2013年度賞レースを席巻した、史上最悪の凶悪事件とその真相を描いた問題作『凶悪』で注目を集め、『彼女がその名を知らない鳥たち』や『孤狼の血』でも数々の映画賞を獲得した白石和彌監督が、注目の作家・櫛木理宇の最高傑作を映画化した『死刑にいたる病』。

24人もの若者を殺した連続殺人鬼・榛村(阿部サダヲ)から届いた冤罪証明の依頼をきっかけに、大学生・雅也(岡田健史)が事件を独自に調べ始めるが、次第に榛村と事件に翻弄されていく姿を描いた本作。

この度、謎の男・金山と雅也の母・衿子の人物像に迫る2種類の特別映像が公開された。

それぞれの映像では、事件を調べる雅也の前に現れた謎の男・金山、事件とは何も接点がないと思われた雅也・母の2人の“謎”が浮かび上がる。金山編の映像には、怪しい言動、様々な証言があわさる中、最後の事件の被害者・根津の殺害現場となった森を訪れた雅也、そしてその前に突如姿を現す金山が映っている。もう一方の雅也の母・衿子編は、彼女が内気な性格であることが伺え、「あなた決めてよ、お母さん決められないから‥‥」の口癖が印象的。映像の最後には、雅也が、ある人物と衿子が一緒に写っている写真を見つける様子が収められている。

映画『死刑にいたる病』岩田剛典演じる謎の男に迫る特別映像が公開 映画『死刑にいたる病』岩田剛典演じる謎の男に迫る特別映像が公開 映画『死刑にいたる病』岩田剛典演じる謎の男に迫る特別映像が公開

驚愕のサイコサスペンス映画『死刑にいたる病』は、5月6日(金)より全国公開。

作品情報 映画『死刑にいたる病』岩田剛典演じる謎の男に迫る特別映像が公開 映画『死刑にいたる病』

理想とは程遠いランクの大学に通い、鬱屈した日々を送る雅也の元にある日届いた1通の手紙。それは世間を震撼させた稀代の連続殺人事件の犯人・榛村からのものだった。24件の殺人容疑で逮捕され、そのうちの9件の事件で立件・起訴、死刑判決を受けた榛村は、犯行を行っていた当時、雅也の地元でパン屋を営んでおり、中学生だった雅也もよくそこに通っていた。「罪は認めるが、最後の事件は冤罪だ。犯人は他にいることを証明してほしい」。榛村の願いを聞き入れ、雅也は事件を独自に調べ始める。そこには想像を超える残酷な事件の真相があった。

監督:白石和彌

出演:阿部サダヲ、岡田健史、岩田剛典、宮﨑優、鈴木卓爾、佐藤玲、赤ペン瀧川、大下ヒロト、吉澤健、音尾琢真、岩井志麻子、コージ・トクダ、中山美穂

原作:櫛木理宇「死刑にいたる病」(ハヤカワ文庫刊)

配給:クロックワークス

©2022映画「死刑にいたる病」製作委員会

2022年5月6日(金) 全国公開

公式サイト siy-movie.com