歴史小説界の巨星・司馬遼太郎が、幕末の風雲児と呼ばれた、越後長岡藩家老・河井継之助を描いた国民的ベストセラー『峠』が初の映像化。映画『峠 最後のサムライ』として6月17日(金)より全国公開される。このたび、撮影メイキング映像を独占入手した。

メイキング映像で映し出されるのは、監督の演出を受ける主演の“最後のサムライ”河井継之助を演じた、役所広司。ベテランスタッフに囲まれながら、本格時代劇を作り上げている様子が流れる。

巨匠・黒澤イズムを継承 日本映画が誇る技術の粋を注いだ本格歴史時代劇、映画『峠 最後のサムライ』メイキング独占映像を公開

本作のあらすじはこうだ。一介の藩士でありながら、諸国への遊学を経て培った先見性とグローバルな視野をもとに、領民のための斬新な藩政改革を次々に実行していた継之助。

しかし、時流は倒幕へと傾き、侍としての使命と庶民を先導するリーダーとしての狭間で葛藤しながらも、 継之助はやがて強大な武力を誇る明治新政府軍に立ち向かっていく。

「最後のサムライ」として本当の正義を貫こうとするその姿は、奇しくも幕末と同じ動乱の現代を生きる私たちに深く突き刺さる。

共演には、継之助の妻を演じた松たか子をはじめ、香川京子、田中泯、永山絢斗、 芳根京子、坂東龍汰、榎木孝明、渡辺大、東出昌大、佐々木蔵之介、井川比佐志、山本學、吉岡秀隆、仲代達矢ら、と日本映画界を代表する豪華俳優陣が一挙集結した。

キャストだけじゃない豪華レジェンド級制作スタッフ

豪華俳優陣の共演も話題だが、制作スタッフにも世界の巨匠・黒澤明監督ゆかりの面々が集まった。

長きに渡り日本映画界を牽引し、未だ最前線で活躍するレジェンドたちによって、美しく迫力に満ちた映像で観る者を圧倒する近年稀に見る本格歴史時代劇となっている。

巨匠・黒澤イズムを継承 日本映画が誇る技術の粋を注いだ本格歴史時代劇、映画『峠 最後のサムライ』メイキング独占映像を公開

監督・脚本は、黒澤明監督の助監督として数々の名作に携わり、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した初監督作品『雨あがる』以来、人間の美しい在り方を描いてきた名匠・小泉堯史監督がメガホンをとった。

撮影は黒澤明監督『乱』(85)で、米国アカデミー賞、英国アカデミー賞にて撮影賞にノミネートを果たすなど、国際的な評価も高く、『影武者』(80)以降のすべての黒澤明監督作品で撮影を担当した上田正治氏と黒澤明監督『夢』(90)、『八月の狂詩曲』(91)、『まあだだよ』(93)に携わった北澤弘之が務める。

デジタルでの撮影が主流の昨今だが、映画制作現場ではほぼ使われることのなくなった35mmフィルムで撮影を敢行。常時2~3台のカメラを回すことで7分以上に及ぶ長回し撮影も行い、ただならぬ緊張感の中で俳優陣は丁寧に言葉を紡いでいった。

巨匠・黒澤イズムを継承 日本映画が誇る技術の粋を注いだ本格歴史時代劇、映画『峠 最後のサムライ』メイキング独占映像を公開

戊辰戦争のなかでも最も激しかったといわれる北越戦争。ベテランカメラマンがおさめた、この大規模な戦闘シーンは、大きなスクリーンで体感すべき臨場感あふれる圧巻の映像となっている。

美術は『どですかでん』(70)をはじめ、黒澤明、成瀬巳喜男、市川崑らの作品に参加し、2002年、2014年には日本アカデミー賞優秀美術賞を2度受賞した酒井賢氏。
本作では、長岡藩の調練場をオープンセットで制作。信濃川沿いの河川敷に約1ヵ月半をかけて、当時の資料をもとに再現した。この広大なセットは、役所広司最初の撮影場所となった。

殺陣は『用心棒』(61)、『椿三十郎』(62)をはじめ黒澤明、稲垣浩、岡本喜八など数多の名監督の作品にて殺陣指導を担った「七曜会」の中心人物・久世竜の後を継ぎ、『乱』、『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』、『武士の一分』(02、04、 06/山田洋次監督)、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(20)などに携わる久世浩氏。小泉堯史監督作品は3作目の参加となる。

編集には、編集助手として『乱』『夢』に参加し、小泉堯史監督の全作品の編集を手がけ、『雨あがる』(00)、『阿弥陀堂だより』(02)、『蜩ノ記』(14)では、それぞれ日本アカデミー賞優秀編集賞を受賞した阿賀英登氏。

衣装デザインは、『八月の狂詩曲』、『まあだだよ』の他、『武士の一分』、『アウトレイジ』(10/北野武監督)、『そして父に なる』(13/是枝裕和監督)、NHK 大河ドラマ「西郷どん」(18)、「麒麟がくる」、「青天を衝け」(21)などを手がけ、黒澤監督の長女でもある黒澤和子氏。小泉堯史監督作品へは、本作が5作目の参加となる。

巨匠・黒澤イズムを継承 日本映画が誇る技術の粋を注いだ本格歴史時代劇、映画『峠 最後のサムライ』メイキング独占映像を公開

さらに黒澤組ではないが、音楽はNHK スペシャル「映像の世紀」のテーマ曲「パリは燃えているか」で知られ、小泉監督 の『阿弥陀堂だより』『蜩ノ記』、『最後の忠臣蔵』(10/杉田成道監督)、『散り椿』(18/木村大作監督)で日本アカデミー賞優秀音楽賞を4度受賞した加古隆氏。

録音は『関ヶ原』(17/原田眞人監督)で日本アカデミー賞最優秀録音賞を受賞。『告白』(10/中島哲也監督)では優秀録 音賞を受賞するなど、日本を代表する録音技師のひとりである矢野正人氏。

巨匠・黒澤イズムを継承 日本映画が誇る技術の粋を注いだ本格歴史時代劇、映画『峠 最後のサムライ』メイキング独占映像を公開

最高峰の制作スタッフ陣について小泉堯史監督は「ずっと黒澤組で一緒にやってきてお互いを知り合っているのは強 みだ」と語り、「この作品をひとつの集大成にして、黒澤さんにいい報告ができたらと思っています」と本作に並々ならぬ覚悟で臨んだ。

本作は、日本人の生き方、リーダーとしてのあるべき姿を問いかける歴史大作。“真の時代劇”として、黒澤組の神髄を継承したレジェンドスタッフたちの演出術がふんだんに詰め込まれている。

映画『峠 最後のサムライ』は2022年6月17日(金) 全国公開。

作品情報 巨匠・黒澤イズムを継承 日本映画が誇る技術の粋を注いだ本格歴史時代劇、映画『峠 最後のサムライ』メイキング独占映像を公開 映画『峠 最後のサムライ』

慶応3年(1867年)、大政奉還。260年余りに及んだ徳川幕府は終焉を迎え、諸藩は東軍と西軍に二分していく。慶応4年、鳥羽・伏見の戦いを皮切りに戊辰戦争が勃発した。越後の小藩、長岡藩の家老・河井継之助は、東軍・西軍いずれにも属さない、武装中立を目指す。戦うことが当たり前となっていた武士の時代、民の暮らしを守るために、戦争を避けようとしたのだ。 だが、和平を願って臨んだ談判は決裂。継之助は徳川譜代の大名として義を貫き、西軍と砲火を交えるという決断を下す。 妻を愛し、国を想い、戦の無い世を願った継之助の、最後の戦いが始まった。

監督・脚本:小泉堯史

原作:司馬遼太郎「峠」(新潮文庫刊)

出演:役所広司、松たか子、香川京子、田中泯 永山絢斗、芳根京子、坂東龍汰、榎木孝明、渡辺大、AKIRA、東出昌大、佐々木蔵之介、井川比佐志、山本學、吉岡秀隆、仲代達矢

配給:松竹、アスミック・エース

©2020「峠 最後のサムライ」製作委員会

2022年6月17日(金) 全国公開

公式サイト touge-movie.com