへ行きたい思いはもともとあったのだろうと思います。

池ノ辺 この映画を拝見して、監督は本当はずっとラブストーリーを作りたかったんじゃないかって思ったんですけど、いかがですか?

荒木 そうかもしれません。ですが、5〜6年前まで、新しい仕事の相談をされるときに、いつも“デス”とか“ブラッド”とか、死を連想するような言葉がついているタイトルの仕事ばっかりだったんですよ。ただ、自分の中にはもっと別の引き出しが存在することを知っていて、他にもいろいろできるのになぁと思っていました。でも、自分にラブストーリーを依頼してくる人なんていないからと諦めていたんです。

ところが川村さんは、「『進撃の巨人』のイメージとは、まったく違うことをやってほしい」と言ってくれたんです。むしろ、虚淵さんや荒木から出そうにない企画である、ということが川村さんにとっては大事だったようです。そこから、ラブストーリーをお願いしますと言われて、今まで見せたことのない引き出しをようやく開けられる、と思って嬉しかったのです。

世界に誇る豪華クリエイターが集結した前代未聞の超絶アクション恋愛映画 荒木哲郎監督が『バブル』で開けた新しい引き出し

池ノ辺 やっと死のイメージから脱却できたわけですね。

荒木 違う引き出しとはいっても、いままでWIT STUDIOと培ってきたものは、さっき言った3Dと2Dのハイブリッドの技法のような、要するにアクションエンターテインメント向きな技術なんです。この、自分たちが今できる技術、自分たちのストロングポイントをラブストーリーで活かすには、やはりアクションシーンが必要でした。

そこで、本来ラブストーリーに必要ないはずのパルクールを組み込んだのです。その結果、この作品ではラブの場面で、超絶アクションが炸裂している。地面が割れてビルが倒れる中でのラブシーン。ユニークなバランスの、他にない恋愛映画が生まれて、自分でも驚きました。そういう化学反応を、川村さんは求めていたんじゃないかと思います。

池ノ辺 それは、狙っていたかもしれませんね。

荒木 バスがビルの屋上に乗っている浮島という場所で、主人公であるウタとヒビキ2人の心が通じ合って踊りだすんです。パルクールの延長のようなダンスです。その場面を描いたとき、自分の中で何かが開いたような感覚があったんです。アクションの技術を使って、ラブシーンをつくるなんて、自分も見たことがなかった。でもそれは、アクションスキルのある自分だからこそできたラブシーンでした。それが自分の手から生まれた瞬間に、この作品で自分がやるべきことはこれだったんだ、今回の仕事はこのためにあったんだと実感したんです。

世界に誇る豪華クリエイターが集結した前代未聞の超絶アクション恋愛映画 荒木哲郎監督が『バブル』で開けた新しい引き出し

池ノ辺 まさに監督の持っている引き出しのひとつが開かれて、バーンと弾けたわけですね。

荒木 その場面の絵コンテを描いたとき、あまりに大きな手応えがあったので、映画はまだ半分以上あるけれど、この後、これ以上の場面を描くなんて不可能じゃなかろうかと自分で思ったぐらいだったんです。でも実際は、それを超える場面をもっと描けたんですけど(笑)。

池ノ辺 素晴らしい制作になりましたね。これからさらに監督の引き出しが開いていきますね。

荒木 そうなるといいなと思います。

池ノ辺 楽しみにしています。

インタビュー / 池ノ辺直子
文 / 小倉靖史
構成 / 佐々木尚絵
写真 / 江藤海彦

プロフィール荒木 哲郎(あらき てつろう)

アニメーション監督 / 演出家

1976年生まれ。埼玉県出身。大学卒業後、マッドハウスに入社。TVアニメ『ギャラクシーエンジェル』(第4期・/04)の演出で注目を集め、『DEATH NOTE』(06〜07)でシリーズ監督デビュー。主な監督作品に『ギルティクラウン』(11)、『進撃の巨人』(13)、『甲鉄城のカバネリ』(16)など。

作品情報 世界に誇る豪華クリエイターが集結した前代未聞の超絶アクション恋愛映画 荒木哲郎監督が『バブル』で開けた新しい引き出し 映画『バブル』

舞台は世界に降り注いだ泡〈バブル〉で、重力が壊れた東京。ライフラインが閉ざされた東京は家族を失った一部の若者たちの遊び場となり、ビルからビルに駆け回るパルクールのチームバトルの戦場となっていた。ある日、危険なプレイスタイルで注目を集めていたエースのヒビキは無軌道なプレイで重力が歪む海へ落下してしまった。そこに突如現れた、不思議な力を持つ少女ウタがヒビキの命を救った。そして、2人にだけ特別な音が聞こえた‥‥。なぜ、ウタはヒビキの前に現れたのか。二人の出会いは、世界を変える真実へとつながる。

監督:荒木哲郎

脚本:虚淵玄[ニトロプラス]
キャラクターデザイン原案:小畑健
音楽:澤野弘之
制作スタジオ:WIT STUDIO

声優:志尊淳、りりあ。、宮野真守、梶裕貴、畠中祐

配給:ワーナー・ブラザース映画

©2022「バブル」製作委員会

NETFLIX版:全世界配信中
劇場版:2022年5月13日(金) 全国公開

公式サイト bubble-movie.jp